弟と一緒に吸った母のおっぱい

この体験談は約 4 分で読めます。

今から20年も前の話になります。
当時、私が小学5年生で、弟が1年でした。
ちょうど5月に差しかかった頃だと思います。
弟が時期はずれのインフルエンザにかかり、1週間以上も学校を休むことになりました。
私も弟が心配で、学校が終わっても友達と遊ぶことなく、まっすぐに家に帰っていました。
弟は、もともと甘えん坊で、インフルエンザにかかり、いっそう母に甘えるようになりました。
母はようやく熱が下がった弟に、「何か欲しいものある?」と聞いていました。

弟「ママのおっぱいが欲しい」

母「あらあら、赤ちゃんに戻ちゃったのかな?」

弟「ママのおっぱいが欲しいんだ」

弟は泣きそうな声で、そう言いました。
母は弟の頭を撫でながら・・・。

母「もう、いつまでも甘えん坊なんだから。いい?病気の間は赤ちゃんに戻ってもいいから、治ったらちゃんといつもの直ちゃんに戻るのよ、約束できる?」

弟「うん。約束できる」

それを聞いて、まだ性に対する知識も知らない私でしたが、なんだか興奮してしまいました。

母は弟の上半身を起こし、パジャマを脱がせ、タオルで汗を拭き、新しいパジャマを着せました。
そしてカーディガンを弟の体にかぶせ、そして自分は、ブラウスのボタンを一つ一つ外しました。
ベージュのブラが見え、フロントのホックを外しました。
そのときは完全には乳房は露出しておらず、母は弟が吸いやすいように左肩からブラウスを外しました。
母の乳房は大きく美しかったのを覚えています。

弟は母の乳首に口を寄せ、母は弟の頭を抱いて口に含ませました。
ちゅうちゅうと乳首を吸う音がします。
私は母に近づいて弟が乳房を吸っている所を見ました。
母は私を見てにっこり笑いながら言いました。

母「まるで赤ちゃんね。小学生になったのに」

弟は一心に吸っています。

母「直ちゃん、美味しい?でもミルクはもう出ないでしょ」

弟は乳首から口を離して言いました。

弟「ママのおっぱい美味しいよ、少しだけど甘いミルクの味がする」

母は、ちょっと驚いて・・・。

母「本当に?直ちゃん、あなた幼稚園に入ってからも、時々ママのおっぱいを夜、こっそり吸ってたでしょ。知ってたんだからね。そのときはまだ少しおっぱいが出てたのは確かだけど、もう止まったと思ったのに」

そう言うと、弟が吸っていた乳房を少し揉むようにして、まだ唾液で濡れている乳首を摘むようにしました。
私と弟が何事かと見ていると、母は同じ動作を繰り返しました。
しばらくすると乳首の先に、弟の唾液とは違う、少し白く濁った液が出てきました。
もう1回、母がその動作を繰り返すと、乳首からの分泌液はさらに白くなり、私の目にもはっきりとわかりました。
すごく興奮したことを覚えています。

母「あら嫌だ、本当。もう、直ちゃんが赤ちゃんに戻ったりするから、またおっぱいが出るようになっちゃったのね」

母は指についた母乳をティッシュで拭いて・・・。

母「ほら、甘えん坊さん。おっぱいを吸いなさい。しばらくは赤ちゃんでいてもいいわよ」

弟は「やった!」と言い、また吸いはじめました。
私は、もうたまらなくなり、「僕もママのおっぱいが欲しい」と言いました。
すると母は優しく・・・。

母「もう、お兄ちゃんまで赤ちゃんになって」

少し私のことを『めっ』と睨んでから、空いている右の乳房を出してくれました。
その仕草がOKのサインだと気づき、母の乳房に顔を近づけました。
弟は横で一心に乳首を吸っています。
母の乳房は石鹸の匂いに混じって、ほんのりと甘い匂いがしました。
私は、もう夢中になって乳首を頬張り、弟と同様に一心に吸い始めました。
母は私達を両腕で抱いてくれて、優しい笑顔で見下ろしていました。

しばらく吸っていると、確かに唾液とは違う何かの液体を口に感じ、次に甘い感じが口に広がりました。
確かめるように吸うと、さっきよりもより甘いものが口に広がりました。
私はそれをコクっと喉を鳴らして飲み込みました。

母は私の顔を見て、「たくさん出る?」と聞いてきました。

でも母の乳房からミルクは出るものの、このときは少しでした。
10分くらい吸っていたのでしょか。
母は私達の頭をぽんと叩いて、「はい、おしまい」と言って、ブラのホックを結んでブラウスを直すと私達に次のことを約束させました。

・お父さんが帰ってきたときは、甘えるのはだめ(このとき単身赴任していました)。
・おっぱいを吸っていいのは、1日1回だけ(病気の時は別)。
・小学校を卒業したら辞めること。

それから私は残り2年、母の乳を吸うことが出来ました。
しかも母乳を味わうことが出来たのです。
それが今はトラウマとなり、結婚した今も引きずっています。

タイトルとURLをコピーしました