JKマニアだった私を熟女好きにさせた年上の妖艶妻

この体験談は約 4 分で読めます。

20年ほど前の大学時代は、女子高生の蒼い性を好んで、見た目は妥協しても初々しい処女膜を突き破る興奮に酔っていました。
女子高生とのセックスは、セーラー服を脱がさないのが魅力でした。
セーラー服のスカーフを揺らし、白い2本の線が清楚さを醸す襟をなびかせ、私に跨がって腰を振る女子高生を下から見上げて満足していました。

しかし就職したら、周りには女子高生はいませんでした。
それどころか社会人として女子高生と付き合うことはタブー視されていました。

そんな時、新人の私の面倒を見てくれたのが10歳年上の妻でした。
妻は中島史恵さんに似た美人で、しかも見事なプロポーションでしたが、10歳も年上の女性は私の好みではありませんでした。
妻は30代でも外見は若々しいので、オバサンだとは思いませんでしたが、それでも恋愛の対象からは外れていました。

就職して半年の頃、妻と2人で出張しました。
出張先でひと仕事終え、食事をしてホテルへ戻ると、「和樹君、私の部屋で軽く二次会をしない?」と誘われました。
訪ねていくと、スーツの上着を脱いで、ブラウスのボタンを1つ外して胸元がチラ見えする格好でベッドに座っていました。
タイトなスカートの腰からお尻、そして太腿にかけてのラインが色っぽくてドキッとしました。
ほろ酔いの私の目の前で前屈みになった妻の胸元から、豊かな胸の谷間がバッチリ見えて思わず勃起してしまいました。
モジモジする私を不思議そうな表情で見る妻。

「あの、胸元が見えてしまって、その・・・」

「まあ・・・反応しちゃったの?ごめんね。ついリラックスしちゃって。でも、こんなおぼさんに反応してくれるなんて、ちょっと嬉しいかも」

「おばさんではないです。美人だし・・・」

もう開き直って、テントの張ったズボンを妻の前に差し出しました。

「え?何?それって反応しちゃったからなんとかしろってこと?」

「なんとかなるものなら・・・」

この日、初めて妻と結ばれました。
当時の妻のスペックは、身長165cm、B89(Dカップ)・W59・H88でした。
女子高生の蒼い性とは対極にある妖艶な女体を惜しげもなく披露されて、その溢れる色気、そして中島史恵さんに似た美貌に、私の下半身は暴発寸前でした。
柔らかな唇で男根を包まれ、絶妙な舌使いで亀頭を舐められました。

「立派なオチンチンね。大きくはないけど形がいいわ。反っててカリが高くて・・・」

「経験豊富そうですね?」

「そりゃあ33歳だからそれなりにね。でもアラサーになったここ数年は、殿方とはご無沙汰なのよ。やっぱり若い女の子には適わないから。あ、大丈夫よ。23歳の男の子に、『エッチしたんから彼氏になって』とか言わないから」

そう言って広げた足の真ん中の割れた女陰を広げると、赤紫の女唇がピンクの膣口を囲んでいました。
女子高生の純情な佇まいの女陰とは全く違う、熟れてグロテスクな様相を見せる女陰は、妖艶な女体に相応しいエロさを演出していました。
クンニで濡れた膣口に亀頭を宛てがうと・・・。

「生でしてもいいけど中には出さないでね。万が一の時は責任を取ってもらうわよ」

ヌプッとした感触の膣に根元まで挿し込むと、中は女子高生とは全く次元の違う味わいで、男根を奥に呑み込もうとするような動きをしました。
女子高生ならセーラー服を着たままが魅力的でしたが、妻の場合は全裸こそが妖艶で素晴らしいと思いました。
こうして素晴らしい女体を堪能してしまった私は、すっかり妻の虜になりました。

「どうして独身なんですか?モテたでしょ?」

「最後の彼氏と別れたのは28歳の時。その彼が4人目」

「じゃあ俺は5人目の彼氏ですね」

「まだ彼氏認定してないわよ。もっと若い子を見つけなさい」

出張から帰って態度が変わったのは男の私の方で、もう熟れた妖艶ボディの虜になってしまいました。
さすがに周辺も気づいて、「まさかはと思ったけど、間違いなくあの2人できてるな」と噂になりました。
私25歳、妻35歳で結婚、毎晩のように中出しセックスをして、翌年には女の子を出産しました。

妻が年上だと、若い性欲を遺憾なく発揮できます。
妻が30代の時は、年中無休で発情している20代の私に、やらせ頃のお色気ボディを開いてくれて毎晩営みがありましたし、複数回の日もありました。
妻が40代の時は妻の方が発情しだして、私を押し倒して完熟ボディを喘がせたので、これまた毎晩営みがありました。

現在、結婚して15年、妻は50歳、私は40歳。
さすがに妻の発情も収まってきて、ここ2、3年は週に3、4回くらいになっています。
妻の女陰は真っ黒な女芯に囲まれ、女豆も赤紫に腫れぼったくなっています。
それでも身体は緩むどころか30代の頃を維持していて、中島史恵さん似の美貌もそのままで若々しく、知らない人には同級生夫婦だと思われているようです。
私はこれからも美しい年上妻の完熟ボディを堪能していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました