高校を卒業するまで父と兄に犯され続けました

この体験談は約 3 分で読めます。

私が5歳になる頃にママは他界し、パパと8歳年上のお兄ちゃんの3人暮らしでした。
2人とも優しくて、私は寂しくはありませんでした。

私が10歳の誕生日を迎えた日のことです。
その夜、3人で私のバースデーを祝い、ケーキを食べながらのんびりしていました。
するとパパはビールを飲みはじめました。
しばらく1人で飲んでいたパパが突然ビールを私の方に持ってきて、無理やり飲まそうとしてきました。
私は飲みたくなくて抵抗しましたが、パパに無理やり飲まされました。
いつもはこんなことしないのに、初めて見るパパの姿に驚きました。

私はすぐに酔って眠ってしまいました。
どれくらい寝ていたのかわかりませんが、目を覚ますと私は全裸で、白い液体が体中に付いていました。
訳が分からずお兄ちゃんに聞きました。
簡単に言います。
私はお兄ちゃんとパパに犯されたらしいです。

とにかく私は服を着ようと探しましたがどこにもありませんでした。
お兄ちゃんに聞くと、「家にいるときは服を着たらダメ」と言われました。
私は泣きそうになりました。

その後、お風呂でお兄ちゃんに洗ってもらい、裸でリビングに戻りました。
そこにはパパがいて、「聞いた通りだ、家ではもう服を着るな」と。
私は頷くことしか出来ませんでした。
いつもはニコニコのパパが怖い顔で睨んでいたから・・・。

その後、私は布団で寝ました。
朝起きると私の服が置いてあった。

「学校に行くときは着ていけ」

「うん」

「でも帰ってきたらすぐ脱ぐんだぞ」

私は学校にいても元気が出ませんでした。
友達には、「今日は元気ないね」と言われました。
いつも元気な私が静かだから心配してくれたみたいです。

学校が終わり家に帰ると誰もいなかったけど、怖いので裸になりました。
しばらくするとお兄ちゃんが帰ってきました。

「おお、ちゃんと言いつけ通り裸だな」

「パパが怖いから・・・」

お兄ちゃんはズボンとパンツを脱いで、アソコを私の口に近づけてきました。

「じゃあ咥えて」

「え、なんで?」

「昨日やっただろ?」

「覚えてないよ」

「お前が寝てる間に俺と父さんでやったんだよ」

お兄ちゃんはやさしい口調で言いました。
でも私が躊躇していると、無理やり口に押し込まれました。

「そうだよ、上手だね」

「お兄ちゃんはなんでこんなことするの?」

「さ~ね」

お兄ちゃんはあっという間に私の口に射精しました。

「よし、偉かったぞ」

そう言うとお兄ちゃんは冷蔵庫からジュースを出しました。

「ほら、口直し」と言って私にくれました。

その後もお兄ちゃんと過ごしましたが、口数が少なかったです。

夜になってパパが帰ってきました。

「裕也(兄)、どうだった?結衣は?」

「俺が帰ってきた時にはもう脱いでた」

「偉いな~、結衣は。さぁ今日もやるか」

パパは私のアソコにしゃぶりついてきました。
お兄ちゃんも私の胸を舐めたり乳首を摘まんだりしました。
結局、パパとお兄ちゃんに深夜1時過ぎまで犯されました。

翌日、パパもお兄ちゃんも何事もなかったようでした。
私も着替えを取りに行くと、服と一緒にピンク色のものが2つありました。

「これ何?」

「あぁ、それはローターだよ。今日から学校ではこれを付けてろ」

付け方がわからないのでお兄ちゃんに聞きました。
お兄ちゃんは私のアソコを指で開いて、ローターを2つ押し込みました。

「これでいいの?」

「そうだよ」

「これは何をするものなの?」

「じゃあ試してみようか」

お兄ちゃんがスイッチを入れると、ローターが振動しはじめました。

「あぁ~~~何これ~~~」

「これでお前が学校にいる間でもできるぞ。俺と父さんで1台ずつ、今日からそれをつけて学校に行きなさい」

私が学校で友達としゃべってる間でも急に振動しだしたりします。
トイレに行くたびに自分で付け直した。
家に帰るとお兄ちゃんにちゃんと付いてるか調べられました。
その繰り返しでした。

私は今大学生で一人暮らしをしていますが、高校を卒業するまで続きました。
今まで誰にも言わなかったので、これが初めての告白です。

タイトルとURLをコピーしました