ツーリング仲間の若い女の子とラブホにイン

この体験談は約 8 分で読めます。

昔話を聞いてくれ。
15、6年前に友達の会社の先輩後輩の繋がりで男女6~7人でよく旅行に行ってた。
で、俺ともう1人、友達の会社の後輩(♀)がバイクにハマッてて、スキー以外はどこに行くにもバイクだった。

ある秋の3連休、奈良の奥の方に紅葉&温泉に行った。
他の連中は車だったり、転勤で別の場所から電車で来たりで現地集合。
現地では楽しく遊んで、最終日に朝飯食ってダラダラしてた。
車&電車組はもう少しその辺りを見ていくということになったが、その後輩の子が言いだした。

「実は、父親の実家が和歌山の◯◯(地名は忘れた)にあって、おばあちゃんはもう10年くらい前に亡くなってるんだけど、すごく可愛がってもらってたのに全然行ってないからお墓参りに行きたいんです」

地図で確認するとかなり遠い。
ただ若いってのはちょっと無理したいお年頃、ってことで行くことにした。

彼女、見た目は魚住りえをもう少しフツーにした感じ。
小柄だが元気な女の子って感じ。
で、あまり飛ばせない峠道を随分走って走って、迷って迷って・・・。
場所はMちゃんが知ってるが、地図を持ってて先導するのは俺。
まさかこっちに来るとは思ってなかったから大きな縮尺の地図しかない。
迷いに迷ってようやくお墓参りをしたときにはもう午後2時。
でまた久しぶりに会ったご近所さんと話が弾んでほとんど夕暮れ時。
来た道を戻るのが距離としては短いかも知れないが、ガソリンも心許ないので一旦海側の街に出て、そこから阪和道→西名阪→東名阪のコースが遠回りでも結局早いという結論に。
田辺の辺りまで下りたらすっかり日が暮れ、高速入口ではすっかり夜に。
そんな具合だったからMちゃんもかなり消耗して、乗り降りするのもいっぱいいっぱいで、走ってても時々ふらついてるのがわかるくらいだった。
走っては休み、走っては休みでペースは上がらないところに加えて、上野の辺りで急に雨が降りだした。
しかも急な土砂降り。
トンネルかバス停でもあれば停まってカッパを着るんだが、それもなくあっという間に2人ともずぶ濡れになった。
ようやく国道を下りてその高架の下でカッパを着たが、疲れてる上にずぶ濡れでまた走り出すと風で冷えてものすごく寒くなる。
雨は多少は小降りになったものの、まだ降り続けて、俺はともかく小柄な女の子には限界が来てる気がした。
何度目かのパーキングで机に倒れこんでるMちゃんに俺は言った。

「Mちゃん、その様子じゃ無理だよ。どっかで泊まろう」

そのときはスケベ心からじゃなく、唇を紫にして震えてるMちゃんを見て何とかしなくちゃと本当に思って言った。
普段は元気なMちゃんもそのときは首を縦に振るのが精一杯に見えた。
大体インター近くってのはラブホが多いもんだが、次の出口のすぐ脇にもあった。
とりあえずバイク2台を停めて、部屋を選ぶところのインターホンで聞く。

「風呂に乾燥が付いてる部屋ありますか?」

「ちょっと待ってくださいね。***号室と***号室のお風呂には付いております」

ラッキーなことにそのうちの一つが空いてて、さっそくボタンを押す。
ガクガクと震えるMちゃんを抱きかかえながらエレベータに乗る。
部屋に着いたら、すぐに風呂にお湯を溜める。
そのとき気が付いた。
ラブホの風呂なんで、中の様子が丸見え。
でも今さら部屋も変えられない。

「Mちゃん。俺、テレビ観てるからその間にお風呂に入って。で、俺が入って出たら服を吊るして乾燥させるから」

そう言って俺は椅子に座ってテレビを観始めた。

「Kさん、Kさん、お風呂入って」

Mちゃんに揺すられて気が付いたが、俺も疲れて椅子で寝てしまったようだ。
ちょっとボーっとしながら服を脱ぎ、シャワーをザーッと浴びて部屋の中の方を見るとMちゃんと目が合った。

(イカンイカン)

俺はフルチンで、しかも無意識のうちに股間の辺りを擦ってる。
Mちゃんも気が付いたみたいですぐに目を逸らした。
なんだかものすごく恥ずかしくなってきた。
お湯に浸かって落ち着いてきて、ようやく今の状況を再認識した。

女の子と2人でラブホ・・・。
いや、Mちゃんは確かに可愛いけど、タイプってわけでもないし・・・。
無理して気まずくなると、バイク旅行に行くメンツがいなくなるし・・・。
ヤリ友になるほどMちゃんはサバけてなさそうだし・・・。

色んなことが頭を巡ったが、あまり長湯するのもおかしいからとりあえず風呂を出た。

現在23時半。
部屋に戻ると、Mちゃんはタンクトップに短パン。
今まででも混浴とかに入って際どいところまでは見たことあるけど、なんかすごく可愛らしく見えた。

「あ、ウチに電話しとくね」

(えっ?)と思うと外線に繋いで自宅に電話し始めた。

「あ、◯◯ちゃん?(たぶん弟)あのねー、姉ちゃんバイクで雨に振られてずぶ濡れだから今日は途中で泊まるから・・・ウン、もちろん1人1人!バイクは私だけだから。お母さん今日は●●さんのとこに泊まるって言ってたから、ちゃんと戸締りして寝てね。じゃあおやすみ」

電話を切るとこっちを向いてぺロっと舌を出した。

「ああ、嘘ついちゃった。でも2人とは言えないもんね」

なんかすっげームラムラ来ちゃったけど、どうしたらセックスに持ち込める?
無理やり押し倒すのはダメだし・・・。
俺は普段使ってない頭をフル回転させてた。

「Mちゃん、乾燥回すけど」

「あ、とりあえずまだ服あるからライジャケだけでいいよ」

ブラやパンツが吊るされてもう大興奮・・・なんてシーンを勝手に想像してた俺はちょっと拍子抜け。
とりあえず冷蔵庫を開けてビールを取る。

「Mちゃん、なんか飲む?」

「私もビール」

2人で乾杯した。
テレビをザッピングすると天気予報をやっていた。

「なんだ、もう雨止みそうだね」

(ええっ!じゃあこれでおしまいですか?)

「いや、あの、まだ乾燥回してるしさ」

「あはは、どうせお金払っちゃったんだから朝まで居ようよ。もう疲れたし」

ビールを1口飲んでMちゃんが話す。

「Kさん、今日は私が無理言って付き合わせちゃったから、雨に濡れちゃってホントごめんなさい」

ペコリと謝るタンクトップの胸元から乳首が見えた。

(あーもう!どうするよ、俺)

しばらくは昨日までの旅行の話をしながら盛り上がった。
ラブホのベッドは大きいが、いきなり隣に寝るのも怪ししまれるかと思い、隅の方に座って話す俺。
Mちゃんもちょっとビールが回り、あくびをし始めた。

「もう疲れてるから寝ようか?」

俺は妙な気を使って思わず言ってしまった。

「俺、椅子で寝るからさ、Mちゃんはベッド使いなよ」

あああ、なんて事を言ってしまったんだよ。
もうこれで、今夜のことは若い頃の甘酸っぱい思い出で終わるんだ。

「何気を使ってるの。ベッド広いから半分半分で寝ればいいよ。私は寝相悪くないから大丈夫」

とにかく一言一言をいちいち深読みしてしまう。
同じベッドには寝られるが、寝相が悪くないってことは接触したくないってことだから・・・。
とりあえず荷物をまとめてベッドに入る俺。

「歯、磨いてくるね」

この辺りが男と女の違いだな。
Mちゃんと反対側に入る。
ひんやりしたベッド。
Mちゃんは手を伸ばせばそこにいるのに、何千キロも向こうにいる気がしたのは気のせいか。
そう思ってるとMちゃんが戻ってきた。
コントローラーで明かりを暗くする俺。

「Mちゃん、おやすみ」

「Kさんも、おやすみなさい」

さて、これからどうするんだ。
そのまま寝ちゃっていい人になるのか?
Mちゃんにのしかかって気まずくなるのか?
なんて悶々としているとカサッカサッと音がして、ひんやりとしたものが首に巻きついてきた。
それがMちゃんの手だということにはすぐに気が付いた。

「なんだよ、寝相悪いな」

もちろん起きてることはわかっていたが、他に言葉が思いつかなかった。

「あの・・・Kさん。ホントに今日は私のわがままに付き合ってくれてありがとう。おばあちゃん死んでから初めてお墓に行けて本当に嬉しかったの」

Mちゃんはちょっと泣いてるようだった。
ここで、このままじゃあ男がすたる。
俺は向きを変えて、Mちゃんをぎゅっと抱き締めた。
少し震えてるようだった。

「まだ、少し寒い?」

「ううん、そうじゃないけど」

(あああ、もう限界だ)

そう言って目を瞑るMちゃんの額にキスをした。
Mちゃんは拒まない。
少し躊躇いもあったけど、思い切って口にキスをして舌を少し入れてみた。
それでもMちゃんは拒まなかった。
続けてキスをする。
それから首筋、うなじへと。
途中からはわざと音がするように。
同時に片手はMちゃんの胸に。
美乳(微乳?)なんだけど、ちょっと触ったら乳首がポロンと立つのがわかった。

「ああんんん」

声にならない声が漏れる。
Mちゃんを後ろから抱きかかえるようにしながら、口はうなじを左手は胸を触りながら右手は下の方に。
まずは短パンの中に手を入れてお尻やら太ももやらを撫で回す。
時々は前の方に。
手の甲で短パンを下げて、いよいよもう1枚の布の中に指を伸ばす。
そこでMちゃんが言った。

「私・・・ちっちゃいから・・・優しくしてね」

いきり立つ気持ちと股間をできるだけ暴走させないように自分をできるだけ落ち着かせる。
口と左手はそのままに、いよいよ右手は大事なところへ。
下着の上から擦るとすでに中は少し濡れてる様子。
そうして上から手を入れて、まずはそのまま触る。
小さい布でちょっと窮屈だが、それもまたそれ。
随分と濡れてきたところでまた手首の辺りでその布を下に下げる。
そして上のタンクトップも脱がせる。
これでMちゃんは生まれたままの姿になった。
Mちゃんを仰向けにして上になる俺。
まずはもう一度やさしいキスを。
それからうなじ、顎、肩、腕、手の甲にも優しく舌を這わせる。
それからMちゃんの小さいが感度のいい胸にも。

「んんんん・・・ああああああ」

声にならない声がさっきから聞こえている。
乳首をたっぷりと攻めたあとは下の方へ。
下乳、おへその周り、下腹部、そして足の付け根。
いよいよと思わせては曲げた膝にキスしたり、なんだと思わせては内腿を攻めたり・・・。
そしていよいよMちゃんの秘部へ。
まずは口で大きく周りを含んでプっと出したり、一部を甘く噛んだり、そんなことをして目的地を目指しながら両手は乳首を刺激する。
相変わらずMちゃんは言葉にならない喘ぎ声を出している。
周りの花弁を下で捲りながら、クリトリスを刺激する。
乳首の刺激と合わせたりずらしたりしながら・・・Mちゃんの体からはますます甘い蜜が流れ出してきた。

「も・・・もうだめ・・・ああああああ!!!!」

そう言って、ビクン、ビクンとMちゃんは最初の絶頂を迎えた。
さて、十分にスタンバイできただろう。
俺は自分でTシャツとトランクスを脱ぐと、Mちゃんの足をとって耳元で囁く。

「Mちゃん、入れるよ。痛かったら言ってね」

一番濡れているところに押し付ける。
俺の最初の膨らみまではスポンと入る。
でもそこから先はまだ少しキツい。
ちょっとずつ行きつ戻りつを繰り返す。
ここで無理して痛がらせてはそこで終わり。
たっぷりと時間はかかったが、普通サイズの俺のモノはすっぽりとMちゃんの中に納まったようだ。

「痛くない?」

「ウン・・・なんだか温かくて気持ちいい・・・よ」

キスをして、またゆっくりと動かし始める。
初めは優しく動かしていたが、だんだんと激しく速く、時にはちょっと乱暴気味に。

「ああんん・・・イイッ、イイッ」

そう言ってMちゃんの手は俺の背中から腰の辺りを蠢く。
俺、そこ触られるとまたまたビンビンになっちゃうんだよ。
前向きから横にして、程なく後ろに。
それから俺が後ろに倒れて上にして、また180度回して・・・。
とにかくMちゃんを簡単にイカせないようにしながら攻め続けたが・・・さすがに俺の方ももう限界だ。

「Mちゃん・・・オレも・・・もう・・・イキそうだよ」

「うん・・・イッて・・・イッて・・・一緒に・・・イッてえええええ!!!」

一段と激しい交わりがしばらく続き、それから俺のモノを抜いてMちゃんのお腹の上に放出した。
ティッシュでお腹の上を拭いてゴミ箱に投げる。
それからMちゃんを抱きかかえながら頬っぺたや額にチュッ、チュッとキスをする。
女の子はした後も大事。

「Kさん・・・すっごく気持ちよかった」

そう言うとまたMちゃんは抱きついてきた。

「Mちゃんもすっごく可愛くて・・・素敵だったよ」

そう言って髪を撫でる。

スマン、ここからはダイジェストで。
その後一緒にシャワーを浴びて、ベッドに戻って、Mちゃんを手でイカせて、フェラからもう1回。
2回戦のあとは俺も疲れて、後始末をした後ですぐに寝入ってしまった。

「ほらほら、Kさん。そろそろ起きて起きてーー!!」

Mちゃんに起こされた。
気がつくともう朝の8時半だった。
Mちゃんはもう服を着て、薄っすら化粧も済ませて準備万端。
慌てて顔を洗って身支度をする俺。
朝もう1回するつもりだった俺はちょっとアテが外れて残念な感じ。
Mちゃんも昨日ようにはしなだれかかってこない。

昨日のことはホントにあったことだよな?
夢じゃないよな?

Mちゃんの先導でそのまま国道25号へ、で亀山ICからは東名阪道に。
朝飯がまだだったので、すぐのSAで朝飯を食べる。
その間もMちゃんは昨日のことは何も言わない。
で、また高速に乗って名古屋西ICへ。
料金所を過ぎたところでMちゃんが言った。

「私、ここからまだ名阪道に乗ってくけど、Kさんは名古屋高速に乗るでしょ?」

いや、確かにそうなんだけど・・・もう少し何か別のことを言って欲しい気がした。
それを知ってか知らずかMちゃんは、「それじゃ、またねー」と行ってしまった。

なんていうオッサンの淡い昔話でした。
お前らにもこんなことが起こることを、そして俺にも再びこんなことが起こることを期待してる。

最後までありがと。

タイトルとURLをコピーしました