育ての親の叔母と初体験・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

私は40歳の冴えない中間管理職のオヤジです。
私には産みの母がいません。
父の妹、私にとって叔母に当たる女性が私の育ての母です。
私と育ての母は、私が16~30歳までの15年間、男女の関係にありました。

私の母は、私を産んですぐに亡くなったそうです。
当時、父は24歳、とても1人で私を育てることなどできず、生まれたばかりの私を施設に預けようかどうか迷っていたそうです。
そんな親子を不憫に思った叔母が私の母親代わりになることを決めて、嫁にも行かずに父の実家に残ってくれました。
父の実家は酒屋を営んでおり、そこそこ繁盛していたので経済的に困ることはありませんでした。
私はその家で父、祖父母、そして育ての母である叔母に大切にされて育ちました。

父は酒屋を継がずに会社勤めをしていました。
ある大手メーカーに勤める忙しいサラリーマンで、出張も多く、一緒に遊んでもらった思い出はほとんどありません。
叔母は短大を出て保母さんをしていたそうですが、幼稚園で働きはじめて2年で私を育てるために退職したそうです。

小学校までは何の悩みもなく順調に過ごしましたが、やはり中学生くらいになると実の母親ではない叔母とよく衝突しました。
衝突する理由は大したことではなかったのですが、年頃だったのでしょうか、本当の母親でもない叔母に心配されたりすることが鬱陶しく感じたり押し付けがましく感じて反発しました。

叔母に対する感情が変わったのは高校受験を控えた中3のときでした。
受験前のイライラから学校で喧嘩をしてしまい相手に軽い怪我をさせてしまいましたが、その時に必死になって私を庇ってくれたのが叔母で、そのおかげで大事に至らずに済み、それ以来叔母に反抗するのをやめました。

高校に入ると友人から叔母のことをよく聞かれるようになりました。
周りの友人の母親から比べれば叔母は5~6歳は若く、子どもの頃からずっと一緒に暮らしてきた私にはわかりませんでしたが、「きれいな叔母さん」ということで友人の間で人気者になりました。
私が叔母を1人の女性として見るようになったのもこの頃からです。

その秋のことでした。
父が転勤することになり、年老いた祖父母と叔母と私の4人で生活することになったのです。
父は体育会系で何かと厳しかったので、私はこの転勤を歓迎しました。
父が赴任した後はまさに快適な日々でした。
祖父母は私にうるさいことは言わないし、叔母との“親子関係”も、とりあえず上手くいっていました。

そんなある日、私が風呂に入るとき、洗濯物を入れる箱に脱いだものを放り込んでいると、叔母のパンティが残っていました。
今から考えれば“なんで?”と思うんですが、私は汚れた叔母のパンティを部屋に持っていきました。

当時はよくわかりませんでしたが、今から思えばかなり高価なパンティでスベスベしたシルク製で、ピンクの無地に縁取りの付いたオシャレな感じのものでした。
股間の部分が2重になっており、内側の白い生地でできた部分に尿染みが薄っすらと付いていました。
普通ならばそんなものは汚いと感じるはずなんですが、この時は女性への興味が勝り、汚いなどとは感じませんでした。
汚れた部分を触ったり嗅いだりすると、そこからはツーンとした異臭がするのに、嫌な気分になるどころか今までに感じたことがないような興奮に襲われて、私のペニスはカチンカチンになっていました。

その時でした。
慌てた様子の足音が私の部屋の前で止まると、ドアがいきなり開いて、「下着が1枚ないんだけど知らない?」と言って叔母が入ってきました。
手に持っていたパンティを慌てて隠しましたが間に合いませんでした。
叔母は私の手にあるものを確認するように真横にピタリと横に座ると・・・。

「ねぇ、どうしてこんなことしたの?」

それほど怒った感じの口調ではなく、優しく問いかけるように聞いてきました。
私は友達のことを言うのがなんとなく嫌だったので、「女の人に興味があったから、つい・・・出来心で」とあやふやな返事をしてしまいました。
叔母にしてみれば、我が子同然に育ててきた私がまさか自分の下着を盗むなんて思ってもいなかったようで、口調とは逆に表情はひどく動揺していました。
私が手に持っていたパンティを返すと、叔母は何も言わずに部屋から出ていきました。
それからしばらくの間は叔母と顔を合わせるのも気まずくて、学校から帰宅してもすぐに出かけてしまうか部屋に篭もり、家の中ではできるだけ叔母と会わないようにしました。

1ヶ月ほど経った頃でしょうか。
日曜日の昼間、部屋でベッドに寝転がって音楽を聴いていると、叔母が入ってきました。
私はヘッドフォンをつけて目を瞑っていたので叔母が入ってきたことにまったく気付かず、頭を触られて目を開けるとすぐ目の前に叔母が立っていたのですごく驚いたのを覚えています。

「えっ!?なっ・・・なんだよ」

私が跳ね起きるように体を起こしながら言うと、叔母は私の横に座って、「どうして私を無視するの?口も聞いてくれないなんておかしいよ・・・」と悲しそうな顔で言いました。

「やっぱり・・・この前のこと?それなら私、もう怒ってないから」

「でも・・・」と言葉を交わしたきり会話が途切れてしまいました。

なんとなく重たい空気でしたが、少し落ち着いてくると叔母の体から香水か何かとてもいい匂いがしているのに気がつきました。

「何かつけてるの?」

私がそう聞くと、叔母は何のことだか判らなかったようで、「えっ?つけてるって?」と不意を突かれたような顔になりました。

「いや、なんだかいい匂いがするから」

「あぁ・・・ちょっとね・・・」

そして私から顔を逸らすように、「ちょっと・・・カーテン閉めて・・・」と言いました。
私は何事かと思いましたが、叔母の言う通りにカーテンを閉めました。
すると叔母はすっと立ち上がり、私に背を向けるようにして着ている物を脱ぎはじめました。

「えっ!?・・・あっ・・・」

叔母の突然の行動に私は激しく動揺して言葉が出ませんでした。
よく言う『目が点になる』という感じでしょうか、呆気に取られてしまい、ボーっと見ているのが精一杯でした。

叔母は身に着けていたものをすべて脱ぐと、胸と股間を手で隠しながら私の方を向きました。
そして再び私の隣に座ると・・・。

「興味があるんでしょう・・・だから、見てもいいよ・・・」

そう言って私のベッドに仰向けになりました。
私はただ呆然と叔母を眺めていましたが、なんだか目の焦点がなかなか合わない感覚でした。

「少しだけなら触ってもいいわよ・・・。ちゃんときれいにしてきたから・・・」

「きれいに?」

「うん・・・シャワー浴びてきたから・・・」

叔母から漂っていたいい匂いはボディソープの香りだったようです。
私は恐る恐る叔母の乳房に手を伸ばしました。
叔母は仰向けになり目をぎゅっと閉じたままじっとしていましたが、少し震えているようでした。
私は震える手で叔母の乳房を揉んだり、乳首を摘んでみたりしました。

「そっとね・・・そっと優しくね・・・」

私は触りはじめると叔母はそう言ったあと、下唇をぎゅっと噛み締めて何かに耐えているようでした。
両方の乳房や乳首を触ったあと、叔母の肌の感触や温もりを確かめるように体中を撫で回しました。
その手がおへその下に達した時に私は叔母に聞きました。

「下も・・・見ていいの?」

「えっ?・・・う・・・うん」

叔母はゆっくりと脚を開きました。
私は開いた脚と脚の間に頭を突っ込むような姿勢になって叔母のアソコに見入りました。
そして中がどうなってるのか見たくて、閉じている割れ目を指で開きました。

「あぁ・・・ダメ・・・そこは触らないで・・・」

叔母は体をビクッとさせて言いましたが、私は返事もせずに触り続けました。
本やビデオで得た知識しかありませんでしたが、女性はクリトリスが感じるということだけは覚えていたので、クリトリスと思われるコリッとした突起を指先で触り続けました。

「ねぇ・・・触っちゃダメだって・・・」

叔母は私の手首を掴んで引き離そうとしましたが、続けているうちに手首を掴む力が緩み、かすれた声の混じった荒い息を吐きはじめました。

私は中学の頃に彼女がいて、キスをしたことはありましたがまだセックスをしたことはなく、小学校3年生くらいの時に1人で風呂に入るようになってからは大人の女性の裸を生で見ることがなかったので、相手が母親同然の叔母だというのにすごく興奮しました。
叔母の様子を見ながら触り続けていると、少し粘り気のある汁が滲み出てきました。
“女性は感じると濡れてくる”という知識だけはありましたが、実際どんなふうに濡れるのか、愛液ってどんなものなのかということは全く知りませんでした。

(中華丼の餡みたいな感じの汁が出てきたけど、これがそうなのかな?)

指についた叔母の愛液を半信半疑で見ていました。
私はクリトリスを触るのをやめて、愛液がどこから出てきているのか見ようと叔母のアソコを広げてみました。
その時に気付いたのですが、最初はぴったりと閉じていたはずなのに、この時は指で広げる前に縁が捲れ上がったようになっていました。
私は汁が溢れている穴をすぐに見つけて思わず人差し指を入れました。

「ああぁぁっ・・・ダメ・・・」

指が入った瞬間、叔母は体をビクッとさせて言いました。
叔母の中は生温かく、ヌルヌルしたものが纏わりついてくる感じでした。
私は指を抜き挿しするように動かしてみました。
ヌチャッヌチャッというなんとも卑猥な音と、叔母が漏らす喘ぎ声が部屋に響きました。

「あぁ・・・もうダメッ!」

叔母はたまらないといった感じの声を上げると、くるりと体を捻ってうつ伏せになりました。
私の指は抜け出ましたが、叔母の愛液に塗れてヌラヌラと光っていました。
叔母は体全体で息をしながらうつ伏せになったまま動きませんでした。

「大丈夫?」

「う・・・うん・・・」

叔母は返事をしながら体を起こしてこちらを向きました。

「これで・・・納得できたでしょう?」

叔母は恥ずかしそうな、でもぞっとするほど妖艶な雰囲気を醸し出して私に言いました。
叔母の表情を見た瞬間、私はキレました。
キレて叔母に抱きつき、そのままベッドに押し倒してしまいました。
叔母は慌てて私と突き放そうと藻掻きましたが、私は叔母を押さえつけて離しませんでした。
そして叔母を落ち着かせようと優しくキスしようと思いましたが、嫌がって背けようとするので顔を押さえつけて無理やりキスをしました。
中学生の頃にキスだけは経験があったのですが、その時よりももっといやらしい、まるでAV男優のようなキスをしました。
叔母は口を閉じて拒もうとしましたが、無理やりこじ開けて舌を入れました。

最初のうちは抵抗していた叔母も、私がキスを繰り返しているうちにその力は弱くなっていきました。
私はそのまま叔母の小さめのおっぱいにむしゃぶりつきました。
その時の私は飢えた野良犬でした。
相手が叔母とか誰だとかはどうでもよく、目の前に全裸の女性がいるから欲情して見境なく飛びついていっただけでした。

乳首に吸い付きながら股間に手を伸ばして荒っぽい手付きで触りまくりました。
少し前まで触っていた時のままヌルヌルしていましたが、触り方も力加減も何もわからないでただ激しく指を動かしたので、もしかしたら叔母は相当痛かったのかも知れません。
私はエロマンガで読んだように乳首を舐めたり吸ったりしたあと、今度は叔母の脚を強引に広げさせて顔を埋めるようにしました。
そして叔母のアソコを必死に舐め回しました。

「あぁ・・・ダメ・・・汚いからやめてっ・・・」

叔母は今まで出したこともないような、なんとも表現のしようのない声を上げて体を震わせはじめました。
私は叔母が感じていることを確信しながら舐め続けました。
ヌルヌルしたしょっぱい汁が容赦なく口の中に入ってきましたが、叔母が言うみたいに汚いとか嫌だとはまったく思いませんでした。
そのうち叔母は絶叫してガクッとなりました。
私は何がなんだかわかりませんでしたが、それでも舐めるのをやめませんでした。
すると叔母は声を震わせながら、やっとという感じで・・・。

「わかったから・・・わかったから・・・とにかく一旦やめて・・・ね・・・お願いだから・・・」

と、ぞっとするような眼つきで私に言いました。
私はなんとなくですが、これ以上はいけないのかなと思い、言われた通りに舐めるのをやめました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました