塾の美少女2人組と団地の非常階段でエッチ

この体験談は約 5 分で読めます。

自分が中学3年生の頃に地元のそこそこな進学塾に通ってました。
しかし僕は、連れの同級生とサボってナンパしたり、スパイカメラなる小型カメラでパンチラ撮ったり(特殊カメラにつき現像できなかった)と、まぁ思春期のど真ん中でした。

同じ塾に、近隣中学で同学年の、松田さんと渡辺さんっていう超可愛いことで有名な2人組がいました。
松田さんはアイドル王道顔で、誰もがとにかく可愛いって思うし、塾でも彼女の隣の席は争奪戦でした。
もう1人の渡辺さんは、JCならぬスタイルの良さ。
胸はたぶんCカップで、超ミニスカートで色気がムンムンしてました。

友達も、「松田さんと渡辺さん、どっちでもいいからやりてえ」なんて言ってました。

もちろん僕も狙ってました。

ある日、僕はナンパ友達とは別で単独行動をしてました。
要するに単独ナンパです。
中学3年生でしたが、そこそこモテましたし、ナンパも女子高生中心に成功していました。
もちろんエッチもしてました。
地元の隣町の駅出入口などで学校帰りの女子高生や中学生を物色して、少し後をつけてナンパするパターンです。

後ろ姿に可愛い雰囲気があったので声をかけました。
すると同じ塾で隣中学の憧れアイドルの松田さんでした。
僕の塾は進学コースなどいくつかにクラス分けされてましたが、僕はいつも最下位クラスでしたので、中間クラスの松田さん、渡辺さんとはあまり面識はありませんでした。
隣の中学だし、違うクラスだし、塾だし、他にも大勢いましたし、声をかけることも出来ませんでした。
それが、よりよって松田さんに声をかけてしまった。
スゲー悩みました。
どうしよう、やめようかなって。
でも松田さんも簡単に足を止めてくれたので、知らないフリをして接してました。

地元ナンパは双方とも親や近隣に見られたくありません。
僕は近くの団地公園に誘いました。
なんの抵抗もなく松田さんもついて来ます。
僕は中学生ながらに経験的直感で確信しました。

(憧れのアイドル松田さんも所詮軽いな。完全に自分の見た目やノリでついて来てる。これはイケる!)

これは神様がくれたチャンスだと(笑)
だって、話すらしたことのない塾のアイドル松田さんが僕について来るんですから。
何気なくお喋りしてから、「誰が見てるかわかんないから、どっか移ろうか」とか言ってリードして、エレベーターで最上階に行きました。
確か11階建ての団地だったと思います。
団地の端には非常階段ありますが、最上階とかになると滅多に人は来ないし、防火扉があって、閉めたら音漏れもしません。

松田さんにちょっと強引に迫ってみたら、「なんか塾に似てる感じの人いるんだけど違う?」と言われて一瞬焦りましたが、「だったらナンパするわけないし、手を出せないじゃん(笑)」と返しました。
まぁ考えたら、どっちみち、後日に塾で顔合わせたらヤバいんだけど(笑)

松田さんは頑なに「最後まではやめて。私、カレシいるし」と言うものの、松田さん自ら「口でしてあげる。好きなだけ口でしてあげるから」と股間を触ってくれました。

ズボンを下ろして、汗臭いであろうチンポを、いきなりパクッと咥えてくれました。
僕は立ち姿で、松田さんは制服のまま団地の非常階段に座ってしゃぶってくれてます。
僕が彼女の股の間に足を挟むと、彼女は必然的に足を開くことになり、制服のスカートからパンツは丸見え。
フェラしてもらいながら彼女のブラウスのボタンを外して生乳を揉みまくりました。
松田さんのフェラはめちゃ気持ちよくて、中学生の僕は5分ももたないで彼女の口へ放出してしまいました。
いきなり口に出されてビックリしていましたが、松田さんは飲んでくれました。

「いくらでもしてくれるって言ったよね?」

一度出してスッキリしましたが、その後もずっとしゃぶらせました。
もちろんオッパイも揉みまくりで、ときどきキスをしたりしました。
でも僕は松田さんの生パンを見るだけで、下には一切触りませんでした。
アイドル並なルックスで、男子みんなのオナニーのおかずだった松田さん。
時間の許す限りフェラしてもらい、ヤりたい盛りど真ん中の僕は、3回も抜いてもらいました。
僕は大満足で家に帰りました。
みんなに自慢したかったんですが、連れの友達にも言えませんでした。
そんなことを言ったら絶対に妬まれますからね。
松田さんとは、その1回限りで、後に塾でも見かけたりしましたが、知らん顔をしてたら大丈夫でした。

後日、渡辺さんも松田さんと同じ方法でナンパしました。
今度は渡辺さんとわかった上で声をかけました。
松田さんで成功したので、僕は自信満々で狙ってました。
可愛い2人組を制覇したいって野心もありましたから(笑)

松田さんと同じパターンで、渡辺さんを団地の非常階段へ誘い込むことに成功しました。
途中までエレベーターを使い、非常階段で上に向かいました。
もちろん先に渡辺さんを上がらせました。
渡辺さんは超ミニなのにパンチラガードをしないので、長い綺麗な脚とピンクのパンツがチラチラ見えてます。

(普通はパンツを手で押さえるだろー。渡辺さんも軽いのか?)

そんなことを思いながら非常階段に2人で座りました。
渡辺さんは階段に座り、僕は正面に立ちましたが、スカートが短すぎて座っていてもパンツは丸見え。
筋まで丸見えでした。

(コイツ、こんなに無防備でナンパされて大丈夫か?)

思わずこっちが心配するくらい。
最初は笑わせて盛り上げて、そういう空気になると一気に攻めました。
そして僕は渡辺さんのフェラを堪能し、アソコの筋をパンツ越しになぞったり舐めました。
アイドルの松田さんにエッチを断られていたので、渡辺さんとは絶対に最後までしようって思ってました。

渡辺さんは中学生ながら大学生の彼氏がいるらしく(自分で言った)、キスしてる時なんか渡辺さんは自分から股間を擦り寄せてきました。
なんてエロい中学生なんだと(笑)

もちろん生で挿入してヤりまくりました。
非常階段で立ちバックではめると、渡辺さんは喘ぎながら腰をフリフリしてきました。
その後、今度は僕が階段に座り、その上に渡辺さんが跨がる格好でしました。
Cカップのオッパイも吸いまくりました。
中学生なのに大人みたいなオッパイでした。
渡辺さんでも合計3発抜きました。

今考えたら、松田さんも渡辺さんも中学生なのに、お掃除フェラまでしてくれて、フェラのテクニックもかなりのものだったと思います。
みんなの憧れだったアイドル系の松田さんと、色気ムンムンな渡辺さん。
一度も喋ったことがなかった塾の高嶺の花と、簡単にエッチできた体験談でした。

タイトルとURLをコピーしました