嫉妬に狂った俺に口内射精させてくれた母

この体験談は約 3 分で読めます。

幼い頃の両親の記憶と言えば、言い争いをしていることと、母が泣いている記憶くらいしかありませんでした。
俺が小学生になり、間もなく離婚した母。
母と2人の生活になりました。
言い争いと泣いてばかりの母の顔に笑顔が戻ったのがすごく嬉しくて、その笑顔をもっと見たくて、俺は積極的に手伝いをしていました。
トイレや風呂を含む部屋の掃除、洗濯物の片付け、ゴミ出し、自分が出来ることは何でも積極的にやりました。

俺が中学2年、母が37歳のときでした。
その少し前から母に男性がいそうだと薄々感じていました。
母がその男性を家に連れてきました。
30代前半の男性で、以前母が怪我したときに通っていた病院で事務していた方でした。

その方はそれから時々うちに来て、泊まったりもしていきました。
俺もできたら大学に行きたいし、金銭的な面や母の幸せなどを考えると、母の再婚もいいのかなと考えるようになってました。

そんなある日のこと、その男性が泊まっていった夜、母の悩ましい声を偶然聞いてしまったのです。
なぜか悔しくて、涙が出てきて、耳にこびりついた母の声を振り払うように、俺は自分のチンポを激しく扱いていました。

(もう母の笑顔は俺だけのものではなくなった・・・)

そう思うと、とても寂しく感じました。

男性の通い婚みたいな生活がはじまって1年ほど経ちました。
受験を前に割り切れない気持ちのせいか、成績はガクッと落ちていき、母はそれを心配して笑顔も少なくなっていきました。
そして男性と俺の間に漂う微妙な隙間。
母は俺と腹を割って話そうと持ちかけてきました。

俺と男性が上手くいかないようなら再婚は断念する、そんな話だったと思います。
あまり記憶に残ってないんです。
俺も思いをぶつけました。
母の悩ましい声を度々聞きに行ってしまっていたこと。
母を横取りされたような悔しさや寂しさみたいな気持ち。
そんなことを話したと思います。
不満もぶつけたと思います。
何をどのような話をしたか、よく覚えていません。
自分でもかなり興奮状態だった記憶があります。
ただ、母は冷静だったと思います。

「じゃあ和樹の思いの丈を満たしてあげるから」

そう言って俺の手を引っ張り、母の部屋に連れていかれました。
母が俺をどうしようとしてるのか全くわかりません。
ただ連れていかれました。

「女が男を満足させる。その方法はこれが一番でしょ」

そのようなことを母は言いました。
母は俺のジャージのズボンを下げ、膝をつき、俺のチンポを口にしました。
驚きました。
あっと言う間の出来事で、気づいたときには俺は母の口の中にぶちまけていました。

母は身につけていたものを全て脱ぎ、俺も脱がされ、再び膝をついてチンポを口にしました。
緊張と興奮が入り混ざったような状態でした。
あとはよく覚えていません。
覚えているのは、母が俺に跨がってチンポを入れてくれたことくらいです。
そして気づけば深夜でした。
俺は裸の母に抱きついて頭を撫でられていました。
母がつぶやいたのを覚えています。

「すっかり男になっていたのね。近くに居すぎると気が付かないものね」

それから母は俺の欲求に応えながら、時々くる男性とも・・・。
でも俺はその満足感からか、男性との間にあった微妙な隙間もなくなっていきました。
無事高校合格を果たし、俺は母は男性と再婚するものだとばかり思っていました。
再婚に異存はありませんでした。
母とそういう関係になり、出来ることなら独り占めしたい、そうも考えました。
でも母は俺の期待に応えてくれる。
ならば母の希望も叶えてあげたい、そう思うようになっていたからです。
だから俺は男性との隙間を埋めることができたんです。

でも母はそうしませんでした。
男性は来なくなりました。
ぷっつりと来なくなりました。
高校1年の夏あたりです。
母に聞くと、母はあっさり、「あの人とは別れた」と言いました。
驚きました。
別れた理由を聞きました。
しかし教えてはくれませんでした。

今、俺は21歳、母は44歳。
俺の仕事の関係で離れて暮らしています。
でも時々帰ると、母は俺を、俺は母を激しく求めてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました