彼の部屋で見つけた浣腸器

この体験談は約 4 分で読めます。

私の彼は同じ会社の1年先輩です。
もう2年も付き合っているせいか、最近エッチもマンネリ気味だと感じていました。
でも私はただのマンネリではなく、もしかしたら彼、浮気でもしてるんじゃないかって不安もあったんです。

それで、彼が会社の接待で遅くなるってわかってる夜、貰っていた合鍵でアパートに忍び込んだ私は、ガサ入れしたんです。
浮気の証拠を見つけてやろうと思って。

ところが押入の奥のダンボールから発見したモノは・・・、ただの浮気の証拠よりもショッキングなものでした。
何本ものアダルトビデオ。
それも普通のじゃないんです。
どれもが、アナル責めだのスカトロだの、コアなビデオばかり。
それと一緒に入っていたのは、太い注射器って感じの浣腸器と、ポコポコとボールが連なっているアナル用のバイブが数本でした。
会社では爽やかなイメージで売っている彼にこんな趣味があったとは・・・。

私が呆然としてると、いきなり「何やってるんだ!?」と彼の怒鳴り声。
いつの間にか彼が帰ってきた事にも気づかないでいたんです。
私は謝るよりも先に、「なんなのよ?これはっ!」と彼を責めていました。

「るせえよ、お前には関係ねーよ」

彼も謝るどころかムッとして、ダンボールを取り上げたんです。

「ビデオだけならまだしも・・・実際に誰かに浣腸なんてしてたんでしょ!」

ただの浮気ならまだしも、こんな変態的な浮気をされたなんて・・・。
情けなくて私、涙が出てきました。

「だって・・・お前はさせてくんないだろ?」

事実上、そのセリフは浮気を認めたようなものですよね。
でも私には、『お前はさせてくんない』という言葉の方がショックでした。

「そんなこと・・・したかったの?」

おずおず訊いた私に、彼は少し態度を和らげて答えました。

「変態だとわかってるけど・・・俺・・・初めて観たAVがスカトロだったから・・・そのせいで・・・」

「それで・・・誰とこんなことしてたの?」

私は誰を相手にしてたのか、それが一番気掛かりで、泣きながら訊いてました。

「そーゆー風俗があんだよ」

「やだ・・・そんなとこ、もう行かないで」

「だったら・・・紀子がさせて・・・くれる?」

私、本当に彼が好きだったんです。
いくら風俗でも、彼が他の女の人の体に触るなんて絶対に我慢できませんでした。
だから私、コクンと頷くしかありませんでした。

「恥ずかしいから部屋、暗くしてよ」

「何も見えないと面白くないんだよ」

彼は電気をつけたまま、私を全裸にしたんです。

「四つん這いになって、お尻、突き出してて」

こんな明るい部屋で、そんな恥ずかしい格好になるのは拷問のようでした。
でも私は浮気されるくらいならと、我慢して畳に四つん這いになると、彼の方にお尻を向けて腰を突き上げたんです。

「紀子のアナルってきれいだよ」

いつもやってくれるクンニのように、彼は優しくアナルを舐め始めました。
なんかくすぐったいような感覚に私はお尻をモゾモゾさせちゃいました。

「じゃ、やるね?力抜いて」

彼は顔を離すと、後ろでカチャカチャとソレの用意をし、冷たいガラス口をアナルに当ててきました。

「だめだよ、力抜けったら」

私は思わず、キュッとアナルを締めちゃったんです。
でも、彼が強引にガラス口をアナルに押し込んでくると、ガラスよりも冷たい液体がチュルチュルと中に入ってきました。

「怖い・・・い、よぉ」

物心ついてから浣腸なんてやったことない私は怖くなりました。

「別に怖くないよ、いつもウンコやってるだろ?」

ウンコ・・・なんて聞いて、私はやっぱりこんなこと嫌だと思ったんです。
いくら今までエッチで恥ずかしい格好させられても、排泄となると恥ずかしさは格別です。

「やっぱ・・・やだよぉ」

私がお尻をくねらせてそう言うと、彼は思いきり浣腸器を押して、中の液体を全部腸内に注ぎ込んでしまいました。

「今さらそんなこと言うなよ」

抵抗されると思った彼は、ガサガサと私をロープで縛っちゃったんです。
お尻突き出したままの四つん這いで、両手がそれぞれ足と括られ、私はもう逃げることも出来なくなりました。
その意味に気づいた私は、それこそ怖くなりました。

「ちょ、ちょっと・・・これじゃトイレに・・・行けないよっ」

「何言ってんだよ。ココで出すんだよ」

(・・・嘘っ!?)

「やだっ、絶対やだっ」

思いきり喚いたせいもあって私のお腹は途端にキュ~っと収縮しだし、覚えのある痛みに襲われだしました。
かなりの量の浣腸液が注入されてるんです。
私がどんなにアナルに力を入れて締めてもお腹はグルル・・・と鳴り、激しい波が下ってきて、痛くて苦しくて悶えてしまいました。

「だめ・・・あぁぁ・・・出ちゃ・・・うよっ」

「いいんだよ。出しなよ・・・大丈夫だから」

いつの間にかお尻のところに当てられた大きな洗面器。
どんなに頑張っても私のアナルからは、すでにチョロチョロと浣腸液が漏れ出していました。

「やだ・・・見ないでぇ・・・せめて電気、消して・・・よぉぉっ」

「だーめ。観念してたっぷりひり出せって」

彼はやっぱり変態でした。

「あぁぁ・・・ッッ」

私の体は限界を越えてしまったんです。
一旦緩んだ肛門は奥からの激流に二度と閉じることなく、私は彼の目の前で汚いウンチを垂れ流してしまったのでした。

ぶりり・・・。

耳を覆いたくなるような恥ずかしい音と共に、鼻が曲がるような臭いが部屋に充満しました。

「お前、何食ってんだよ」

そう言いながらも彼は決して嫌悪で言っているのでなく、オナラの音もウンチの臭いも悦んでいるんです。

「すっげーっ。紀子の肛門、パックリ捲れてんの」

本当にこんなに汚いスカトロが好きなんですね。
私が排泄する姿を見て興奮しきった彼は、ヴァギナにカチカチに勃起したナニを突っ込み、めちゃくちゃにピストンして、自分だけ勝手にイッてしまいました。

一度、私にスカトロをさせた彼の要求は、それからもどんどんヒートするばかりなんです。
この前はデートする前に浣腸され、そのアナルにローターを押し込まれたまま街中に連れ出されました。
怒濤のような腹痛で私はヨロヨロとしか歩けないんですが、それが彼にとっては興奮するらしいんです。

「あそこでひり出して来い!」

彼が指したのは、人が沢山行き交う公園の噴水でした。
浮気されたくないと思う一心で、私はもう何も考えずに彼の言う通り、人の前でお尻を剥き出しにして、そこで臭いウンチを垂れ流したんです・・・。