憧れてた男にレイプされて浮気相手とレズプレイまで

この体験談は約 3 分で読めます。

やっと憧れていた人と付き合えて、ずっと幸せな彼との時間が続くと思っていた。

その日、彼に誘われたので彼の部屋に行くと、他の女がいて、すでにグッタリして後ろから突き上げられていた。
ティッシュが散乱し、変な匂いがしていて、もう何回もしていることは確実だった。

盛りのついた犬みたいな格好で腰を振る彼。
大きな呻き声で生で射精する彼を見て何も言えなかったし、動けなかった。
彼はベトベトになった自分のモノを、その女に舐めさせてキレイにさせて、しばらくじっとしていた。

「私が来るってわかってるのにどうして?」

何度も何度も聞いた。
すると煩そうに隣に来て、「脱げよ!真っ裸になるんだよ!」と恐ろしい勢いで言った。
身を縮めていると乱暴にブラウスのボタンを引きちぎり、ブラを持ち上げ下着を剥ぎ取って、「やりたいんだろ?ぶち込んで欲しくて怒ってるんだろ!」と、まるでレイプみたいに乳を鷲掴みにし、ギュウギュウ揉んでギリギリと乳首を噛みました。
当然、痛みしか感じなかった。
濡れていないのに無理やり押し込まれて、私は彼から逃れようと必死でした。

「やりたかったんだろ?これが欲しくて怒ってるんだろ!」

すごい力で突き上げてきて、子宮の入り口にズンズン当たった。

「締めろよ。緩いんだよ。もっと締めろ!締らなきゃこっちだぞ」

お尻の穴に指を入れられた。
怖くて一生懸命締め付けて、なんとかお尻の穴だけは許してもらった。

女はソファーで私たちの交尾を見ながらオナニーしていた。
私は床で乱暴に犯され、彼の精液を体の中で受け止めた。
女に近づき、「ほら、早くイケよ」とその女のオナニーを手伝ってイカせた後で、「いい女だ。いい女だね」と抱き締めて、私から引き抜いたままのフニャフニャのモノをしゃぶらせた。

もう着替える服がないので帰ることも出来ないまま時間だけが過ぎた。
泣きじゃくる私に女が私に近づいて来た。

「彼の交尾じゃ痛かったでしょ?私みたいにイカせてもらえないメス豚だもんね」

そう言うと私を押し倒し、首筋から脇の下を舐め、乳は女だからこそわかる舌使いで舐め回し、時々痛みを加えながら私を感じさせた。
彼としたままで二人の汁がついたアソコもキレイに舐め、ビラビラを吸いあげ、クリトリスを舌で刺激して、私はあっという間にイッてしまった。
女だからどうすれば一番気持ちいいのかよくわかっていて、私は払い除けられなかった。
床の上で恥ずかしげもなく女の前で仰け反り、喘ぎ、悶えてピクピク痙攣した。

「あたし、◯◯の一番だから、彼のためなら何でも受け入れられる。◯◯が精液の処理に使った女でも私は受け入れられる。私達は愛し合ってるけど、彼はあんたと交尾しているとしか思ってないよ」

彼はこっちを見ることもなく、知らないフリしているだけだった。

「◯◯、ホントなの?」

何度か問いただした。

「リカ(仮名)の好きなところは痛みで歪むあの顔と声。喘ぎ声も呻き声もすすり泣く顔も好きだよ。ガバガバなのに頑張って締め付けようとするところもね。でも、リカ緩いよ。リカの膣は生で出したい時だけで、あとはお尻がいいな」

その女を抱きながらそう言われた。
やっぱりオモチャにされていただけみたい。
ピルを飲んでいる女の膣だけが必要だったみたい。

これで、やっと彼を諦められるかも・・・。