母のアソコは3人分の精液でヌルヌルでした

この体験談は約 3 分で読めます。

私の故郷は高齢化が進んだ山間の、いわゆる過疎地です。
祖父母の世代にはまだ夜這いの風習も残っていたそうですが、若い人がほとんどいなくなった今、その風習はなくなりました。
今でも残っているのは、『野良出会い』だけだそうです。

山奥のことですから、まとまった耕地はほとんどなく、特に畑は、あっちに何畝、こっちに何畝と点在しており、季節によってはその畑をあちこち何度も手入れのために行き来しなければなりません。
その途中に出会った男女が楽しむために人目を忍んで肌を合わせるのが『野良出会い』です。
もっとも、忍ばなければならないほどの人目もなく、また年に何度かは互いに竿を刺し、穴を掘られる間柄ですから、自分の夫や女房でなければ見られることも平気で、3人以上が出会ったときは仲良く順番待ち・・・ということすらあります。

『笹掛け』という小屋があります。
根笹の束をいっぱい作り、小さな囲いを作ります。
もちろん屋根も笹で葺きます。
そのため、入口の戸を閉めると中は相当暗くなり、野良出会いをゆっくり楽しめます。
何組かの夫婦が共同作業をしたときに作り、その夫婦間でスワッピングに使った跡です。

その笹掛けから、男が出てくる場面に遭遇したことがあります。
男が戸を開け出てくると、すぐにその場を離れていきました。
小屋の裏で待っていた別の男が中に入り、戸を立てかけました。
裏で待つことで、出ていった男と待っていた男が顔を合わせることはないようです。

そっと小屋の裏に回ってみました。
そこには誰もいません。
結果的に覗きの形になりました。
激しく腰をぶつける音を出しながら、「疲れているようだな、ずいぶんやったのか?」と男が喘ぎながら聞いています。

「あんたで3人目」

かすれた声で女が答えています。
一際動きが激しくなり、2人は同時に果てたようです。

「じゃあゆっくり休みな」

そう言って男が戸を開けて出ていきました。

中の様子を覗いてみたくなって入り口から覗いたら、女の人がのろのろと服を着ようとしていました。
しかし入り口に人影ができたのに気づき、4人目の男が来たのだろうと思ったのか、服を着ることなく仰向けになり、私が入ってくるのを待っているようです。

思わず飛び込みました。
ルール通り、中から戸を立て、使用中の合図とします。
明るい外から暗い小屋の中に入ったので、白い脚がぼんやり見えるだけ。
パンツをズボンごと脱ぎ捨て、股の間に飛び込みました。
3人分の精液で、もうそこは滑りっぱなし。
なんの抵抗もなく穴の中に納まります。
女はもう疲れているのか、喘ぎ声のような激しい呼吸をするものの、腰を使うということはしません。
でも締まりが意外といいので、私が腰を動かすだけでも放精することが出来ました。

出すものを出せば落ち着きます。
とりあえずキスをして感謝の気持ちを伝え、ズボンを穿こうと起き上がったときに驚きました。
私の下でぐったりして、目を開ける元気もなく疲れ果てていたのは、なんと私の母親でした。

急いでズボンを穿き、顔を見られないようにそっと小屋を出ました。
中から立てかけるだけの戸ですから、外からは閉めることはできません。
1時間ほど山の中を歩き回り、再び笹掛け小屋に戻ってみました。
母の姿はもちろんありませんでした。

家へ帰ると、母親が夕飯の支度をしていました。
私の顔を見ると、「お帰り、ご飯だから父さんを呼んで来て。たぶん納屋にいるはず」と、いつも通りに声をかけてきました。
納屋へ行き、父を呼んで3人で食事をしました。

今年の夏休みに帰省中の出来事でした。
母は最後の相手が私だったとは、まったく気づいていなかったと思います。
私も何も母には言いませんでした。
今、遠く離れた母を思い出しながら、もう一度抱きたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました