終電を逃した中2の美少女の処女をいただいた

この体験談は約 6 分で読めます。

駅前のコンビニに酒がなくなり買い足しに行った時の話。

終電もなくなって誰もいないはずのロータリーのベンチに、ショートカットで上着はパーカーを羽織って下はジャージ姿の1人の女の娘。

(こんな時間に若い娘が・・・)

そう思いつつ、もしかしたら友達や彼氏と一緒かと思い、車の中でCDやMDの整理をしながら暫く様子を見ることにした。
(この時点で俺は、彼女が1人だと判断出来たら声を掛けるつもりだった)

やっぱ1人みたいで彼女は電話中。
構わず声を掛けてみた。
近くで見ると、彼女というより少女という比喩のほうが近い、小柄で細身の蒼井優ちゃんに似た少女。

「今、何時かな!?」

(シーン・・・シカトかな・・・)

「1時過ぎですよ」

少女は電話を切って答えた。

「ありがとー!何してるん?」
「友達の家に泊まりに来たのに出かけてて、電話で喧嘩してたら終電がなくなってしまって・・・」

「そうなん?帰られへんやん?」
「はい。遠いから誰も迎えに来てくれないんですよ・・・」

横に座ってしばし世間話をした感じ。
可愛いし、礼儀正しいし、送ってあげる気持ちと、なんとか美味しい展開にならんかなっと模索中な俺。
少女はパーカー羽織って下はスウェット姿。
俺はかなり薄着。

「寒くなってきたな。家はどのへんなん?送ってあげようか?」

「◯◯◯市です。あ、あの・・・もし良かったら本当にお願いしていいですか?」

キター!!と思いつつ・・・さすがにかなり遠いから悩み・・・断わることに。

「ゴメン。明日早いから帰らないと・・・ほんまにゴメンな」
「分かりました。怖いけど始発を待ちます」

「バイバーイ」
「さようなら。失礼します」

俺は微妙に心を引きずりながら・・・寒いから再びコンビニに入った。
おでんを買って店を出ると、少女が半泣きになりながら立っていた。

「どないしたん!?」

「や、やっぱ1人だと怖いです。送ってくれなくていいですから一緒にいてください。お願いします」

少女は泣き出してしまい・・・さすがに置き去りには出来へんと思い・・・。

「おでん食べるか?車の中で」

「は、はい」

少女は寒さからか恐怖からか肩や足が震えていた。
そして2人で車に乗り、駅前を離れた。
近くの川沿いの駐車場まで車を走らせて停車させた。
その頃には涙も止まり、暖房も効いて暖かくなっていた。

話せば話すほど可愛らしさが滲み出ててくる少女。
名前は舞ちゃん。
中学2年の14歳。
蒼井優ちゃんを細くした感じでショートカットが似合う。
笑顔になった時にチラッと見える八重歯がまた可愛い。
成績は優秀、しかし受験対策に親がうるさく険悪な状況らしい。
特に父親はひどいらしい。

「寒くない?舞ちゃん。もう寂しくないから泣かんといてな」
「はい、大丈夫です。泣いてなんかないですよ」

「おでん食べていいで」
「はい、じゃあ、ちくわいただきます」

ちくわを食べる舞ちゃんを見て、いけないことを妄想する俺。
そうとは知らず健気な笑顔でちくわを頬張る舞ちゃん。
そこから俺は愚息を無理やり鎮めながら、舞ちゃんと学校のことや友達のことなどを話した。

「舞ちゃんは好きな人おらんの?」
「んー。学校にはいてないです」

「学校には?」
「従兄のお兄ちゃんは好きっていうか憧れかもしれないですけど、優しくされると好きになっちゃうんです」

「じゃあ舞ちゃんに優しくしようっと(笑)」
「なんなんですか?それ(笑)」

あまりにも純粋過ぎて、いやらしい気持ちが抑えられる。
あるいは気を遣って、舞ちゃんが従順さを装ってるのか・・・。
とりあえず番号とメアドを赤外線して友達宣言したところで、舞ちゃんに帰るように促した。

「舞ちゃん、そろそろ帰る?」
「帰らないとマズいですか?」

「うーん。俺はあれやけど・・・」
「出来たら朝になるまで一緒にいてくれませんか?親には友達の家に泊まるって言ってるんで・・・」

俺は予想外の返事に戸惑ったが、こう言われては帰らすわけには行かず・・・、後ろの座席に移る口実を思いついた。

「ちょっと仮眠とりたいから後ろで横になっていいかな?舞ちゃんも後ろでDVDでも観る?」

「私も疲れたから・・・」

ここから俺の理性は弾け、あとは己の欲望のまま。
舞ちゃんの可愛い口や体を貪った。
しかし相手は中学生。
少しでも抵抗してきたら手は引くつもりで、後ろの座席に舞ちゃんの手を引いた。
細くて色白い手首に一瞬で俺の愚息を膨張させられた。
俺の前に舞ちゃんを座らせ、後ろから抱き締める感じの体勢になった。
舞ちゃんの髪の毛からいい香りがしてきた。

「舞ちゃん、顔が赤いよ?」
「は、恥ずかしいです」

「なんで!?」
「男の人にこんなに長時間密着されたことなんて初めてだからです」

「じゃあキスしたことは?」
「ないです。幼稚園の時なら」

「舞ちゃんとキスしたいな!
「・・・」

さらに顔を紅潮させた舞ちゃんを見て、そのあまりの可愛さに、小さい唇にキスをしてしまった。
5回くらい軽く唇にキスをした。

「舞ちゃん嫌じゃない?嫌やったら言ってな!」

「嫌じゃないですけど・・・凄い・・・は、恥ずかしいです」

俺は舞ちゃんに再びキスしながらパーカーのチャックに手をかけた。

「パーカー脱がしていいかな?」
「エッ!?って・・・ちょ、ちょっと・・」

「舞ちゃん、意外と胸大きいね!」
「そんなことないですよ」

「触ってみてええかな?」

舞ちゃんが無言だったので、Tシャツの上から優しく触れてみた。
舞ちゃんのおっぱいは凄い柔らかくて気持ちが良かった。
ただ俺以上に気持ちよさそうにして声を押し殺している舞ちゃんがいた。

「舞ちゃん気持ちいい?声出してもいいんやで」

「は、初めてだから・・・分からないです。アッ・・・」

俺は我慢の限界に達した。
舞ちゃんを押し倒しながら服を全部脱がしにかかった。
キスをしながら優しく愛撫しながら舞ちゃんを下着姿にして聞いてみた。

「舞ちゃん、エッチしてみたい?おちんちん見てみたい?」

舞ちゃんは何も答えず小刻みに震えていた。

「恐くないよ、舞ちゃん」
「はい。恐くはないですけど・・・やっぱり少し抵抗があります」

「優しくしてあげるから大丈夫やで。痛くしないし、エッチしよう」
「気持ちよくなりますか?」

舞ちゃんが話してる途中から俺は再びキスしながら攻め始めた。
全身肌がすべすべでウエストは細く、胸もCかDカップはあって柔らかい。
乳首の色は薄いピンク、下の毛はまだ生え揃ってなく、剥かなくてもピンク色が綺麗に見えた。
お尻も小ぶりながら引き締まってて形のよい感じ。
だんだん声も漏れだして下唇からは愛液がピチャピチャと音が出てきたので、舞ちゃんの手に俺の愚息を触らせた。

「舞ちゃん目を開けてごらん。舞ちゃんの右手は今、何を触ってるんかな?」
「男の人のアソコです」

「アソコってどこかな~?」
「おち、おちんちんです」

「舞ちゃんが痛くならないように、舐めないとダメなんだけど・・・」
「・・・」

俺は座り、舞ちゃんを起こした。
そして舞ちゃんの頭を優しく持って愚息の方に誘導した。

「舌だけ出して軽く先っちょを舐めてごらん」

「こうですか?あ、凄い硬いです!」

「舞ちゃん、大丈夫そうやね。そのままカプっと咥えてみて。さっきのちくわみたいに」

さすがに抵抗があるのか・・・なかなか咥えない舞ちゃん。
そこで少々強引ではあるが頭を上から押さえつけた。
少し歯があたって痛かったが、可愛い少女の唇に愚息を無理やりに咥えさせてる感がたまらなく気持ちいい。
そして再び寝ころがり、69の体勢に舞ちゃんを誘導した。

「舞ちゃん!それ手とか口で好きなようにしていいよ。今度は俺が舞ちゃんの下の唇を舐めてあげる」

「わ、分かりました。で、でも汚ないし恥ずかしいし、やめて下さい」

俺は構わず、誰にも触れられたことがないアソコを舐めた。
予想とは違い無味無臭。
ただ、中に行けば中に行くほどきれいなピンク色。
そして中からは、どんどん愛液が溢れてきた。
車内にはいつしか音楽の音よりも舞ちゃんの可愛い喘ぎ声と愛液のピチャピチャという音が逆転して響いていた。

「舞ちゃん、気持ちいい?」

「は、はい・・・なんかすごい変な感じです。おしっこ出ちゃいそうな感じです。気持ちいいです」

俺は体を入れ替えて舞ちゃんを下にして聞いてみた。

「舞ちゃん、挿れてみていい?」
「い、痛くないですか?」

「ゆっくり優しく挿れるから」
「・・・」

黙って目を閉じた舞ちゃん。
俺は優しく舞ちゃんの可愛い唇にキスしながらアソコに愚息を沈めていった。
可愛い喘ぎ声が漏れるのを聞きながらさらに奥へと挿れていった。

「舞ちゃん大丈夫?目を開けてごらん。入ってるの見える?」
「だ、大丈夫です。見るのは恥ずかしいからいいです」

「初めての記念やから見とき。携帯で写真撮ってあげる」
「や、やめてください(照)」

初めてとは思えないほどピチャピチャと愛液の音が響き渡る・・・。
キツすぎて本当に気持ちいいJCのオマンコ。
写メを撮って俺は一気にピッチを上げて一気に頂点に達した。
もちろん中出し。
大量のザーメンが舞ちゃんの血と混ざりドバドバと流れ落ちてきた。

「舞ちゃん、大丈夫?」

「は、はい。なんとか・・・」

お互いまだ息が上がってて・・・心臓の音が車内に響く。
舞ちゃんの頭を優しく撫でてると舞ちゃんの方からハグしてきた。
なんて可愛い娘なんだ。

今でもちょくちょく会って、蒼井優似のJCとやりまくっている。

タイトルとURLをコピーしました