僕を覚醒させてしまったこげ茶色のパンスト

この体験談は約 4 分で読めます。

僕が14歳の頃の出来事です。
僕がパンストに目覚めたのは、近所のおばさんがしゃがんで井戸端会議をしているところを、偶然下校時に通りかかった時のことです。

僕は1人のおばさんの大きく恥ずかしげもなく開かれた股間にくっきりと描かれた一本のセンターラインを目撃してしまいました。
こげ茶色のパンストでした。
もうそれからはパンストに異常なくらい興味を持ち、どこにいても、特にこげ茶色のパンストには目が釘付けになって、じっと眺めてしまうほどでした。

それから数日後、学校から帰宅した時、なんと母がこげ茶色のパンストを穿いているではありませんか。
もう僕は母の脚に目が釘付けになりました。

母はそれに気づいて、「何?母さんの脚に何かついてる?」と聞いてきました。
僕は、「いや、なんでもない」と言って目を逸らせましたが、母は気になったらしく、僕の目の前でスカートをたくし上げ、「何?伝線でもしてるかしら?」と自分の穿いているパンストをチェックしだしました。

その時、母のパンストのセンターラインを目撃しました。
それと同時に信じられない光景を僕は目撃しました。
どう見ても母はノーパンなのです。
母は僕にちょうどお尻を見せる形でスカートをたくし上げていたし、当時はまだTバックなんてありませんでした。

もう僕は異常に興奮してしまって何もわからない状態になってしまい、フラフラと母に近づいて、母のお尻に顔を埋めるように抱きついてしまいました。
母は驚いて「ヒヤー」と飛び上がり、僕のほうを向きました。
しばらく驚きの表情で僕を見つめていましたが、急にクスクス笑い出し、終いにはゲラゲラと涙を流しながら大笑いしだしました。
僕の両鼻の穴からは鼻血が吹き出していたのでした。

母は大笑いしながらティッシュを取りに行き、そして大笑いしながら鼻血を拭いてくれました。
母の大笑いは10分ほど止まりませんでした。
僕は恥ずかしさと、なぜか怒りが込み上げてきて自分の部屋に飛び込みました。
部屋に入っても母の大笑いする声がしばらく聞こえ、僕はベッドの上で両耳を塞いで、じっとしていました。

すると母が部屋に入ってきました。
僕はうつ伏せになり、恥ずかしさと怒りでムスッとしていました。
母は大笑いしたことを謝りに来たようです。

「ごめんね、笑ったりして。でも、あなたが母さんをビックリさせるから・・・」

僕はそれでも母を無視していました。
すると母は僕の机の椅子に腰掛け、まじめな声で聞いてきました。

「笑ったことは謝るけど、どうしてあんなことをしたの?」

それでも無視していたら母がベッドに来て、僕の腕を引っ張って正面を向かせました。

「ちゃんと母さんの質問に答えなさい」

険しい表情でした。
僕は父に言いつけられるのではないかと思い、正直にパンストが好きになったことを話しました。
母がこげ茶色のパンストを穿いていたことと、母がノーパンだったから異常に興奮したことも恐る恐る話しました。
僕は母の顔を見られませんでしたから、どういう表情で母が聞いていたかはわかりません。

母が、「ふぅー」とため息を漏らすのが聞こえました。
同時に母はベッドから立ち上がりました。
そして机の方に向かう気配がし、しばらくするとパサッという音がしました。

「こっちを向いてごらん?」

その母の声に恐る恐る振り返ると、なんと母はスカートを脱いでいるではありませんか。

「見るだけよ」

そう言って母は目を伏せ、恥ずかしそうに立っています。
やはり母はノーパンでした。
黒い毛がパンストに押し潰されて、墨絵のようにあそこがぼやけていました。

そこからどういう展開になったのかはっきりとは覚えていませんが、気がつくと僕は母のパンストの大事なところだけを破り、後ろから挿入していました。
母は僕の机に両手をつき、ピストンするたびに机の本棚がグラグラと音を立てて揺れ、母の「ウッ、ウッ」というか細い声をかき消していました。
母の少し垂れた大きな胸を掴みながら僕は一生懸命腰を振りました。
発射までたぶん1分もたなかったと思います。
全部、母の中に放出しました。

その時、玄関で近所のおばさんの声がしました。
母を井戸端会議に誘いに来たのです。
そうです、僕にパンストを目覚めさせた張本人です。
母は「はーい!」と元気よく返事をし、ティッシュを10枚ほど取り出して、その半分を僕に渡し、残りの半分を自分の股に挟むと脱いだスカートをするりと穿き、そのまま玄関に行きました。

母を見送った後、しばらく僕は呆然としていました。
とんでもないことをしてしまったという罪悪感で体がブルブル震え、ろくに自分のあそこを拭かずにパンツを穿き、ベッドに潜り込みました。

タイトルとURLをコピーしました