車の中でオモチャにされた泥酔妻

この体験談は約 4 分で読めます。

妻が27歳の夫です。
ここに書き込んでいいかどうか分かりませんでしたが、よかったら読んでください。

妻が同窓会に行って来ると言って18時頃に車で家を出た。
時計が23時を回り、遅いな~と思っていると妻から電話が入った。

「飲みすぎて運転できないから迎えに来て~」と、呂律の回らない口調。

しょうがないから僕は車で迎えに行くことにした。
妻の車は駅近くの路地に停車してあるらしく、僕が到着するまで車で寝て待ってるって言っていた。
ま~大体の場所はわかっていた。

妻の電話から50分ぐらい経ったところでようやく妻の車を見つけ、車の横を通り過ぎ、妻の車の後ろに停めようとした。
しかし様子がおかしかった・・・。
車の中で何かが隠れたような気がしたので、車をもう少し走らせて曲がったところで車を停めて、そ~っと妻の車に近づいてみた。
止まっていた場所は人通りがまったく無いような路地で、街頭の明かりを頼りに車のナンバーを確認して、後ろから車を恐る恐る覗き込んだ。
そこに見えたのは・・・。

妻がカギを掛け忘れたらしく、妻の車には男が2人入り込んでいた。
もちろん妻も乗っているが、熟睡しているようだった。
最初は金が目的なのか?と思い、車の中に怒鳴り込もうと思った時、おかしな雰囲気なのが判った。
様子を見ていると、妻は助手席に寝ているようだったが、男の1人は運転席に、もう1人は後部にいて、男達も相当酔っているようだった。
そして妻の方を暗闇に慣れた目で見ると・・・。

な、なんと!妻の上半身はブラウスのボタンが全部外され、スカートは捲れ上がりパンティーが丸見えになっていた。
ヤバイ!って思ったが、この後どうなるか見てみたい!って思いが勝ってしまって、興奮しながらしばらく見ることにした・・・。
窓が全部ちょっとずつ開いていて、男の会話が聞こえてきた・・・。

「さっきのデジカメを出せよ」と男が言ったように聞こえた。

ん?デジカメ?やばいかな?とは思ったが、僕もめちゃめちゃ興奮してたのでもうちょっと様子を見ることにした。
と、いきなり、パシャッ!
閃光が走りすぐにフラッシュだとわかった。
妻はまったく気づかないようだった。
男達は妻の顔が写るように妻の下着姿を写しまくっていた。

「もっとやっちゃおうぜ!酔ってるからこの女何してもよさそうだぜ!もし起きても逃げちまえばわかんないし、写真もあるからどうとでもなるぜ!」

男がそう言うと、もう1人の男もニヤニヤして頷いた。

妻はこの後めちゃめちゃされていました。
まずは着てるものすべてを脱がされて全裸撮影。
アソコを開いて全身を撮影。
寝ている妻の口を開きチンポを当てて撮影・・・。
ここまでされても妻はまったく起きる気配はなかった。
よっぽど飲んだんだろう。

男達の行動は過激になるばかりで、ついに妻のアソコにチンポをあてがって入れようとしていた。
しかし、あんまり濡れてないようで入らなかったのか、妻の体のありとあらゆる所に性器を擦りつけ、最後は妻の胸から顔に目掛けて射精した。
もう1人の男も相当興奮してたらしく妻のアソコにあてがっただけで射精したようだった。
その行為中も、撮影を怠らずに続けていた・・・。

男達は妻の体をこの後も弄び、撮影し続けた。
妻は身体中が精液だらけになってしまって、僕も情けないことに最愛の妻を恥辱の限りを尽くされて、興奮のあまりにこの間に2回も射精してしまった・・・。
妻を助ける事もせずに・・・。

僕が着いてから2時間が経とうとする頃、男達が「そろそろ・・・」と言い始めたので、僕は見つからないように一旦車から離れることにした・・・。
しかしこの後男達はとんでもない事を仕掛けていったのだ。
男達が足早に去った後、車に近づいて愕然とした、それは・・・。
車のカギを中から掛けてインロックしてしまっていたのだ。
窓も閉めて!
しかも・・・妻を助手席に裸のまま手と足を縛り付けて。

僕は焦りまくった。
妻の車のスペアキーは持っておらず、家にしかないからだ。
とりあえず窓を叩いて妻を起こそうとしたが、まったく起きないので携帯に電話してみた。
が、バイブになってるらしく効果はなかった。
妻が心配だったが人通りもまったく無かったので、仕方なく家へ戻ってスペアキーを取りに行くことにした。
ようやくスペアキーを取って戻ってくると、車のところになんとJAFの車が・・・。

そうです!
男達はさらに妻に恥辱を与えるためにJAFを呼んでいたのだった。
僕が着いた頃にはすでにカギも開け、妻が泣きそうな顔でJAFの人と喋っているとこだった。
僕はこの光景を見て、また興奮が蘇ってきてどうしようもなくなっていたが、妻がJAFの人と話し終わって帰るのを待ってから妻の前に顔を出した。
妻は酒臭く、衣服も急いで着たのがわかるくらいに乱れていた。

「あなた、なにしてたの?迎えに来るの遅すぎるじゃない!!!」

妻は泣きそうな顔で怒って僕に言ってきた。
僕はとっさに逆切れして見せた。

「お前が後から、やっぱり車で酔いを覚ましてから帰るって言ったじゃないか!!でもあんまり遅いから見に来たんだけどな!」

「そうだったの・・・私酔ってたからあんまり覚えていない・・・」

・・・と、妻は倒れこむように僕に抱きついてきた。

僕「なにかあったのか?」

妻「え・・・あ・・・ううん、なんにもなかったよ!」

今日のことは妻には内緒にしておこうと思った。