可愛い妹の友達がベッドで甘えてきて理性崩壊

この体験談は約 3 分で読めます。

大学生の俺は今年のお盆はバイトで地元に帰ることができず、家でゴロゴロしてました。
そこに母から1本の電話。

母「お盆は帰ってこれないんか?」

俺「帰りたいけどバイトがある」

母「わかった。じゃあ体に気を付けて」

俺「了解」

妹「もしもし?」

俺「ん?」

妹「バイト休んで帰ってきてよぉ」

俺「飲食店やから迷惑かけるから無理」

妹「じゃあ、私がそっち行っていい?」

俺「来なくていい!」

?「私もそちらに行ってみたいです」

俺「・・・誰?」

妹「祐香ちゃんもそっちに行きたいって言ってるから行くね」

俺「・・・少し待っといて。明後日は休みやから、来るんやったら明日にして」

妹「なんで私と態度が違うんよー!」

俺「おやすみ」

祐香ちゃんは父の従弟の子で、妹より1つ上の中3。
俺から見てもかなり可愛と思う子です。
とにかく疲れて死にそうだったので、その日は就寝。

次の日、明後日って帰らなければならないということで、2人ともこの日は泊まることに。
観光で色々まわって、家に帰ったのは夜遅くでした。

俺「祐香ちゃんは、れな(妹)とは違って大人やな」

祐香「そんなことないですよ(照)」

妹「・・・」

俺「俺はソファーで寝るから、2人でベッド使って」

妹「お兄ちゃんのベッド大きいから3人で寝れるじゃん」

俺「れなが良くても祐香ちゃんが困るやろ?」

妹「そんなことないよねー」

祐香「ぅん・・・」

俺「いや、ソファーで寝るわ」

俺はこの時、彼女が帰省していたのとバイトでしんどくて、ほぼ1ヶ月抜いてなかったから、一緒に寝たらヤバいと思いました。

妹「一緒に寝るのが恥ずかしいの?」

俺「なわけあるか!」

妹「あのこと言うよ」

俺「あれはお前が悪い!」

祐香「?」

妹「祐香ちゃん、お兄ちゃんがねー」

俺「わかったから。はぁー」

結局、10時過ぎに2人に挟まれて寝ることに。

祐香「なんか強引にスミマセン」

俺「いや、可愛い子に挟まれて寝るんは嬉しいし」

祐香「腕、持っていいですか?」

俺「うん、いいよ」

寝顔が可愛すぎする!
腕に抱きつかれて、胸の間に俺の腕が!
妹もお構いなしに抱きついてくるから、抜いてなかったせいもあって、こんなことでビンビンになってしまいました。
気づかれないように寝ようとすると・・・。

妹「お兄ちゃん♪どうしたの?」

俺「(寝たふり)」

妹が耳元で言ってきました。

妹「お兄ちゃんの立ってるよ」

俺「しょうがないやろ。この頃忙しくて抜いてなかったんやから」

妹「私たちが気持ちよくしてあげる♪」

俺「私たち?」

妹が俺の亀頭を指で弄ってきました。
祐香ちゃんは恥ずかしそうに抱きついて胸を押し付けてきました。
俺の理性は崩壊寸前でした。
すると祐香ちゃんは、俺のあそこを舐めはじめました。

俺「やめろって」

祐香「んー」

妹は俺のあそこを手で弄り、祐香ちゃんは亀頭を舌でご奉仕しながらお尻を突き出していたので、俺は両足を腕で固定してまんこを弄ってやりました。
指で広げてクリを弄ったり舐めたりしてやると・・・。

祐香「だめぇ」

俺「見かけによらずエロいなぁ」

妹「でしょ♪」

祐香ちゃんのあそこはもうヌルヌルでした。
すると妹がどこからかコンドームを取り出して俺の股間に装着。

俺「なんでそんなの持ってるねん?」

妹「気持ちよくしてあげるって言ったでしょ」

俺「・・・」

祐香ちゃんが自ら入れようと、俺に跨がってきました。

祐香「大きいよー。はぁーんっ!入った!」

理性が飛びました。
中学生の中はキツかったです。
俺は祐香ちゃんの腰を持って動かしました。

祐香「やっ、動かしちゃダメ」

俺「ヤベ。超締まる」

祐香ちゃんはすぐにイッて倒れ込んできました。
俺は祐香ちゃんとディープキスをしながら服を脱がせて乳首を弄りました。
まだイッてなかったので腰を振りました。

祐香「んっ!気持ちよくておかしくなっちゃうよ」

口の端からよだれが垂れて、今にもイキそうな顔でアンアン言っていた祐香ちゃんがイクのと同時に俺もイキました。
かなりの量が出ました。
祐香ちゃんと一緒にシャワーに行って、まだ出し足りない俺が指でイカせてやると、祐香ちゃんはおしっこ漏らしていました。
喘ぐ顔の可愛いこと。
シャワーから出ると、妹にはお仕置きで手マンをして潮を吹かせてやりました。

タイトルとURLをコピーしました