夜中の混浴でJCとやってしまいました

この体験談は約 3 分で読めます。

いけないと分かっていますが、目の当たりにすると抑えられませんでした。

そこは混浴のある温泉旅館で、夜中に行くと誰もいませんでした。
独り占めできてラッキーと思い、入りました。
数分後、1人入ってきたので、見たら少女でした。

(え?中1か、中2くらい?)

その子はニコニコしながら人懐っこそうに私の隣に座りました。

「こんな夜中に1人で来たの?」

「うん、なんか目が覚めちゃって。寒かったから温泉に入ろうと思って」

あそこの毛がまだ薄く、胸は少し膨らんだ程度でした。

「いくつなの?」

「13歳だよ」

「じゃあ中1?」

「うん」

「誰と来たの?」

「家族とだよ」

「お風呂には一緒に来なかったの?」

「みんな寝てるし」

「そうなんだ」

そんな会話をしていると少女がいきなり言いました。

「おじさん、おちんちん大きくなってるよー」

「見えちゃった?もともと大きいんだよ」

「嘘だー。私の裸を見てでしょ?」

「ち、違うって」

あっという間に少女は私のを握っていました。

「やっぱりだ。おじさんのおちんちん、硬くなってるよー」

「そんな・・・触っちゃだめだよ」

「でも、ほんとは気持ちいいんでしょ?」

少女の手はピストンしています。

「おじさん、私も触って・・・」

「どこ触って欲しいの?」

「あそこ」

「ほんとに触って欲しいの?」

こくりと頷いたので、少女のあそこを優しく触りました。

「あぅっあっあん」

小さな喘ぎ声が聞こえてきました。

「気持ちいいの?」

「あはっ・・・うん。もっとして」

「いつもこんなことしてるの?」

「いつもは1人でしてるの」

「そうか、じゃあ今日はおじさんが舐めてあげる」

湯船から上げ、股を開いてあそこを舐め回しました。

「あんあふん、あーっ気持ちいいー」

あそこから愛液が溢れ出ています。
中学生でもこんなに濡れるんだと思いました。

「おじさん、入れてぇ~」

「え?」

「早く~」

(何?セックスしたいのか?)

「どうしたらいいの?」

「おじさんのおちんちん、ここに入れてぇ~」

びっくりしましたが、もうギンギンだったので抑えられず、挿入しました。

「あっうぅ~おっきい~」

少しずつ挿入します。

「あん、あふん、あーっ!気持ちいいーもっと~!」

優しく動かします。
少女は処女ではありませんでした。
しかし膣は狭く、今までに味わったことのない締まり具合です。
恥ずかしながらひとたまりもありませんでした。

「もう出るよ」

「うんいいよ、中に出して」

(マジ?いいの?)

そう思いつつ、少女の身体の中へ射精しました。

「おじさん、気持ちよかった?」

少女はニコニコしながら聞いてきました。

「うん。でも、いつもこんな事してるの?」

「エッチは好きだからたまにしてるよ」

今どきのJCには驚きでしたが、とてもよい体験をさせてもらいました。

タイトルとURLをコピーしました