親友を家に招いて巨乳の妻とオッパブごっこ

この体験談は約 9 分で読めます。

私(28歳)と妻(27歳)は高校の時からの付き合いで、お互いに初体験の相手なんですが、私の方は大学時代にそれなりに女性と経験もしましたが、たぶん妻はその時まで私以外の男は知らなかったと思います。

妻を抱かせてしまった友人というのは、中学時代に同じサッカー部だった親友で、私が結婚してからもよく家に来て、妻も一緒に飲んだりして、そのまま泊まったりもしていたので妻も気を許していたんだと思います。
女の子みたいな綺麗な顔をしたやつなのでモテると思うのですが、不思議と女っ気がなくて、一時期はマジで、(ゲイか?)と疑ったこともありました。

それまでは本当に何もなかったのですが、その日も3人で飲んでたんですが、私の昇進祝いもあり、3人ともいつもより飲んでかなり酔っていたんだと思います。
珍しく、そいつの口から下ネタが出てきたんです。

そいつは、「この前、会社の先輩にオッパイパブなるものに連れて行かれた」と話し出しました。

凄い巨乳で綺麗な子がついてくれてたまらなかったけど、生殺し状態で高い金を取られたと嘆いていました。

私も調子に乗って、「そんなんだったらウチで金を払えば妻のを見せてやるのに!服の上からだけだけどな(笑)」とか言ってました。

妻はウブなので照れて怒っていましたが、結構、胸に関しては妻も自信があるんだと思います。
妻も酔いが手伝ったのか、「1万円ならいいわよ!」なんて珍しく冗談で切り返しました。
夫婦でふざけていると、そいつが一瞬真顔になり、「じゃあ払うから見せて!」と言ったんです。

(冗談だろ?)

そう思いながらも引っ込みがつかず、「服の上からだぞ」と言って妻をそいつの前に座らせました。
妻も酔っているせいか、少し胸を張るようなポーズをとりました。
その時の妻は胸元が結構開いた白いノースリーブのシャツにタイトな黒のミニスカートという格好で、少し胸の谷間が見えているような感じでした。

そいつは勢いで言ってみたもののバツが悪くなったのか少し慌てていましたが、意を決したように、しかしまだちょっと恥ずかしそうにしながら、妻のシャツの胸の膨らみと、深い胸の谷間を舐めるように見たんです。
そして開き直ったのか、「実は前から奥さんの巨乳が気になってたんだ。何センチくらいあるの?」なんて聞いてきました。
ウブな妻は答えられるはずもなく黙って俯いてしまいました。
親友のいつもとは違ういやらしい視線に妻も居た堪れなくなったのかモジモジしだしたんですが、私は逆にムラムラと欲情してしまい、さらに調子に乗って、「今日は大サービスだ!」と言いながら後ろから妻の胸を揉みしだき、寄せて上げて、さらに胸の谷間を強調しました。

その時の私は、自分の妻を羨ましがられてるという優越感と、その妻の体を、服の上からとはいえ、親友に舐めるように見られているという変な嫉妬と、酔いもかなりあったと思いますが、ありえない興奮状態になっていたんだと思います。
私は服の上からですが、妻の一番敏感な突起部分を的確に指先で捉え、妻のうなじにキスをしながら軽い愛撫をしているような感じになっていました。
そして妻の巨乳は、「91センチのFカップだ!」とバラしてしまいました。
私の言葉に妻はさらに顔を真っ赤にして恥じらっていましたが、実は私も妻も何か変なスイッチが入ってしまったような感じになっていて、周りが見えなくなっていました。
その時、ゴクッとそいつの生唾を飲む音がして、妻がハッとして、「もうダメ!もう終わり!終わりにしよう!」と言いました。
一瞬、妻の言葉に行為が止まりかけましたが、私は妻の言葉を無視して首筋に舌を這わせながら、さらに乳首を刺激して、そいつに見せつけました。

恐らく妻は話題を変えようとしたのでしょう。

「オッパイパブってどんなことするの?」

さらにドツボにはまるような質問を、そいつにしてしまっていました。
そいつは、女の子がトップレスで目の前でオッパイを揺らしたりしてくれる、少しくらいのタッチならOKと答えました。
でも生殺しだったと。

「もう我慢できなくなってきた。奥さんのオッパイ、少しでいいから、服の上からでいいから触りたいけどダメ?ダメならトイレで奥さんのその巨乳を想像しながら1人で抜いてきてもいい?」

親友がそう言いましたが、(妻の胸を他人に触らせるなんてありえない!)と、その時はまだ思っていました。
妻の胸を想像されるのは仕方ないとしても、自宅のトイレでオナニーされるのも嫌です。
なので、そろそろ親友を諌めようと、ほとんど冗談のつもりで私は、「ここでするんならいいよ!」って言たんです。
妻もそれを聞いて、「何言ってるのよ!」と引いていました。

そこで終わりのはずだったんです。
しかし私の考えをよそに、そいつはちょっと悩んでからベルトを外し、ズボンを脱ぎだしたんです。
パンツまでは脱がなかったんですが、逆にテント状態なのが強調されているような感じで、そいつはパンツの上から手を添えて上下に動かしはじめました。
まさか親友がそんな行動に出るとは思っていませんでしたが、私が異常に興奮してるように、そいつも異常に興奮していたんですね。
そいつは、パンツの上からでは我慢できなくなり、パンツの中に手を入れて直接しごきはじめました。
さっきまで引いていたはずの妻も、ありえない目の前の光景を興味津々な感じで凝視していました。
酔っていたこともあるでしょうが、私以外の男のモノを一度見てみたかったのかもしれません。

そいつの行為で再び私も妻も先程の異常な興奮状態に引き戻されてしまいました。
私は妻に、「一度、私以外の男の体に触ってみたら?」と言ってしまいました。
妻も初めて見るであろう男のオナニーに興奮してしまっているのか、拒否もせずに恐る恐るですが手を伸ばし、恥ずかしそうにしながらも親友の胸に触れたんです。
私は妻のその行為に興奮して、妻の胸を今度は鷲掴みにして激しく揉みしだきました。
妻は必死に我慢しているようですが、微かに喘ぎ声を出し始めました。
それでもそいつの胸を触るのは止めず、乳首を撫でていました。
そして無意識なのか、もう一方の手は下にさがっていき、そいつの太ももに触れていました。
私は硬くなったモノを妻の背中に押し付けながら、妻の巨乳をそいつに見せ付けるように揉みしだきました。
そしてとうとう私は、あり得ないシチュエーションと今までにない興奮で我慢できず、妻のブラホックを外してシャツの下からブラを引っ張り出してしまったんです。
シャツは脱がしませんでしたが、白いシャツからは妻の綺麗なピンク色の乳首が透けて見えてしまっていたはずです。

私は下からシャツの中に手を入れ、今度は直接、さらに激しく妻の生乳を揉んでみせ付けていました。
他人には絶対に見せたくないはずなのに、(見られてしまった!)という嫉妬心がたまらない興奮となり、私は妻の乳首をいやらしく撫でたり、摘んだりしていました。
そいつもさっき以上に妻の胸を、私に弄られる乳首を食い入るように凝視していました。
激しく上下されるパンツの中心はドンドン濡れて、染みが広がっていました。

妻も恥ずかしさで顔を真っ赤にしながらも、かなり興奮していたんだと思います。
パンツの染みの部分を見つめながら、そいつの体から手を離しません。
私が激しく揉むのでシャツのボタンがいくつか外れてしまい、さらに妻の胸の谷間が露わになってしまっていました。
私も、もう我慢ができなくなり、ズボンを脱いで、そいつの胸を触っていた妻の手を取り、私の硬くなったモノにパンツの上から触らせました。
その拍子で妻は前のめりになり、そいつの硬くなったモノがテントを張って染みの浮き出た部分が目の前に来るような形になってしまいました。
平たく言えば四つん這いの体勢です。
私が覆い被さるようになって胸を揉みしだき、妻が後ろ手で私のモノを触っているというような感じです。
そいつの太ももを触っていた妻の手が上にずれ、トランクスの下の隙間から指先が入り、袋の辺りに触れてしまったのか、そいつの体がビクッと反応しました。
同時に妻からは、「アッ・・・」というため息が漏れました。

それを合図にしたように、さらに妻の手がそいつのパンツの中に入り、袋を撫でるような動きをしたのを私は見逃しませんでした。
私は嫉妬と興奮の中、妻の興奮を確かめようと妻のスカートのスリットから手を入れてパンティを撫でてみました。
思った通り、そこはグッショリと濡れていました。
私が妻の濡れた部分に触れたことで、妻が感じて前屈みになったため、今度は妻の大きな胸がそいつの太ももに押し付けられるような格好になってしまいました。

「奥さんの胸、柔らかくて気持ちいい・・・」

親友が呟きました。
私は激しく嫉妬して、慌てて妻の体を起こしました。
するとそいつは妻の体が離れた時に、もう我慢できないといった感じで、妻の目の前でパンツを脱ぎ捨て、私のモノしか見たことのない妻に、我慢汁で濡れて硬く反り返った自分のモノを見せ付けました。

「奥さん、見て・・・」

妻は初めて見るであろう私以外の男の勃起したモノに唖然としながらも見入っていました。
異様な空気が流れる中、負けじと私もパンツを脱ぎ、妻は俺のモノだと言わんばかりに妻の手を取り、直接触らせました。
エスカレートしていく行為に妻は少しオロオロしながらも、私のモノをいつものように指を絡めていやらしくしごいてくれました。
私はお返しとばかりに妻を後ろ向きにして、そいつに見えないようにスカートを少し捲り、パンティをずらして妻のアソコを直接弄りました。
妻の濡れたアソコを指でなぞりながら、止まらなくなってきた私は妻の耳元で囁きました。

「どう?俺以外のオチンチン見たのは初めてでしょ?どんな気持ち?」

答えずにイヤイヤと首を振る妻にさらに囁きました。

「アレでどんなことをしてみたい?俺以外のモノを触ったりしてみたい?」

妻はまた首を横に振りました。
その答えに私は満足しながらも妻に意地悪をしたくなりました。

「せっかく、恥ずかしいのに私達の前でオナニーしてくれているんだから、そいつが自分でしごきながらイケるように、ちょっと協力してあげてごらんよ」

私は、どうしていいか分からずに困っている妻から一旦手を離しました。
そしてそいつに、「絶対に手を出すなよ」と言って、私は妻の少し後ろに離れて座り、私に助けを求めるような目を向ける妻に向かって、妻がどんな行動をとるか期待しながら、さっきまで妻がしごいてくれていたモノを自ら握り締めました。
しばらく黙って見ていると、妻は躊躇いながらも、すでにほとんど外れてしまっているシャツのボタンを全て外し、胸を露わにはしませんでしたが、恥ずかしそうに自分で胸を寄せて谷間を見せ付けるように持ち上げると、そいつの顔の寸前まで膝立ちになって近づけました。
見ていてたまりませんでした。
そいつは、しばらくしごくことも忘れ、今にもしゃぶり付きそうな感じで妻の谷間を見ていました。
乳首も完全に透けて見えてしまっているはずです。
妻の後ろにいた私からは、妻の股の間から見え隠れするそいつのモノが、触らないのにピクピクと動き、先っぽから我慢汁が溢れるように出ているのが見えました。
妻の仕草にたまらなくなった私は、妻が次にどうするかを想像して、握り締めたモノを激しくしごき出しました。

その時、「アッ・・・」と妻が微かに喘ぎ声を出しました。

私は、約束を破って、そいつがとうとう妻の胸に触れたのかと思いましたが、よく見ると、妻の胸に近づき過ぎたそいつの荒い息が、妻のシャツから透けている乳首を刺激したようです。
後ろにいる私からは分かりづらくヤキモキしました。

止めようとしない私を妻は気にしながらも、そいつの胸や乳首の辺りを撫でて刺激しました。
そしてもう片方の手で、またそいつの太ももに触れ、ギリギリ袋に触れるか触れないかのところを指先で刺激していました。
私は、妻が私以外の男を指で刺激するのを見ながら、まだそんなに擦ってないのに、先っぽから我慢汁を溢れさせてしまっていました。

そこまでしても止めない私に妻は、自分も私に意地悪をしてやろうと思ったのか予想外の行動に出ました。
とうとう妻は、「オッパイパブでも、こんなことしてくれるの?」と言いながら、なんと人差し指でそいつの裏筋をスーッと撫で上げたんです。
そしてクルッと一回転、カリの周りを撫でたんです。
その時の妻の何とも言えない妖艶な表情は今でも忘れられません。
さらに妻は屈んでそいつのモノに顔を近づけ、さっき自分の乳首にされたようにフーッと息を吹きかけました。

(そんなことまでオッパイパブでするわけないだろ!)

私は心の中で叫びながらも、妻の予想外の行為に今までにないほどチンポを硬くしてしまっていました。

そいつもビクッ!と反応して、今まではじっと妻の行為を見ていただけだったのですが、弾かれたように自分のモノを握り締め、再び激しく上下にしごき始めました。
私は興奮が頂点に達してしまって、今にも妻がそいつのモノをしごき出したり、舐めたりしてしまうんじゃないかと妄想してしまいました。
私は妻を自分の方に向かせると、無理やり犯すように、妻の口に自分のモノをねじ込んでしまいました。
そして荒々しく腰を振ってしまったんです。
妻はビックリしたようでしたが、妻も自分の行為に興奮してしまっていたんでしょう、いつものように指を絡め、舌を這わせてきました。

しばらく私は妻のフェラを親友に見せ付けるように堪能していましたが、ふと見ると、そいつが妻の手を取り、自分のモノに触らせようとしていました。
妻は手を引いて抵抗していましたが、とうとう握らされてしまいました。
最初はそいつの手に押さえられた状態でしたが、やがてそいつが手を離しても握ったままになり、ついにしごき出してしまったんです!
妻は興奮しまくっているようで、しごくスピードが上がると私へのフェラも激しくいやらしくなっていくように感じました。
私も妻の行為に興奮して、しゃぶらせながら妻の胸を揉みしだきました。

ついに私は我慢出来なくなって妻のシャツを脱がせてしまいました。
とうとう妻の自慢の巨乳を、私以外の男の前に曝け出させてしまったんです。
興奮の絶頂で妻の胸の谷間に顔を埋め、曝け出されたピンク色の乳首にむしゃぶり付きました。
そして妻に、「いつものようにパイズリしてくれ!」と言いました。

妻は親友の視線を気にしながらも、その胸の谷間で、我慢汁でヌルヌルになっている私のモノをいやらしく包み込んでくれました。
人に見られて興奮しているのか、いつにも増して、いやらしく谷間に挟み、激しく揺すります。
私はたまらなくなって、妻を押し倒して馬乗りになると、仰向けの妻に跨がった状態でパイズリさせて、大量の精液を妻の巨乳にぶちまけました。

タイトルとURLをコピーしました