筆下ろししてくれた年下の台湾人

この体験談は約 7 分で読めます。

2年前(当時20歳)、私が中国の江西省の大学に留学していた時のことです。
大学の寮に1年間在学してました。
そこは韓国人が40%、東南アジア系が10%、欧米系30%、日本人20%くらいの割合でいました。
留学は初めてだったので右往左往していました。

現地で1人のルナ(仮名)という台湾人と知り合いました。
ルナは18歳で、髪はセミロングで165cmくらい。
すらっとしてなかなか胸が大きい。
たぶんDカップくらい。
顔は・・・誰に似てるかはわかりませんが、日本人っぽい可愛らしい顔をしてました。
ルナは以前日本に何年か住んだことがあるので、日本語は流暢というか、もう日本人そのものでした。
ちょっと生意気でしたが・・・。

話をするうちに年が近いせいか気が合い、今度酒でも飲もうと約束し、その日は解散しました。

新学期が始まり、私は中国語がほとんど出来ないので、1番下から2番目位のクラスで勉強することになりました。
ここのクラスにあのルナがおり、私はやったね!と有頂天になって、その子の隣に座ってもいいかと聞いて一緒に授業を受けました。
これで毎日このおっぱいを拝めるのかと思うと幸せでたまりませんでした。
授業中、隣にいるルナのおっぱいが気になって気になって仕方なく、毎日授業が終わっては部屋のトイレでオナニーをしてました。

しかし、ルナは中国語ペラペラなのに何でここのクラスにいるんだろうと思っていました。
ルナ曰く、中国の漢字が読めないし、若干台湾の漢字と違うので最初から覚えたいとのこと。

一緒に授業を受けるうちにだんだんと仲良くなり、結構な頻度で食事に行ったりして、あっちも満更でもなさそうなので、もしかしたらルナとやれるんじゃ・・・と考えていました。
留学に来る前に付き合って4ヶ月の彼女と留学の事で喧嘩して別れたので尚更のこと・・・。
当時まだセックスをしたことがなかったので、早くセックスしたい!と日頃から思っていました。

ある日の夕方、授業が終わって部屋で寝ているとルナからメールで、『今日、同室の人(ポルトガル人)がいないから一緒に飲まない?』と誘われ、暇だったので、『OK、んじゃ7時頃に行くわ!』と返して7時までは時間があったので二度寝しました。
ですが、事もあろうに疲れていたのか私は二度寝で3時間も寝ており、起きたのが8時半位・・・。
さすがに怒ってるだろうなあ・・・とメールで謝ると、案の定怒っているようで、『1人でもう飲んでる。早く来い』と、しかも送ってすぐ返信が来たので、やばいやばいと思い、すぐに着替えてルナの部屋に。

部屋に着いて、土下座して何度も何度も謝ると何とか許してくれる。
それから10時くらいまで飲みつつ、互いの恋話や理想のタイプなど話、最後に私の喧嘩別れの話に発展。

「女心全然わかってない!彼女が可哀想!」など、ルナはひたすら私に説教。

説教よりかは下ネタ話してた方がやれるかも・・・と思い、そこからは何とか話題を下ネタトークに話を移す。
ルナの胸のデカさや、実は私が童貞のこと、前の彼女とはしたくても出来なかったこと。
酒が入ってるのでルナもつられて、こっちに来てからはしてないだの性感帯は乳首だの、オナニーはたまにしてると赤裸々に話す。
これはもう襲っても大丈夫かなと思ったが、運悪く同室の外国人が帰って来たので気まずくなり、また来るわと言ってその日は解散。

部屋に帰って悶々としているとルナから、『まだ起きてる?そっち行っていい?』とメール。
来た来た来た!と思い、OKの返信して急いで部屋を片付ける。
内心、これはやれるよな?と何度も自問してるうちにルナが来る。
部屋に残ってた中国の薄いビールを2人で飲む。
自分で下ネタトーク振っておいて私はチキンなので、それ以上何も出来ず・・・。
そのまま時間が過ぎて12時くらいに。

「もう眠いし、寝ない?」

私のベッドに潜り込むルナ。

「ああーそだね」と平静を装いながらルナの横に寝る。

私のベッドは1人用のベッドでそんなに大きくないので、どうしても互いの体が触れてしまう。
もちろん寝れるわけない。
口の中がカラッカラになってどうしよう・・・。
襲っちゃっていいんだろうか?とビクビクしてると、いきなり股間に手の感触。

「カッチカチじゃーん、長ーい」

「いやいや、だって真横に女の子いんだから普通なるよ」

「何で?そんなに興奮してんのー?襲わないのー?」

そう言ってからかってくる。
自分からは手は出したくないという何故か変なプライドに囚われ、彼女に手が出せない・・・orz

結局そのまま1分ほど黙ってるとルナがこちらに向き直り、「ねえ、触ってみる?女の子のおっぱい?」と誘ってきた。
ここでもチキンなので、「え・・・?いやー、うん・・・」などと曖昧な返事をしていると、急に手を掴まれ何かに押し当てられる。
手に柔らかい感触がするのがわかる。
そのまさかで、ルナが私の手を掴んでおっぱいに押し当てていた。
毎日のようにおかずにしていたルナの憧れのおっぱい。
それを触っていることに若干混乱しつつも驚いていた。
もう頭の中は真っ白。

ルナのおっぱいは柔らかく弾力があり、とても揉み応えがあるおっぱいだった。
それから無我夢中でひたすらおっぱいを揉んでると、ルナも感じ始めてくれたのか途中から息遣いが荒くなり、「っん・・・」と時折声が出てくるようになった。
もっとじっくり揉みたいと思って起き上がってルナの後ろに座り、後ろからおっぱいを揉み、撫で回しました。
ブラ越しじゃなく直に揉んでみたいと思ったので服を脱がせ(ブラはかなり手こずりました)、生おっぱいを揉みしだく。
ルナの乳輪はそんなに大きくなく、でもちょっと黒かったと思います。
若くてきめ細かい肌は触っているだけでも相当気持ちよく、頭が爆発しそうでした。

「んっ・・・ねえキスして・・・」

言われるがままキスをすると、ルナは舌を絡めて凄い勢いでディープキスしてくる。
私も彼女の舌使いを真似て絡ませる。
部屋に私達2人の息遣いの音とキスの音が響く。
ピチャ・・・チュウと音が鳴る。
ルナが乳首が感じると確か言ってたなと思い、キスしたまま乳首をAVみたいに見よう見真似で弄っていると・・・。

「あっ・・・いいよぅ・・・気持ちいい・・・、もっと弄って・・・そこ・・・いぃ・・・」

だいぶ感じてるみたいだったので、その後もずっと弄っていると止められ・・・。

「ねえ・・・もういい・・・?」

切なそうに聞いてくるルナ。
懇願してくる声がめちゃくちゃ可愛いエロい。
だがゴムを持ってない。
言うと、「つけないでいいよ」とそのまま私を押し倒して跨がってくる。
彼女は私のアレをまんこに宛てがうと、そのまま腰を落としてググッと挿入。
自分の初めてが年下で、おまけに生で挿入できるとは・・・。
ルナの中はあったかく、ヌルヌルして何とも言えなかった。

「あっ・・・気持ちいい?初めての女の子の中どう?」

気持ちよくないわけがない。
これが女のまんこの中なのかと素直に感動。

「凄い・・・あったかくていい・・・凄いよルナ・・・」

「それだけ??」

冗談めいて笑うルナ。

「じゃ、動くね・・・」

一変して苦痛に悶えてる様な顔が薄っすら見える。

「あっあっあん・・・あん、硬ぁい・・・凄くいぃよ・・・」

気持ちよさそうなルナ。
私は私で下からルナのおっぱいを揉んだりしながら刺激。
出し入れするたびにグチュッグチュッとやらしい音が聞こえてくる。
腰を上下に動かして私がイケるよう頑張ってくれるのだが・・・、初めてで緊張してたのか私は全くイケない・・・。

「んっ・・・ん・・・まだ・・・イケっ・・・ないの・・・?」

ひたすらルナが上で動いてくれるが、びっくりするほどイケない私。
そうこうしてるうちに・・・。

「ごめっ・・・あ・・・あん・・・ちょっ・・・あたし・・・イキそう・・・。あっあっ・・・イクイクイクッ!」

そう言うとルナは身体を弓なりに反らせて、「アアァ・・・」と息を吐いてもたれかかってきた。

抱き合ったまま少し休憩すると、「ごめんね、あたしだけ先にイッちゃって・・・」と申し訳なさそうに言われたが、私も緊張してたのでと笑う。
結局、その日はそれから正常位、バックと試してみるもののイケる気配が全く出ず、仕方ないのでトイレで抜いてそのまま2人で寝ました。

その翌日の夜、またルナが私の部屋に来て、「今日はイカせるから(笑)」と誘ってきたので第2回戦。
ゴムはつけずに入れようとするので大丈夫なのかとは思ったが、気持ちいいしそのまま受け入れました。
また騎乗位で、今度は昨日のような上下ではなく前後に腰を動かし、さながらAV女優のような艶かしいクネクネとした動きで私のを刺激。
ルナも昨日の私がイケなかったことを気にしてか、「これどう?」「これ気持ちいい?」とちょっと位置をずらしたりして私をイカせようと懸命に頑張ってくれました。
対面座位の時にようやくチンコに今までとは何か違う電撃みたいなものが走ってやっとイケそうになり・・・。

「あっ、なんかイキそう」

「イク時はお腹かお尻に出してね」

「イキそうっ、お腹に出すよっ!」

口ではそう言ったのですが、堪えきれずに若干中に出てしまい、慌ててお腹に。
自分でもびっくりするくらいかなりの量が出てました。
やっと私がイケたのでルナがキスして来て、「やっとイケたね」と小悪魔的な笑みで見てくる。

少し間を置いて抱き合ったまま寝ようかとも思ったが、物足りないので横になってるルナのおっぱいを触っていると彼女も起きていたようで私のチンコを触ってくる。
抱き寄せてキスをしながらまんこを触るとすでにビチョビチョ。

「いいよ・・・」

催促され、起き上がって、そのままバックでズブブっと挿入。
挿れる瞬間、またあのヌメヌメしてあったかい感触がチンコを包んで蕩けそうになる。
挿れた後はゆっくりゆっくりと出し入れ。
それから徐々に速く。

パンっパンっパンっパン!

「ああっ!いいよっ・・・突いてっ!突いてっもっともっとっあんっあんっ!」

ルナも喘ぐ喘ぐ。
ガンガンバックで突く。
AVとかで突く度にパンっパンっと音が鳴るが、後ろから突きまくってると下腹と尻が当たるたびに本当にパンっパンっと音が鳴ってました。
部屋の中にルナの「あーあっあんっ」と喘ぐ声と、パンっパンっパンっと私のルナのを突くリズリカルな音が響く。
途中、正常位に変えてみるが難しく、結局バックに戻して突く。
途中でイキそうになったので止めたりゆっくり出し入れしていると、ルナも俺がイキそうになってるのに気づいたのか、「いいよ・・・イッて」と色っぽい声で言う。
ならばと激しく突いて突いて突きまくる。
すぐに我慢出来なくなってきたので、イク瞬間に抜いてルナのお尻に思いっきり出した。
最高に気持ちいい。

しばらく余韻に浸ってるとルナが振り返って、「あたしまだイッてないよ・・・」と言うなり、そのままフェラ。
まんこの中のヌメヌメしたあの独特の感じも凄いが、ルナの口と舌を使ったフェラは気持ちよく、「あっ・・・」と思わず声が出てしまいました。
ジュルジュルと凄い音を立てながら私のチンコを舐めるルナ。
AV女優かお前は。
ものの数十秒で私のチンコはまたギンギンに。
ルナも私のが元気になったのがわかると口から出して昨日と同じようにまた騎乗位で合体。
挿れた後は今度は彼女がガンガン腰を振って私のチンコを味わってました。
動く度におっぱいがまたユサユサと動いて凄く更に興奮して自然と力が入る。

「あっ・・・あんっ・・・また大っきくなってる・・・」

目を瞑って私のチンコだけを感じようとしゃぶる姿はエロいことエロいこと。
彼女の形のいいおっぱいが上下にブルンブルンと揺れるのがかなりそそられました。
私も彼女のまんこを下から突く。
途中かなりよがって、「だめっ、イクッイクッイクッイクッ」と連呼し始め、ビクンっと身体を震わせてルナがイキました。
遅れて3分後くらいに私もイキました。

それからはもうお互いセフレみたいになり、彼女が帰国するまで自室に呼んで、いきなり後ろからおっぱい揉んだり、夜誰もいない教室でエッチしたりと楽しみました。

長文失礼しました。
ここまで読んでくれた皆様ありがとうございます。