彼氏持ちの教え子を放課後の教室でイカせまくった

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は前にある中学校に勤務していた。
ある日、夜の戸締りの巡回中に残っている生徒を見つけたので注意すると、男子が急いで降りてきた。
教室に行くと、担任のクラスの祐子が服装を直しながら窓に立っていた。

「早く帰れ」と注意を促すと祐子は、「待って、待って・・・」と繰り返すばかり。

俺は注意して職員室に戻ろうとしたが、「先生、ちょっと待って」という声に戸惑い、教室に入っていった。

「ここ座って」

そう言う祐子に対し、あくまでも帰るように指導していたが、彼と喧嘩をしていることを知っていた俺は、相談があるのかなと思い、椅子に腰をかけた。
空気が重かったので適当に冗談を言っていたら、喧嘩の理由の話が進み、祐子の遊びが原因で彼氏が機嫌を損ねたとのこと。
その話をしてるうちに祐子が泣き出し、俺に抱きついてきた。

色々と慰めの言葉をかけながら突き放すように身体を離した瞬間、目が合うと祐子からキスをしてきた。
まだ経験が浅い感じがする初々しいキスに理性の糸が一瞬で切れた。
俺は教え子の胸を揉んでしまっていた。
まだ成熟していない胸は少し固く、小さめだった。
祐子は驚く表情も見せなかったので、キスをしたまま胸を揉み続けた。
呼吸をする口から押し殺すような喘ぎ漏れ、興奮して胸を触り続けた。
最初は服の上からだったが、制服のベストの中に手を移し、ブラウスのボタンを外しはじめた。
それでも祐子は抵抗することなく、黙ってキスをしたまま。

10代のオッパイは非常に弾力があり、乳首も硬くなりやすかった。
祐子は両腕を俺の首に巻き付けた状態だったので、空いている左手でお尻を触り、スカートを徐々にたくし上げてパンティの上から触り続けた。
椅子に座っている状態が辛くなってきたので、祐子を膝の上に乗せてスカートを全部捲った。
縁にフリルの付いたピンクのパンティだった。
太股から股間をなぞると声が漏れる。
スカートを腰まで上げてブラウスを捲り上げ、ブラジャーも外した。
青いブラの下には白い肌とピンクの乳首が見え、乳首を摘むたびに祐子は感じていた。

「俺、前から祐子のことが好きだった」

そう言いながら祐子は抱き締めた。

「先生、ここでそんなことしたらまずいよ」

「大丈夫、遅くまで残ってるのは俺だけだから」

首筋にキスをし、耳を舐めた。

「やめて。私、彼氏いるんだから」

「そんなこと言われても無理だ。この日を待ってたんだから。やさしく、気持ちよくするから・・・」

そう言って乳首を舐めると祐子は感じていた。
一度祐子を立ち上がらせ、床に寝かせ、ゆっくり服を脱がしてブラとスカートだけにした。
キスをしながらブラのホックを外し、ブラを取ると胸をやさしく揉んで、親指で乳首を刺激しながら舌を絡めて激しいキスをするうちに祐子のおまんこは濡れていった。
乳首を吸いながらもう片方は揉むと、遠慮がちに声を出しはじめた。

「もう誰もいないから声出しても大丈夫だよ。いっぱい声出してね」

そう言うと安心したのか、祐子は声を出しはじめた。
おっぱいだけでもすごく感じているようだった。
乳首を吸う強さを微妙に変えてやると本当に気持ちよさそうにする。
右手をパンティに伸ばすと、祐子も腰を浮かせて協力してくれた。
パンティを脱がした後でおまんこを触ると・・・。

「祐子、もうグッショリだよ。そんなに感じてくれてるんだね、可愛いよ」

乳首とおまんこを同時に愛撫した。
祐子の股の間に入りこみ、ゆっくり足をM字開脚にする。

「祐子のここ、キレイだ。光ってるよ。美味しそうだね」

静かに顔を近づけ、舌先でクリを刺激した。

「本当に感じやすいね」

そう言いながら、力を強めたり弱めたりしながら刺激を続けた。
中指と薬指をゆっくり奥まで入れて掻き回す。

「中もヌルヌルだ・・・。熱いよ。気持ちいいだろ?祐子」

出し入れをしながら祐子のポイントを探り当て、そこを激しく刺激すると祐子は大きい声をいっぱい出した。

「祐子の声っていやらしいね。もっと声出していいよ」

更に刺激を強めた。
クリも同時に弄ってやると・・・。

「あん、もう・・・ダメ。もう・・・イッちゃうよ・・・」

「まだだよ。まだこれから」

ゆっくり指を抜き、「いくよ」と俺のチンポを祐子のおまんこに当て、入り口をちょろちょろと刺激する。

「ああ・・・焦らさないで・・・お願い。ああん・・・欲しい・・・お願い」

「いい?いくよ」

チンポをゆっくりと祐子のおまんこの奥に向けて押し込んでいく。
だんだんちんぽが祐子の中に入っていって、奥まで届く。

「ああっ・・・奥に・・・当たる・・・すごい・・・」

その頃には祐子も下から腰を振ってた。

「上手いよ、腰使い。いいよ・・・」

このままずっと合体していたいくらい気持ちよく、感じまくりだった。

「祐子、上になってみな。好きなように腰振って、いっぱい感じていいぞ」

祐子を上に乗せ、「自分で入れてごらん」とチンポを握らせた。
祐子はすぐにでも欲しかっみたいで、自分で俺のチンポを祐子の中に導くと、「あああっ・・・いい・・・」と思いきり腰を振って感じまくっていた。
下から俺も突き上げてやると、おかしくなりそうなくらい感じていた。
その間も、おっぱいを揉みながら、祐子がイキそうになってくると、おっぱいを揉みながらクリを刺激してやった。
3箇所同時攻めで、もう祐子は限界だった。

「先生、もうダメ・・・イッちゃう・・・一緒に・・・イッて・・・」

「俺も、もうイク・・・」

最後は一緒に果てた。
チンポが祐子の中に入ったままで抱き合いながらキスをしていると、すぐに復活して祐子の中でムクムクと大きくなった。
今度は俺が上になり、さっきとは比べものにならないくらい激しく突いてやった。
祐子は少し意識がなかったみたいだ。

後で祐子に、「2度目のとき、祐子の声すごかったよ」と言うと、恥ずかしそうにしていた。

祐子は俺のチンポをキレイに舐めてくれた。
するとまた大きくなってきたので、3度目はバックから激しく突いてやった。
結局、学校を出たのは11時で、3時間半くらいやってたことになる。

その後も祐子とは1年くらい秘密の関係が続いた。

タイトルとURLをコピーしました