友達に連れられて行った古い建物の中の混浴風呂

この体験談は約 5 分で読めます。

友人のAちゃんとAのおばあちゃんが運転する車に乗って、よく知ってる田舎道を通って国道沿いの温泉街に着いた。
表札に『△△観光社員寮』と書かれた木の古い建物。
薄暗い廊下のかなり奥だったと記憶してる。

(あれ?)

子供ながら違和感はあった。
木戸をガラガラ開ける、そこが脱衣所らしい。
温泉のさらに強い硫黄の臭いがした。
Aとばあちゃんはさっさと入った。
けど奥に、裸の女の人が!
お尻がちらっと見えた。

(女湯?)

俺は一瞬後ろに引いた、悪さして怯える子供みたいに。
Aとばあちゃんが振り返る。

「ただの温泉だって言うからさ、いいのかよ?」

躊躇する俺にAちゃんが小声で言う。

「だからさ、いいんだってばあ」

手首をぎゅって掴まれて、俺はAに中に引っ張られた。
瞬間、頭が真っ白、しばらくは何も目に入らなかった。
大人の女性が3人か4人かいるのがやっとわかった。
みんな裸だった。
1人はパンツだけ穿いてたかな。
俺の顔は真っ赤だったと思う、目も泳いでいたと。
素っ裸でお尻をこっちに向けて体を拭いてる人がいる。

「ここ、銭湯じゃないの。ばあちゃんの知り合いの会社だから入れるの。隠さなくてもいいよ。お前もばあちゃんの孫ってことな。俺らは従兄弟、いいな?あ、学校では黙ってて、秘密な」

Aちゃんにそう言われたけど、もう周りに聞こえてるって。

「でも恥ずかしくない?いいのかよぉ?」

声が上擦ってて、やっとそこまで言えたけど無視された。
にやにやしながらこっちを見てる人がいて目線が合ってしまう。
慌てて目を伏せる、床に目が行く。
すると今度はすぐ横の脱衣籠が目に入る。
カラフルな小布とか衣類が無造作に乗っている。
何回か見て形状を認識できた。
大人の女性が身につけるエッチな下着類。
エッチなブラやパンティ、それとキャミとか。

目の前を大人の女の人が素っ裸で通ってるわけで・・・。
下を向いてても、ちらちらと見てしまう。
大人の女のお尻、腰のくびれ、乳房、乳首・・・。
柔肌の下半身に貼り付いた真っ黒いものが目に入る。
陰毛だった。
吸い付くように凝視してしまった。
とにかく、どっちを見ても湯上がりのピンクの肌ばかり。
チラ見のつもりがガン見になってて、何度も気付かれた。
でも・・・ニヤッてするだけで無視された。
みんな平気な様子で隠さない。
なんだか不思議。

恥ずかしくないの?
たぶん俺は子供扱いなんだろう。
だったら俺も服を脱いで、隠さなくていいわけか。
ちょっと毛が生えてきた俺の下半身の・・・。

なんとか勇気を、というよりむしろ苦痛だったけど、こらえてフルチンになった。
Aのばあちゃんも細いエッチなパンティを脱いだ。
ばあさんでもああいう下着を穿くんだな。
陰毛は年季が入ってもじゃもじゃ。
俺が横目で見ても無視して平然としている。

「今日はねー、孫2人なのー、うふふっ」

ばあちゃんが笑いながら周りに聞こえる声で言った。
そしたらみんな一斉にこっちを振り向いた。
改めて凝視されて、全身に目線・・・目線が刺さるって感じ。
みんな薄笑いをしてる。
自分はまだ幼さが残ってて、でも敏感な年頃だったから、あの感じを繰り返してたら、たぶん変な癖になると思う。

誰かが、「お孫さんなの?いいねえ」と言った。

ばあちゃんと話してる人たちは、この辺の方言じゃなくて、みんな歯切れのいい東京の言葉だった。
Aのばあちゃんも東京の言葉が混じった話し方をする。
浴室が騒がしくて、ずっと子供の声が聞こえた。

浴室に入る時、お風呂から上がる人とすれ違いにちょっと触れた。
その人は、「チワァ」って言いながら目だけ少し逸らした。
湯上がりの柔肌が間近にあった。
大人の女性の全裸が、おっぱいが、真っ黒な毛が、すぐ目の前に。
俺は伏目がちで、なんとか「チワァ」って答えた。
腕が触れた瞬間の、湯上がりの熱っぽい感触が残る。

浴室では、子供2人と母親らしい人がまず目に入った。
子供は小学生3~5年くらいだったか、男の子と女の子。
レスリングみたいにじゃれあって、裸で抱きついてレスリングみたいに首を脇の下に挟んで押さえたりしている。
そしてびっくり、男の子が女の子に後ろから抱きついた。
どちらも素っ裸のまんま・・・。
女の子がきゃーきゃー、大声でなんか言ってた。
その言葉が聞き取れた、まだ耳に残っている。

「きゃー、兄ちゃん、指入れてるー」

くしゃくしゃに笑いながら必死で体をよじっている。

(え?指を入れてんの?自分の妹のアソコに?なんてことしてんだ!)って、俺はぼーっと固まった。

母親らしい人は、お尻が大きい人で、乳首は真っ黒、股間の毛はぼうぼう。
小声で怒って男の子の頭を叩いて、ちらっと俺たちを見て、3人でさっさと上がってしまった。
男の子はピンピンに子供勃起していた。
Aちゃんが呆れたように言う。

「あいつら、またー」

Aちゃんと並んで浴槽の縁に腰掛けてたら、湯の中を歩いてきて、Aちゃんに話しかける人がいた。
太腿までお湯に浸かって、目の前に真っすぐ立って、こっちに正面を向けて、その人も隠さないでいた。
Aちゃんと話し込んでた。
俺の知らない噂話。
とにかく大人の女性の裸が見放題っていうか、写真で見たことがある、その実物がそこにあった。

その人は俺とAの股間をまっすぐに見てる。
話しながら何度もじっと見られて、また体に視線を感じた・・・。
どこにいても目線が来たけど、今度は下半身がうずうずしてきて勃起しそうになった。

(どうしよ・・・どうしよう)

ふとAちゃんを見たら・・・。

(あれ、Aちゃん、ちょっと勃起してる?)

Aちゃんが必死こらえてるのが見ててわかった(笑)

反対側に若そうな人が来て俺と並んで座った。
なんとなく表情の硬い人だった。
ちょっと離れて座って。

「あなた、Aちゃんのお友達?」

いきなり聞かれてびっくりした。
慌ててAちゃんを見たら、仕方ないって顔で笑ってる。

「はい」って答えた。

「ここのお風呂は、男がよく入りに来る。うちのお店の男性従業員も入りに来る」

その人は、そんなことを言ってた。

「中学1年生?学校は楽しい?」

定番のあいさつだけど返事に困るってやつ。

「はぁ、まあまあ」と、そんな感じで答えたと思う。

その人は、以前は高校の先生だったと自己紹介してた。

(元先生!そんな人が何でここ居るんだろう?)

何を話したか覚えてないけど、その人の汗とか湯の雫が、つーって首から乳房の間を伝って落ちて黒い陰毛に吸い込まれるのを、すぐ横でじっと見てた。
・・・油断した。
勃起してしまった。
ざぶんってお湯に入るしかなかった。
その人に見られてた。
「ふふ」って笑われた。
こっちは恥ずかしさマックスだっていうのに。

その日以来、1人エッチはその人でした。
あの温泉にもう一度行ってみたい。
また裸の女をガン見したい。
けど、Aちゃんからは誘いが来なかった。
それっきり話題にもならなかった。

タイトルとURLをコピーしました