寝ている女の子に挿入する快感が忘れられなくて

この体験談は約 4 分で読めます。

うちに女友達が遊びに来てたのよ。
俺はそいつが好きだったし、そいつも俺に気があるんじゃねえかなって思ってた。
2人で酒を飲み、かなり酔っ払ったので知らない間に寝てた。

気が付いたらそいつは俺のベッドで寝てて、俺は床に寝てた。
夏だったので薄手のスカートに生足だったから太ももがやらしく見えてさ。
スカートを捲ったら薄い色合いのパンツが見えて、それにちょっと興奮しちゃってね。
パンツをずらして指に唾を付けて入れてみたんだ。
意外にきつかったけど、無理やりやったら起きそうだから、そ~っとね。
ズブズブと奥まで入ったらかなりボルテージは上がってさ。
指先に感じる膣の温かさが俺を興奮させて、何回も入れたり出したりしてたら意外にも濡れてきた。
俺さ、眠ってる女は濡れないもんだと思ってたからびっくりしたよ。

指を出し入れしながら、俺はどうしても生乳を見たかったんだ。
その子は小柄ながら結構巨乳でさ。
後で聞いたらFカップあるんだと。
でも上手く説明できないんだけど、その子が着てた服が、脱がしにくいし、捲りにくい。
だから服の上から揉むのが精一杯だったよ。

で、ふと『挿入』の二文字が頭をよぎったんだ。
でも、俺はかなりビビリながら手マンしてたし・・・そこまでやったら起きた時に隠せないかなって思ったんだ。
まだパンツは脱がしてないし、起きても隠せるかなって、その時は思ってた。

でも悪戯心が働いて、(先っぽだけなら・・・)ってズボンを脱いだんだ。
かなりギンギンになってたし、鼓動がやけに自分の中で高くなってた。
口の中も乾きまくりだし、手も汗ビッショリだった。

パンツを脱がして起きちゃったら終わりなので、そのまま横にずらして挿入を試みた。
だけど、足を開こうにもなかなか上手くいかない。
寝てるから足がクソ重くて。
その間に何回かは動いてるのよ、彼女。
凄いドギマギしながら様子見で戻してみたりして。
しばらく経ってまたチャレンジって感じ。

何回目かのとき、その子の両足を俺の両肩にかけてみた。
いけそうなので少しその体勢でキープして、頃合いを見て先っぽだけ入れてみた。
まだ愛液と唾液で濡れていたのでヌルっとした感じで気持ちよすぎた。
そこで我慢できる奴なんかいるのかな?
少しずつ少しずつ奥へ動かしてみた。
体の中に指よりも大きなモノが入るんだから、相当ゆっくりじゃないと起きるだろって思ったから、かなりゆっくりだけど奥まで入れてみたんだ。
奥まで入りきった時に俺の精神状態はかなりテンパってて、もうバレてもいいやって思って動き始めたんだ。
気持ちよさは普通のセックスの何倍も上。
尋常じゃないテンションで出し入れしてた。
もちろん相手は寝たままだから、反応もないし、じっとしたまま。
俺も体勢を変えずに、腰だけ動かすって感じで続けてた。
あ、コンドームなんてものは用意してないから、もちろん生ね。
だから中の温かさが凄い伝わってきて。
俺の押し殺した息と出し入れのぐちゅぐちゅって音だけが部屋の中に響いてた。
ベッドがギシギシ言ってたらまた違ったのかも知れないけど、幸いにも俺のベッドはあんまり音はしなかった。
ちょっと色気を出してみて、肩に乗せていた足を下ろしてM字にして突いたり、相手の膝と膝を合わせた状態で突いたりしてた。

あ、今さらだけど相手のスペックを。
年は、当時ハタチ。
身長158センチ、体重は52キロってとこかな。
服装は裏原系で、顔はモデルの田中美保が一番近いかな。
関係としては俺の女友達の妹で、姉ちゃんと遊んでるうちに妹の方と仲良くなったってところ。
さっきも書いたけど、胸がデカいってのが第一印象。
ロリ顔になるのかな。

で、かなりヤバイことをしてるのは分かってるし、好きだったけどまだ告白もしてないし、バレたら関係が壊れるのは分かってた。
でも体験したことのない快感に理性なんてすっ飛んでたんだ。
酒に酔ってたってのもあって、普段は慎重派の俺がそんな大胆なことをしてしまったことには自分でも驚いている。

時々ね、か細い声で「フゥン」とか「ん」とか言うから余計に興奮してさ。
普段は俺に対しては下系の話とか言わないし、俺もその子にはしなかったんだ。
姉からは下系のネタは全然ダメだって聞いてたし。

(そんな子に今、俺は凄いことしてる!)って思いながら続けてたよ。

ここまでやっても全然起きなかったから、俺はさらに調子に乗って突きまくった。
普通のセックスくらいの速さで。
腰を掴んで、何回も何回も打ち付けたよ。
その間、相変わらずぐちゅぐちゅって音だけが鳴ってて。
向こうは完全にダッチワイフ状態だから、とにかく足が重くてさ。

そうこうしてるうちに俺にも限界が来た。
こうなりゃイクまでやらないとって思って、バレるのを覚悟で腰を振った。
寝てるから締りが悪いのかなと思ったけど、結局最後までいい感じに締まってた。
で、(どこで出すか?)って考えた時、最初に浮かんだのが中出し。
フィナーレとしては最高でしょ?
でも、さすがに俺もそれは無理だった。
妊娠したら最悪だもんな。

次に浮かんだのが顔射。
これもマズい。
起きるだろって思ったんだ。
結局、太ももが無難だなって思って、ギリギリまで腰を振って太ももに出した。
マジでかなりの量が出た。
寝ている、彼女でもない子を犯してイッたんだから。
凄い興奮状態。
しばらく体が動かなかったくらい。

終わった後もその子は寝ていた。
酒を飲んでたから眠りが深かったみたい。
太ももにかかった精子を軽く拭き取り、俺は元いた床に戻って寝た。
寝る前に何回かキスをしてね。

次の日、その子に特に変わった感じはなかった。
普通に、「いつの間にか寝ちゃったね」って言ってたし。

しばらくして俺はその子に告白して付き合うことになった。
で、罪悪感もあって、酒を飲んでる時に酔った勢いであの日のことを話したんだ。
そしたらマジで怒られてさ。

「もう一度同じことしたら一生エッチしないからね!」って・・・。

しばらくエッチもダメだったし。

だからあの日は絶対に起きてなかったと思う。
そして俺はあの日の快感が忘れられなかった。
だって、間違いなく普通のセックスより興奮したから。
長々と聞いてくれてありがとう。

タイトルとURLをコピーしました