超美人の女友達をお持ち帰りできそうだったのに・・・。

この体験談は約 4 分で読めます。

10年くらい前、まだ大学生だった頃の話です。

同級生の女の子(A子)が、大学近くのコンビニでバイトしていました。
なんだかんだ言って可愛いので、外国語クラスの男子の間でも話題になるくらい。
でも学部も違うし、単なる店員と客というだけの付き合いでした。

A子の見た目は、広末涼子の顎を少し丸くした感じです。
胸は確実に彼女の方が上だと思います。

ところが俺の高校からの同級生(B男)が、彼女とサークルが一緒で、お友達になったのです。
そいつから、「今夜、彼女とその友達(D子)と遊びに行くから、お前も来ないか?」と嬉しいお誘いがありました。
日頃から気になっていたのですから断るわけがありません。

4人(A子、D子、俺、B男)で、クラブに行くことにしました。
そんなに客はいないけど、そこそこいい音楽を流し、酒も美味しいところです。
ちなみに俺は酒がほとんど飲めません。
ビールの大ジョッキを飲み干すのに1時間かかるほど(笑)
でもその日は楽しかったので、ビールからカクテルへのコンボで、いい感じに酔っぱらっていました。
A子は酒がいけるようで、強いカクテルをがんがん飲んでいます。
A子とB男はサークルが一緒なので、お互いを知っていますが、それ以外は実質初体面みたいなもの。
酔っ払いながら、好きな音楽や学校の授業のこと、それぞれの出身地の話などで盛り上がりました。

そんな中、A子がフリーだということも聞き出しました。
話が途切れるとフロアに行って踊り、踊り疲れるとテーブルに戻って酒を飲む。
そんなことを繰り返していました。
気がつくとB男はD子の方と仲良くしており、自然に俺とA子が長く喋るようになりました。
A子は明るく、少し舌っ足らずですが、ハキハキと喋る子でした。

踊り疲れて2人でテーブルに戻りました。
テーブルを背にしてフロアを見ながら2人で喋っている時、お尻に冷たいものを感じました。
コップが倒れて、中身がこぼれていたのです。
A子は気付いていません。
照明が彼女の首に当たっています。
うなじが好きな俺はちょっと興奮して、手にとった氷を彼女の首に当てました。
きっと「もー、何するのぉー」と言いながらも、笑って許してくれるだろうと思いながら・・・。
するとA子は体をビクっと震わせて俺の顔を見ました。
笑顔はなくなっています。

(ヤバイ!怒らせた?)

焦っていたら、なんとA子の方から抱きついてきました。
片手は俺の腰に、もう片手は俺の首に巻き付いてる格好。
その時まで、友達になれればと思っていた俺でしたが、一気にヒートアップしました。
こちらも片手をA子の腰に回し、氷を首に塗りたくります。

「冷たくない?」

「・・・ぅん。冷たいけど気持ちいい」

鼻息が漏れるA子に激しく萌えました!
するとA子が片足を俺の両足の間に割り込ませてきました。
つうか、足がチンコに当たってるんですけど。
もちろん、すでにギンギンに勃起してました。
A子はなおも顎を俺の肩に乗せて抱きついてきます。
積極的な彼女に対して、逆に俺は少し冷静になり、(ヨッシャー!持ち帰り確定!ここから一番近いラブホは・・・)と脳内検索を開始していました。
すると・・・嫉妬と苦笑いの混ざった顔のB男が、俺たち2人をフロアに引っ張りこみました。

「話し込んでないで踊ろうぜ」

その時、やっと悟ったのです。
B男がA子を狙っていたのを。
酔っぱらった頭をフル回転させて考えました。

(A子は、ほぼ確実に持ち帰れる。でもB男は俺の親友だ。どうしよう・・・)

結局、俺は友情を取ってしまいました。
A子とB男の関係もいまいち把握していなかったし・・・。
ああ、なんてヘタレな俺。
今なら確実に女を取ります。

クラブから帰る時、D子は1人で帰り、残った3人はタクシーが拾えるところまで歩いて行くことになりました。
バイクで来ていた俺は、エンジンをかけずに地面を蹴ってバイクを進めていました。
後ろからB男が押してくれます。
するとA子がバイクの後ろに乗ってきました。

「なんだか映画みたいだね」とか言いながら、後ろから俺の腰に手を回してぎゅっと抱きついてきます。

ボリュームのある胸が俺の背中で潰れるのが分かりました。
結局、A子とB男がタクシーに乗って走り去るまで見送りました。

(あーあ、B男に食われちゃうんだろうな・・・)

なんて考えていたのを覚えています。
ちなみに、B男に後日話を聞いたら、「やっていない」とのことでした。

卒業後、A子は地元に帰り、今はもう交流はありません。
B男とは腐れ縁で、たまに遊びに行きます。
そんな時、ふとA子のことを思い出すのです。

以上です。
長文かつ、ヘタレ話でスンマセン。

タイトルとURLをコピーしました