カメラ片手に彼女のお母さんに中出し

この体験談は約 6 分で読めます。

同棲してる彼女の家に、いきなり彼女の母が遊びに来た。
事前に電話とかもなく、僕たちは裸だった。
僕は寝室の布団に潜り込み、彼女は慌てて服を着て玄関へ迎えに行きました。
2人はしばらくリビングで話し込んでるようなので、その隙きに・・・と思ってパンツを穿いていると、ドアが閉まる音がしました。

(出て行ったのかな・・・?)

ほっとして昨夜の後始末をしていると、いきなり襖を開けられ、お母さんと目が合ってしまいました。
互いに面識はあるので騒がれたりはしなかったのですが、僕は下着一枚で、しかも彼女が脱ぎ散らかした下着を手にしているのです。

「まぁ・・・久我さん。ちょっと・・・」

お母さんはベッドに腰掛けると説教を始めました。
僕はパンツ一丁で正座というなさけない姿です。
説教は彼女が帰って来るまで続きました。

ふと、顔を目線を上げると・・・、お母さんの丈の短いスカートの奥が覗けます。
ストッキングに黒い下着・・・、なんだか年甲斐もなくエロティックな感じ。
以前会った時よりも、ずいぶんお洒落な格好だった。
僕は同棲しているという事だけは隠し続け、とにかく謝り倒しました。
彼女が帰ってくると、「もういいわ。お願いだから避妊だけは注意してね。お父さんには秘密にするから」と言い、ゴミ箱の中身を一瞥すると僕に服を着るように促し、一緒にリビングへ行きました。

週末だったこともあって、お母さんは彼女を実家に迎えに来たようでした。
そのまま僕はうちを出てクルマでブラブラして、夜に帰宅すると明かりがついてます。

(あれ?一緒に実家に行かなかったのかな?)

鍵を開けて「ただいま」と声をかけると、お母さんと見知らぬ男が一緒にソファに隣り合っていました。
彼女のお父さんではありません。

男は「誰だ?」と一瞬凄んできましたが、僕は無視して、「お母さん、どなたですか?」と聞きました。

しかしお母さんは絶句して何も答えません。

男がこっちへ近寄ってきました。
逆に簡単に組み伏せて、「人を呼びますよ?」と脅すと、男はすぐに退散した。
玄関に鍵を掛け、お母さんと二人きりになった。

「お願い・・・このことは誰にも・・・」

お母さんが口を開いて出てきた言葉がそれでした。
男は誰かと聞くと口をつぐみましたが、お母さんの格好を見れば一目瞭然。
上着を脱ぎ捨て、胸元が大きく開いています。
どうしようか迷ったけど、お母さんの隣に座った。

「千鶴(彼女)は知ってるんですか?」

彼女は力なく首を振る。
しかしこうやって見ると、ふくよかな千鶴に比べ、お母さんはスレンダーでその割には娘顔負けのグラマラスなおっぱいだ。
弱々しく項垂れているお母さんが可愛く見えてきたので、そっと手を握った。

「絶対に言いません。その代わり・・・」

頬や首筋に軽くキスをすると、ビクンと身体を震わせた。
唇を合わせようとすると、顔を背けた。
けど強い抵抗はしなかった。
僕はさっき男が揉んだであろう豊かな胸の谷間に手を差し込んだ。

「イヤ・・・それだけは、許して」

僕の手を掴むと抵抗した。
それでも諦めずに・・・。

「お母さん、お願いします・・・」

「ダメ、お願いだから・・・堪忍して」

暴れる彼女をなだめようとしてると何かを踏んだ。
黒い丸まった布切れ・・・。
拾い上げてその正体を確信するとパンティだった。
僕は確かめようとスカートの中で手を滑り込ませた。
案の定、シャリっとした茂みの感触が指に触れた。

「イヤーーー!!やめて、いやだいやだ・・・」

彼女が思いがけず大きな声をあげた。
こんなことしたくなかったが、僕はお母さんの口を塞ぎ、暴れている彼女のスカートをたくし上げると、ガードルと黒々とした陰毛が露わになった。
疲れてきたのか徐々に暴れる力も弱まり大人しくなった。
僕は身体ごと股を割って入り、指で柔らかい肉唇を広げた。
中指で膣口に触れてみたが、ペトペトした感じであまり濡れていない。

「イヤよ、そんなこと・・・ダメ。触っちゃダメ」

いつまでも嫌がるのでレイプしてるような気になった。
けど、もう抵抗は弱々しい。
僕はお母さんを押し倒し、M字開脚すると、はみ出た薄い紫色のビラビラを舌で掻き分け、ヌルリと中へ侵入した。
ピンク色をした膣口を丸めた舌で押し分け鼻でクリトリスを押し潰します。

「あああぁ・・・イヤ~お願い、もうこれ以上はやめて。あっあっ・・・」

逃げようとするが、ガッチリを腰を抱え込み執拗にしゃぶりつきました。
アナルが効くらしく、ピリっとした味がしましたが、舌で念入りに皺を舐めました。

「はぁぁ・・・久我さん、許して。そんなところ・・・汚いから」

お母さんは明らかに感じ始めて様子が変わってきた。

「ほら、ウンチの味ですよ。もっと綺麗にしなきゃ・・・」

そう言いながら唇に舌を侵入させた。
彼女は侵入を拒んでいたが、強引に口内を弄り唾液を交換しあった。
もうなすがままになってきた。
僕はその間にズボンとパンツを脱ぎ、臨戦体勢へ・・・。
今から自分が犯されることに気づいたのだろう。
彼女は僕の胸を押し逃げようとした。
僕はそれを意にも介せず、両足首を掴むと大きく広げ、熟して濡れきったおまんこに亀頭を食い込ませた。

「ああ・・・お願い、許して・・・ごめんなさい」

泣きながら懇願したが、ついに諦めたようだ。

クチュ・・・。

2度3度、膣口と亀頭がキスすると、ヌプヌプと熱い泥のように柔らかい膣肉の中へ入っていった。
根元まで挿入すると泣いて顔を伏せてるお母さんとキスをしました。

「お母さん、好きです。ずっとこうなりたかった・・・」

嘘ではない。
実現するとは思わなかったけど。

「千鶴よりも、ずっと気持ちいい・・・いいオマンコだ」

激しく腰を振ると液体の泡立つ音と腰がぶつかる音が混じり合う。
彼女はただ声を殺して泣いていたので、僕は動きを緩め優しく手をほどいた。

「絶対に言いませんから・・・お母さんは僕がそんなに嫌いですか?」

「・・・こんなおばさんとして何が楽しいの?」

少し怒りがこもった声で彼女は非難しました。

「そんなことないですよ、お母さんとても綺麗だし・・・だからほら、僕もこんなに起ってる」

僕は一旦抜くと、愛液にまみれたペニスを彼女の眼前に持っていった。
彼女は目を背けたが、やはり気になるようだ。

「僕ぐらいの人とセックスしたの初めてですか?」

彼女は無言で頷く。
僕は彼女の背後に回ると、お尻の方から手の伸ばしオマンコを広げた。
もう彼女は抵抗をしない・・・。
ベッドの下にあった鏡を使ってオマンコを映した。

「見えますか?ほら・・・こんなに綺麗で・・・濡れてる」

彼女は見ようとしなかったが興奮しているようだ。
肩で息をしている。

「あんな親父には勿体無い・・・お母さんが欲しい」

そう言いながらクリトリスを皮を摘むように被せたり剥いたりする。

「こんなおばさんをからかって・・・恥ずかしい・・・もう知らないから・・・好きにして」

そう言って顔をまた背けた。
僕は肩を掴むと再びズブズブと熱い膣沼へ挿入した。
ちょっと浅い挿入だけど、今までよりも激しくよがりだした。

「あぁぁ・・・イヤ、気持ちいい」

腰をグリグリと押し付けてくる。
もうそんなに持ちそうにない。
僕が少し休んでいると・・・。

「・・・ゴムある?あたし、持ってるけど・・・付けてもいい?」

「まだ大丈夫・・・危ない時は外に出すから」

そう言いながら奥深く突き上げた。

「あ・・・中はダメだから・・・んん・・・すごい」

千鶴の時は絶対に付けているので、生でハメるのはすごく久しぶりで止められそうになかった。

「あぁ~お母さん・・・すごくいい。千鶴よりも全然・・・」

僕はお母さんの胎内で熟した柔肉に溺れていた。

「悪い人ね、千鶴には言えないわ。あぁぁ・・・久我さん、もっと来て」

ハメ撮りしてこの映像を残したくなったけど、今は無理だ。
彼女がビクビクと身体を震わせると僕はがむしゃらにピストンした。

「ああぁぁ・・・イク・・・もうダメ・・・中はダメ。あぁ・・・ダメお願い、今日は危ないから・・・いやぁ・・・」

ほとんど同時に果てた。
僕は最初から中出しするつもりだったけど、彼女が大きく動いたのでビュッと子宮めがけて射精した。

「ダメだって言ったのに・・・」

僕はお母さんの足を持ち上げてティッシュで拭こうとした。
濡れた陰毛が辺りにへばりついていたが、拭いているうちにドロっと中から白い樹液が出てきた。
お母さんも回復したらしく、上半身を起こすと・・・。

「シャワーで洗った方がいいかな?・・・久我さん、どう思う・・・」

僕にそう尋ねてきた。

「お母さんぐらいの年齢の人は滅多に妊娠しませんから大丈夫ですよ」

僕はデジカメを構えると一枚撮った。

「キャ・・・やめて」

「千鶴もほら・・・」

千鶴との性交をお母さんに見せつけた。

「え?こんなことしてるの?あなたたち・・・」

初めて目にする他人のセックスに驚いているようだ。
僕はお母さんのスカートの裾を捲ると茂みの三角地帯を連射した。

「ダメ。こんなの見られたら・・・」

「大丈夫ですよ。千鶴は使い方わかりませんし・・・お母さんにしか見せませんから」

スカートのホックを外し、キャミソールを脱がせてストッキングをガーターだけにした。

「恥ずかしいわ・・・お腹だって、こんなに」

少し弛んで、ぽっこりとしたお腹がガーターからはみ出てる。

「綺麗ですよ、お母さん。もっと見せてください」

シャッターを切りながら彼女の脚を開かせ、局部写真やグラビアのようなエロいポーズを撮ったりした。
指をオマンコを開くと微かにさっきの精液が残っている。
指で少し掻き出し、それも写真に収めた。
彼女を征服した気分だった。

僕はカメラを持ちながら、またお母さんを犯した。
今度はバックから挿入し、アナルや接合部を撮り、顔を背けて感じる彼女の表情を何枚も撮った。
最後も中出しをした。
今度は彼女にオマンコを広げさせ、流れ出る精液の証拠を撮りった。

「二人だけの秘密にして・・・」

シャワーを浴びて身支度をしながら彼女は言う。

「今回だけにしましょう・・・千鶴が可哀相だわ」

「また・・・お会いしませんか?」

「お願い・・・今回だけ。これ以上はダメよ」

そう言って激しくキスをした。
だけど僕は、一週間も経たないうちに再びお母さんを犯した。