穴あき下着を穿いて電車に乗った

この体験談は約 4 分で読めます。

朝、学校に着ていくのに、ピンクの色ブラとお揃いのピンクの下着・・・といきたいとこですが、それはやめて、昨日の夜に作っておいた、いらない白の下着に切れ目を入れたのを穿いていくことにしました。

股布のところをちょうどアソコの部分に来るようにして摘んで引っ張ってハサミで切りました。
円ができて、鏡で見るとアソコは丸見えで凄いエッチです。

昨日、無駄毛を処理してきました。
でもまだツンツンしてる。

それで上はブラウス1枚で行くことにしました。
自分の気分を高めるために痴漢されようと思いました。

もちろんブラは透けます。
色ブラはめちゃめちゃ目立ちます。

下着に穴が開いてるから、朝ご飯を食べてる時からもうソワソワします。
それで出掛けようとしたら、お兄ちゃんと一緒に出る時間と重なって・・・。

「何か上に着ていけよ!」と、お兄ちゃんに注意されました・・・。

やっぱりブラが透けてるのはダメなんでしょうか。

「暑いからぁ~」と言ってすぐに私は出掛けました。

駅の階段も、超ミニスカート(膝上22cm)なので、下から見ると丸見えだったかも知れません。
紺ソを直す時も、前屈みになるだけで心臓が高鳴りました。
また、ホームを歩いている時もかなりドキドキしていました。

朝のラッシュ時で、降りる駅が後ろに階段があるので電車に乗る時、1番後ろの車両の所に並びました。
ここは結構並ぶ人が少ないんだけど、4~5人のおじさんが私の後ろに並んでました。
背広のおじさんと、1人の若いスーツでサラリーマンぽい人達です。
それで電車が来て乗ろうとしたら、思いっきり後ろから押しまくられました。
降りる人が少なかったのでめちゃ混雑してます。

その日は体育があったので、体育着を入れた袋を手に持って、バックを手に持って乗りました。
どさくさにまぎれて押されてる時にスカートを捲られました。
私は壁に向かってスカートは捲り上がったままで後ろから押されました。
そのままかなり辛い体勢で壁に潰されてました。

車してからすぐお尻に手が伸びて触ってきました。
私のすぐ後ろに並んでた大学生くらいに見える若いお兄さん(かなりイケメン)が痴漢みたいです。
お尻を撫でたり、下着を食い込ませたりしてきます。
かっこいいお兄さんだったので、されるがままにしておきました。

そして指はアソコに伸びてきました。
下着の穴から直に触られました。
その痴漢は下着を引っ張ったりして、異変に気付いたようでした。

(こんな下着じゃ痴漢して下さいって言ってるようなものだなぁ)と思って、私は恥ずかしくなりました。

そして、前に手が回ってきてブラウスのボタンを外されて、中に手を入れてきました。
ブラの上から胸を揉まれて、片手はアソコを弄られました。
周りの人は全然気付いてないみたいです。
それでブラの中に手を入れてきて、生で胸を触られました。
痴漢に生で触られたのは初めてでした。
乳首をクリクリやられて、声を我慢するのが辛かった。
乳首を触られると腰がビクッてなるんです。
指でクリトリスを探し当てられて、ブルブル振動してきます。
気持ちよくて立ってるのが辛いです。
今度は指を入れてきてクニクニやられました。

そしてやっと1つ目の駅に到着しました。
一旦指を抜かれましたが、誰も降りません。
また発車するとすぐにブラウスの中に手を入れてきて乳首を摘ままれたりしました。
そして太股に指を擦り付けてきました。
ベトッて濡れた感覚がして、よく考えてみたら私の愛液だぁと思って恥ずかしかったです。
指をゆっくり出し入れされました。

そしたら、今度は別の痴漢がきて前から触ってきました。
指でクリトリスの皮を剥いてきて指でクリクリしてきました。
入れている指を掻き混ぜてきました。
電車の音でクチュクチュ音は聞こえなかったけど。
クリを潰すように押されて、指を思いっきり奥まで出し入れされて・・・。
声を我慢してイカされました。

イッたのが分かったみたいで、クリを弾いてきました。
カラダが敏感だからビクッてなってしまいます。
指をまた太股に擦り付けてきて、私の液を付けられました。

今度は温かいのを太股に付けられました。
そのかっこいい痴漢は、オチンチンを出してきました。
さすがにこれはまずいと思って足を閉じていました。
そしたらお尻をかっ!て感じで開かれました。
一生懸命に私のアソコに生暖かいのをグリグリ擦り付けてきました。
角度的にも挿入りにいくかったです。

そしたら、急にビュッ!!って温かい液がアソコにかかりました。
足の方にも垂れてきました。
痴漢はすぐにイッちゃったみたいです。
もうベトベトで困りました。
オマンコからお漏らししたみたいにポタポタ垂れてるから、次の駅で強引に降りました。
紺ハイにまで精液が垂れていたのですぐにティッシュで拭きました。

そしたらさっきのかっこいい男の人が声かけてきて・・・。

「なんか凄く良かったよ。穴開きパンツなんて履いてるからビックリしちゃった。明日もあそこに乗るの?」と聞かれて、「はい」と言いました。

「明日も気持ちいい事していい?明日も同じ電車に乗っていれば、声掛けてあげるよ。明日もさせてね」と言ってきました。

恥ずかしかったけど、「はい」と言ってトイレに行きました。

駅のトイレは階段を下りたところで広いところです。

個室にはいって、下着はグッショグショに精液が付いていました。
すぐ脱いで臭いをかいでみると凄い臭かった。
それで丁寧にアソコを拭きました。
妊娠なんかしたらシャレになんないっ。

でも、実は処女だったのでオチンチン入れて欲しくてしょうがなかったです。
気持ちよいけど中途半端だったから、オナニーをしてしまいました。

さっきの事を思い出しながらやっていて、声を我慢しながらイッちゃうまでやっちゃって遅刻してしまいました。