夫に仕込まれた絞め技を駆使して息子に愛の手解き

この体験談は約 10 分で読めます。

あってはならない恐ろしいことが起きました。
中学3年の息子が、母親である私を犯したのです。

事の起こりは私の下着が盗まれたことでした。
私の下着だけなのか、他にも被害がないかしらと思い、子供に尋ねようとした時のことです。

子供の名前は『正志』と言います。
正志の部屋の前に立ちました。
すると部屋の中から女の喘ぎ声が聞こえたのです。
まだ中学生の子供が・・・と思いました。
もし女の子を部屋に連れ込んでいるとしたら、相手は同級生としか考えられません。
こんなことが学校に知れたらと思い、私は慌てて、「正志、誰か来ているの?」と声をかけました。
その時、部屋の中から、「アッ、イクイク」という絶頂の時に発する女の声がしたのです。
びっくりしました。

「入るわよ」

そう言って部屋のドアを開けました。
そこで見たのはAVを観ながら、私の下着を身にまとい、ペニスを擦っている正志の姿でした。
突然のことで正志は勃起したペニスを隠す余裕がなく、私の前に曝け出してしまいました。
私は見てはならない子供の行為を目にして唖然としました。
一歩部屋の中に入ったまま腰砕けの状態になり、その場にへたり込んでしまったのです。
2人の間に沈黙の時間がありました。
自分のしていた恥ずかしい行為を母に説明できないと悟ったのでしょう、突然正志は母親の私に襲いかかってきたのです。

「何するの!」

正直びっくりしました。
何が何だか・・・とっさには判断できませんでした。
子供が母親に向かってくることなど予想していませんから。
正志が私にしがみついてワンピースを脱がそうとしたのです。
この日は9月なのに残暑が厳しく、ワンピーとブラ、パンティーの軽装でした。
正志は私にしがみつき、ワンピースを捲り上げるようにして脱がしてしまい、ブラも背中のホックを外されて乳房が剥き出されたのです。
私は慌てました。

「ダメ、お母さんに何をするの!」

抵抗しました。
でもこの時はパンティーを穿いていたので気持ちにまだ余裕があったと思います。
どうやってこの状況から切り抜けようかと、まだ考えることが出来たからです。
でも正志の手が私のパンティーを脱がそうとしてきました。

「ダメー」

私は背中を丸め、その場にうずくまりました。
そうしたら正志が後ろからパンティーに指をかけ、皮でも剥くようにしてクルッと下げたのです。
肛門に外気を感じ、思わず足を突っ張るようにして体を反転させました。
それを良いことに、正志はパンティーの上からおまんこを触りに来たのです。
私は慌ててまた体を丸めて手を払いました。
しかし今度はお尻の間から手を入れてきたのです。
それを避けるためにまた体を反転させると、おまんこに手が・・・。
何度か同じことが繰り返され、力が抜けたようになりました。
抵抗が弱まったの感じた正志がパンティーを一気に下げ、着せ替え人形のように片足を持ち上げて抜き取りました。
私は全裸にされたのです。

正志は裸にした私にしがみついてきました。
そして片方の手で乳房を弄り、優しく揉むようにしながら・・・。

「お母さんの胸、柔らかくて気持ちいい」

この言葉を聞いて、(あ~良かった、まだ子供なんだ。性に目覚めて女の体に興味を抱く年頃になったんだ)と思いました。
今度は乳首を吸いはじめました。

「お母さんを裸にしておっぱいが吸いたかったんだ」

乳首を吸われながら、正志が赤ん坊の頃のことが蘇りました。
これが心の隙きになったのでしょう・・・。
その隙きをつくように正志は私の乳首を吸いながら体を重ねてきて、おまんこを触ってきました。
さすがにこんな状態になれば、正志が母親の私に何を求めているのかは明白です。
腰を引いて手から逃げようとしたのですが、いとも簡単に正志は指を女の部分に宛てがい、さらに2枚のビラビラを分け入って中指を入れてきたのです。

「何をするの。やめなさい。私はあなたのお母さんよ」

叱りつけるように言いました。
でも無駄な抵抗だとすぐに悟らされました。
私のおまんこに正志のカチンカチンのペニスが当たったからです。
中学生の子供ですが、すでに女の力では抵抗できないほど正志の体は成長していたのです。

正志に押さえ込まれましたが、それでも私は「お母さんよ、正志のお母さんよ。そんなところを触っちゃいけません」と言いながら頬を平手で強く打ちました。

しかしその手も体の下に敷かれ、抵抗を止められたのです。
私は泣きました。
どんなに抵抗しても無駄だと悟ったからです。
泣きながら黙ってしまったのです。
でも正志がおまんこにペニスを当ててくると・・・。

「あなたは私の子供よ。そんなことしちゃいけない。駄目、入れちゃダメー」

大声で諌めました。
しかし興奮状態の正志の耳には届きません。
まるでレイプです。

「お母さんのこと好きなんだ。ずっと前から好きなんだ。だからやらせて」

そう言いながら腰に力を入れて突いてきたのです。

「イヤー、入れちゃダメ」

腰を引きながらもう一度大きな声で叫び、抵抗しながらずり上がろうとしたタイミングでペニスの先端が当たり、いとも簡単にズブズブと入ってきたのです。

「ダメ、抜いて!早く抜いて!」

その時に正志が言った言葉は忘れられません。

「お母さんのおまんこの中、温かくて気持ちいい」

この言葉で母と子が男と女として繋がったことを私は現実として認識したのです。
それでも私は押さえ込まれながらも逃げようと藻掻きました。
何としても挿入されたペニスを外そうと腰を動かし続けました。
しかし、それが正志のペニスを刺激したのでしょう。

「お母さん、出ちゃう、出ちゃうよう」

そう言うと私の膣奥に射精したのです。
大量の正志の精液が子宮にピューピューとかかるのが分かりました。
抵抗しながら入れられて、藻掻き抗ったわずか2分くらいの出来事です。

(ああ~、中に出されてしまった)

母親と子供の交尾・・・。
畜生道に落ちたと思ったら自然に涙が出てきました。
しかし正志は、私の中に射精し終わっても体を覆いかぶせたまま動いてくれません。
下敷きにされた私の頭は真っ白でした。
正志にペニスを入れられたまま動かずにいました。
その時、ハッとしたのです。

(妊娠したらどうしよう)

息子の子供を身籠ったら大変です。
慌てて生理の終わった日を思い出し日数を数えました。
自分なりの判断で安全日だと確信出来ました。

ほっとしたのも束の間、とにかく今はこの地獄のような交尾から逃れようと考えました。
腰を引いてペニスを抜こうとしたのです。
その時、男子中学生の無限の性欲の強さを知りました。
私の膣奥に今射精したばかりなのに・・・正志のペニスがもう私のおまんこの中で大きく勃起しているのです。

新婚の時、「抜かずの2発だ」と言って主人がしてくれたことがあります。
その時の興奮は格別で、私は主人にしがみついてよがり狂いました。
そんな父親の遺伝子を引き継いでいるのか、正志が私の上で腰を上下に動かし始めたのです。

2回目の母と息子の交尾が始まりました。
私はすでに中出し征服された母です。
そんな母に何が出来ましょう。

(もう元には戻れない・・・)

私にできることは諦めでした。
2度目は正志の好きなようにさせました。
それがいけませんでした。
まだ正志がおまんこの中に出した精液を拭き取っていないのです。
その残精が潤滑油の働きをして、正志の腰がスムーズに上下に動き出したのです。
若い正志のペニスは主人より硬く、反りが強いのです。
母親と言っても女です。
反り返ったペニスでおまんこの中を掻き回すように蹂躙されると、女の部分が自然に感じ始めてきました。

今、私を犯しているのは自分の子供です。
絶対に感じてはいけないのです。

頭ではよくわかっていますし、母としての理性はまだあったと思います。
ですが、それなのにおまんこが・・・子供のペニスの上下運動に少しずつ反応し始めました。
何となく心地良いくらいに思っていたのが快感に変わり、その快感はおまんこを中心に体全体に広がり始めたのです。

私は主人しか男の方を知りませんが、女の性感帯はだいたい同じだと思います。
私と主人とのセックスはフェラとクンニからは始めます。
でも私はすぐに主人のテクニックに翻弄されてしまうんです。
乱れていく私のそんな痴態を目で楽しむのが好きだと主人は言います。
絶頂を迎えた私の息の乱れを計るように、主人はペニスを挿入します。
恥ずかしのですが、入れられるとすぐにヨガリ声が出てしまいます。
主人のテクニックはここからが凄いと思っています。
私がヨガリ声をあげると、主人はピタリと動きを止めるのです。
静止してペニスを休ませるんです。
そして私のヨガリ声が収まりそうになると、またペニスの出し入れを始めます。
主人はペニスを休ませることが出来ますが、私のおまんこはイキっ放しの状態にさせられるのです。
この一連のサイクルが長時間、これでもかこれでもかと言わんばかりに繰り返され、性の喜びを与えてくれるのです。
その夜はクタクタにされてしまいます。
でも不思議なことにセックスの疲れは朝には活力に変わってルンルン気分です。
私は鼻歌を唄いながら朝食を作ります。
起きてきた主人に抱きついてキスをして、「あなた、昨日はありがとう。気持ちよくてまた泣かされちゃった」と感謝し、食事をしてもらい会社へ送り出すのです。
他人の奥様方のことは分かりませんが、きっと私が一番セックスを堪能してると自慢したくなります。

そんな私が実の息子とのセックスで快感を感じ、思わず声が漏れそうになりました。
ヨガリ声を出したら最後、女の体は制御できなくなることは、主人に何度も味わわされて知っています。
私としては正志に動きを止めて欲しかったのですが・・・そんなことは無理だと動きで分かります。

入れられたペニスが出し入れされると、おまんこの中のペニスで擦られた部分が熱を帯びたように温かくなってきます。
これが良くなる始まりなんです。
だんだんに良くなってくると、温かくなっているおまんこ全体が熱く熱を帯びてきます。
さらにペニスで突かれると快感となってお尻の穴に伝わり、こそばゆくなります。
それがお尻全体に広がるのです。
自然に男性の下敷きになりながら腰をモジモジさせ、腰を振りたくなる前兆なのです。
ちょっとだけと思ってお尻を動かすと、その動きが内股に伝染してむず痒くなります。
この間も男性の動きは止まりません。
私は自然に男性の腰の動きに合わせて腰を振り始めるのです。
中には、女が下から足を絡めてくるなんてはしたないとおっしゃる男性もいますが、そんな状態になるまで追い詰めてくださるのが男性の務めだと私は思います。

この時も私は足を正志の腰に絡め、大きな声を出してヨガリたくなっている自分に気づいて慌てました。

(ダメ、これ以上、感じてはいけない)

自分の子供に感じさせられ、声出したら、それこそ母と子供の関係でなくなり、男と女の関係になってしまうと思ったからです。

(石になるのよ)

私は自分の体を叱りつけました。
感情のない石になれば乱れずに済む。
でも・・・無駄でした。
そんな私の思いと肉体の快感は別のものでした。
石になれきれない身体がヨガリ声を出そうとするのです。
子供に犯されているのです。
必死で出そうになる声を息と一緒に吐き出したその瞬間、自分の手の甲を思いっきり噛みました。

(痛っ)

一瞬、神経が手の甲に移りました。
そのわずかな瞬間に女の知恵が働いてくれたのです。

『男は射精すれば終わる』

正志も射精させてしまえば終わってくれる。
早く射精に導くためには・・・と思った瞬間、自然に行動に移っていました。
私は子供の腰の動きに合わせて大きく息を吸ったのです。
そして大きく息を吐きながらおまんこに力を入れ、正志のペニスを締め付けました。
たぶん正志の気持ちも高まっていたのでしょう。
最初の締め付けですぐに反応し、「お母さん、いい、イキそう」と言ったのです。
そして2回目に突き入れたきたペニスをまた締め付けると、奥深く挿入したまま上体を起こすようにしながら・・・。

「イクッー」

正志は一声を発し、膣奥にドクドクと2度目の射精をしてくれたのです。
私は子供の精液を受けながら思いました。

(ふー、終わってくれた)

我が息子に母の乱れた姿を見せずに済んだと安堵しました。

私のおまんこの締め付けは強いのです。
それは主人の特訓を受けたからです。
私は処女で結婚しました。
それまでの性処理はオナニーだけでした。
結婚して主人に抱かれると、こんなに心がときめき、セックスもこんなに感じるんだと知ってびっくりしました。
だから最初からセックスが好きになりました。
抱かれるのが嬉しくて、待ち遠しくて仕方がなかったのです。
主人にならどんな恥ずかしい体位を取らされても、どんな恥ずかしいことを要求されても従うと心に決めました。
そんなセックス好きの私の体を主人は改造したのです。
最初は力をどこに入れて良いかわからず苦労しましたが、だんだんコツを掴んで、自分の意志で締めることができるようになったのです。

子供の話に戻します。
おまんこの中でピクピクしていた正志のペニスの動きが止まりました。
荒い息遣いも収まってきました。
と同時に正志の体重が重く感じてきたので、「正志、重いからお母さんから下りなさい」と言うと、子供は素直に私の横で仰向けになりました。
正志がペニスを抜くと、私のおまんこはいやらしく口を開けているのが感じられました。
正志の精液が溢れ出てきました。
白濁は陰列を伝ってアヌスに達しました。

「正志、ティッシュを取ってちょうだい」

正志は箱ごと渡してくれました。
3~4枚とっておまんこの周りの精液と、いくらか洩らした自分の陰液と一緒に拭き取りました。
次に同じ量のティッシュを四角に折り畳み、膣口に当てました。
おまんこの中に正志の精液が残っているのを感じたからです。
精の残滓の手当をしながら、また自然に涙が出てきました。
畜生道に落ちたことに、涙が自然に溢れ出てきたのです。
泣いている私の背中に正志が肌を重ねてきました。

「お母さん、ごめんなさい、ごめんなさい」

詫びながら一緒に泣いてくれたのです。
子供も悪いけれど、私に隙きがあったからこんなことになってしまった。
襲われた時、裸にされた時、どうして子供を諌めることが出来なかったのか。
ペニスがおまんこに挿入されても、子供がおまんこの中に射精する前に、何か手立てはなかったのだろうか。
そんなことを考えると、また涙が出てくるのです。
2人で一緒に泣きました。
ひとしきり泣いた後、まだ2人とも全裸なのに気が付きました。

「正志、お母さんの下着を取ってちょうだい」

「うん」

子供が散らかっている私の下着を集めてくれたのですが、その時、私の膣奥に溜まっていた正志の残精がトローリと流れ出てきたのです。
慌てて精液をティッシュに吸わせて拭き取りました。

夫婦の間ではなんでもない、この普通の行為が正志の視覚を刺激したのです。
初めて見る、セックスの後始末をしている女の風景・・・。
私が片膝立て、お尻を浮かせておまんこの手入れをしている姿を見て、正志はまたペニスを勃起させたのです。
そうとも知らずにおまんこの手入れを終えた私は、正志が渡してくれたパンティーに足を入れようとしていました。
そんな母親の着衣姿に正志はさらに興奮してしまったようなのです。
私がパンティーに片足を入れたときでした。

「お母さん、またしたくなっちゃった」

正志が抱きついてきたのです。
私はびっくりしました。
今しがた母の体の中に2度も射精したはずのペニスが、硬く逞しく上を向いているのです。

「ダメよ、もう2度もお母さんの中に出したのよ。これ以上すると体に悪いわ。分かってね」

そう子供の要求を拒否しながらパンティーを穿こうとしました。
しかし私に拒否された正志は、今度も力尽くの方法に出たのです。
正志に両肩を押されました。
穿こうとしていたパンティーが足に絡まり、私は簡単に仰向けに押し倒されてしまいました。
私は奇しくも手入れの終わったおまんこを、犯されやすい角度で正志に見せていたのです。
全裸で仰向けで足を拡げ、いつでも受け入れられるような体勢で・・・。

「ダメよ。もうダメと言ったでしょう。お願い」

言うことを聞いてくれるわけがありません。
正志は私を押さえ込むと腰を使い始めたのです。
しかし経験不足がゆえ、ただ腰に力を入れて私のおまんこの周りを闇雲に突くだけです。
私はそんな正志が思わず可哀想になり、要求を受け入れてあげたくなってしまったのです。
どう説明していいのかわからない母性愛でした。
それとも、すでに子供の精液をおまんこに受け入れてしまったがゆえの諦めの気持ちでしょうか。
そして私はこのときも、正志の気持ちを早く鎮めるために、なるべく早く射精に導こうと考えていました。
そして言ってはならない言葉を口に出してしまったのです。

「待って、入れやすいよう体を開くから」

私は仰向けのまま両膝を折り曲げ、正志のペニスが入れやすいように、おまんこを上向きにしました。
私の行為に正志は少し驚いたようでしたが、正志のペニスを握り、おまんこに導き、ペニスの先で閉じている2枚の花弁を拡げ、膣口に誘導しました。
ペニスの亀頭部分が埋まりました。
私はまるでセックスの仕方を教えるように言いました。

「そのまま腰に力を入れて中に入れなさい」

「うん」

返事をした正志の腰に力が入り、ペニスが私のおまんこに埋まっていきました。
私も正志の腰の動きに合わせ、ペニスがおまんこの奥に届くように大きく足を開き、正志の腰に足を絡ませて、おまんこの奥に迎え入れたのです。
もう理性などどこにもなく、自分が何をしようとしているのか、わからなくなっていました。

タイトルとURLをコピーしました