オナニーを手伝ってくれるやさしい母と

この体験談は約 3 分で読めます。

ある日、エロ本を見ながらオナニーしているのを母に見つかりました。
それが全てのはじまりでした。
その時、母はやさしく俺のオナニーを手伝ってくれました。
それから毎日、手や口でしてくれるようになりました。

ある夜、アダルトゲームをしていた俺は興奮を抑えきれず、母の口で出してもらいたくなって、母の寝室へ行きました。
ノックして入ると、母は布団にうつ伏せになって本を読んでいました。

「なあに?」

「母さんに出してもらいたくって・・・」

「今日、お昼にやってあげたじゃないの」

「うん、また溜まっちゃったんだ」

「えーっ、またエッチな本でも読んでいたんじゃないの?」

「そのかわり今日は母さんにマッサージしてあげる」

母は「ありがとう」と言って本を置き、うつ伏せで枕を抱えて目を閉じました。
俺は腰を揉みながら心に秘めていたことを告白しました。

「じつは母さんの体に触りたかったんだ」

「じゃあ念を入れてマッサージしてよ」

そう母は言ってくれました。
俺は腰から足へと揉み進めました。
ふくらはぎを揉んだ後、母の寝巻きを捲り、太腿の方へと手を進めました。
そして俺は母のお尻の割れ目に沿って、アナルやおまんこの部分をパンティの上から揉みました。
母の体が反応しました。
俺は母の秘部を触りながら、「今日だけでいいから抱き合ってみたい」と言いました。
それに対して母は小さく頷きました。

俺は母の寝巻きを脱がせてパンティ1枚にしました。
そして俺も服を脱いでブリーフ1枚になり、裸の母を抱き寄せました。
舌を入れて長い間キスをしました。
そして母の乳房を片方の手で揉み、乳首を舐めました。
母の息遣いが荒くなってきました。
俺は母のパンティの中に手を入れて、今までずっと想像していた母のおまんこを触りました。
クリトリスを弄ると母は小さな声で喘ぎました。
パンティが母の愛液で濡れてきました。

母のパンティを脱がし、俺もブリーフを脱ぎました。
俺のちんぽはすでにギンギンに勃起していました。
母はいつものように俺のちんぽを口に咥え、舌を使ってきました。
その気持ちよさに俺は思わず声を出してしまいました。
その後、シックスナインの姿勢になって初めて母のおまんこを舐め回しました。
母のおまんこから溢れ出す愛液が俺の興奮を誘い、フェラチオの気持ち良さもあってすぐにでもイキそうになっていました。

シックスナインから正常位の格好になって、「入れていい?」と聞くと母はキスで答えてくれました。
とうとう今まで思い描いていた母とのセックスが現実のものとなりました。
正常位で母のおまんこに勃起したちんぽを差し込んで腰を数回動かしただけで、俺は母のおまんこに精液を出してしまいました。
あまりにもあっけなかったので、ちんぽを差し込んだまま今度は母が俺の上になって、腰を擦りつけるように動かしました。
母は俺を起こして座位にして、キスをしながらイキました。
俺は満たされた気持ちで、そのまま母の寝室で眠ってしまいました。

朝起きると、母は何事もなかったように普段の母に戻っていました。

タイトルとURLをコピーしました