学校の嫌われ者の僕と話をしてくれた楓

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は中学一年生の(当然)童貞。

男女誰からも嫌われていて、誰も僕と喋らなかったのに、楓(仮名)は僕と平気で喋った。

楓は友達から「そんな人と喋っちゃダメだよ」とか言われてるのに、かまわず僕と喋ってくれた。
だから何となく僕は楓に惹かれていった。

では本題に。
僕が帰ろうと下駄箱に行くと、ちょうど楓もいた。
僕はチャンスだと思い、「今帰り?」と聞くと、楓は「うん」と言った。
僕は賭けに出た。

僕「一緒に帰らん?」と言ってみたら、
楓「え?いいよ、途中までだけどね」と言った。

やったーーとか喜びの声が口から出そうだった。
で、普通に会話をしながら帰ったが、緊張しすぎて何話したのか覚えていない。

ちらっと楓の方を見ると、制服のボタンが開いていてドキッとした。
経験がゼロの僕には理性より、性欲が勝りそうだった。
なんとか理性で抑えたが、次の瞬間、楓の胸が見えてもう抑えられなかった。

(僕たちが帰ってた道は誰もおらず、僕にはいい場所だった。)

細道に楓を引っ張って、壁に押しつけた。
そしてすぐ、キスした。

楓は「んーんー!」と暴れていたが、両手は僕が押さえてるので逃げるのは無理。
楓は身長155cm、僕は170cmなので、いくら彼女に力があろうと体重で伏せた。

何十秒かしたあとに、首筋、耳と舐めていった。(←エロ本知識?)

楓「いや!離して・・気持ち悪い」と、段々声を小さくしながら言った。

僕「・・・」

無言でいて、力で楓を抑えていた。
そしていくら力のない楓の両手でも、邪魔なのでマフラーで縛った。

楓「何すんの!離して、帰らせて!」

怒り口調で言った楓の言葉を僕は無視した。

で、自由になった僕の両手は、右手→楓の胸、左手→スカートの中へ行った。

楓はBぐらいあるのにブラをしていなかった。
僕的には好都合なのでそのまま乳首をコリコリしたり、舐めたり、全体的に揉んだりしていた。
左手は、太ももを撫でて、パンティの上から触った。

楓「いや・・・」と涙を流した。

で、僕はとうとうパンティの中へ指を入れた。
するとこれ以上にない力で楓は暴れた。

なので僕は楓の耳に脅しの感覚で「挿れて欲しいの?(笑)」と言うと、大人しくなった。

僕は彼女のオマンコに指を入れで、掻き回していた。
右手はあんまり力を入れず、左手に全神経を集中させた。

すると「あぁ・・」と彼女の口から出た。

気持ちいいのだろうか。
嫌だと言っても身体が反応している彼女に、僕はもっと興奮した。

そしてもっと奥に入れたり早くしたりすると、「いや・・あぁ!あぁん。ダメ!もう・・や・・あぁん!めて」と言って、ぴくっと身体を震わせ、がくんとなった。

(イッタ??もしかして。)

僕の興奮は絶頂に達し、オマンコを舐めまくって、僕の息子の先だけ当て、また指ですると楓は「あぁん!やめて!!離れ・・て」と言い、またイッタ。

僕はイカせられた喜びで彼女を離した。
すると・・・。

楓「うわーーん。もうやだ。大嫌い!!」と言い残して走り去った。

僕は嬉しいような悲しいような複雑な気持ちで帰った。

その後、楓は転校していった。