極上のワインのような深みがある母の体

この体験談は約 4 分で読めます。

私は30歳。
独身で、ある百貨店の宣伝部に勤めています。

母は55歳。
父とは5年前に死別して、田舎で陶芸をやりながら一人暮らしをしています。

今年の春、うちの百貨店で新作陶芸展の催しを企画したとき、部長にお願いして母のブースをひとつ用意してもらいました。
母にとっては初めての大きな展示会なので、とても喜んでくれました。

3日間の展示会も無事に終わって母が帰る日、売約がつかなかった作品を私の車に積んで送っていくことにしました。
店が閉まってからの搬出作業なので出発がずいぶん遅くなってしまい、2時間ほど走ったところでホテルに泊まることにしました。
深夜に泊まれるホテルといえば、ラブホしかありません。
いくら母とはいえ、豊満なオッパイの熟女とひとつのベッドに寝るのですから、想像しただけでも股間が熱くなってきました。

しばらく走っていると、国道から少し入ったところにネオンが点いているラブホを発見して、うまくそこに入ることができました。
まず私が先に風呂に入り、私が出た後、続けて母が入りました。
ベッドルームからは透明のガラス越しに入浴中の母の裸が丸見えでした。
部屋の明るさをコントローラーで薄暗くして、ベッドに寝転びながら母の裸をしっかりと観察しているとまた勃起してきました。
しばらくすると母は白いバスローブを着て、薄暗いベッドルームにそっと入ってきました。

「大きなベッドね・・・」

そう言いながら私の横に入ってきました。
私は母をエッチな気分にさせるためにAVを見せようと思いました。

「ビデオ見る?」

「・・・」

母はこくりと頷きました。
私はベッドに母と並んで寝たまま、リモコンでビデオのスイッチを入れました。
大きな画面に映し出されたビデオは、熟年女性が若い男にナンパされてホテルで絡み合うというごく普通の内容でしたが、今までAVなど見たことがない母はかなり衝撃を受けたようでした。
画面にじっと見入ったまま、次第に呼吸が荒くなって肩で息をするようになってきました。

「凄いねぇ・・・このビデオ・・・」

その声が妙に上擦っていて、かなり興奮していることが分かりました。
熟女が若い男にフェラチオをする場面になったとき、それを見入っている母に言ってみました。

「あんなのしてくれる?」

「・・・」

まったく返事をしない母の手をそっと握って、耳元でもう一度囁いてみました。

「ねぇ・・・あんなのしてくれる?」

そう言いながら母の手を取り、体を引き寄せ、母に甘えるように首や耳にキスをしました。
母は甘えてくる私の要求を仕方なく受け入れるように私のバスローブを脱がせ、ブリーフを下ろして勃起したペニスを出すと、それをしゃぶりはじめました。
私はしばらく母にフェラチオをさせながら、ビデオの男性がクンニをする場面になるのを待っていました。
ビデオでクンニが始まりました。

「ねぇ、ビデオみたいに母さんのオマンコを舐めさせて」

母の耳元で囁いてみました。
母は俯いて頷くと、自分でショーツを脱いで仰向けになりました。
私は母の股間に顔を近づけ、足を少し開かせると母のオマンコに口をつけ、甘い味がする母のオマンコを舐め続けました。
やはりクリトリスが感じるようで、そこを舐めると体を震わせ、声を漏らしていました。
ビデオの熟女の大きな喘ぎ声を聞きながら母のオマンコを舐め続けていると、母が私の頭に手を伸ばしてきました。

「母さんのこと・・・好きにしていいよ・・・」

「じゃあ後ろ・・・」

母はベッドに四つん這いになり、私にお尻を向けました。
私は四つん這いの母の足を少し広げさせて、後ろからオマンコに指を入れたり、クリトリスを揉んだりして、母のオマンコを弄びました。

「コンドーム・・・したほうがいい?」

母は黙って首を横に振って、さらにお尻を持ち上げて、自ら息子のペニスに貫かれる姿勢をとりました。
私が後ろから母のオマンコにズズーとペニスを挿入していくと、母の切ない声が返ってきました。
私は溜っているものを全て吐き出すように、母が壊れそうなほどピストンを打ちました。
ピストンを打ち続ける音だけがパンパンパンと部屋に響いていました。
後ろから母に繋がったままで耳元で囁きました。

「今度は前から・・・」

母をベッドに仰向けに寝かせると、ペニスを掴んで母のオマンコに宛てがい、今度は前からの感触を味わうように深々と挿入しました。

「あ~・・・」

母の切ない声がまた聞こえました。
私がピストンをはじめると、母も私に貫かれたまま腰をグラインドしはじめました。
感じてしまっている母は目を閉じて下半身をグイグイと動かしながら、時折悩ましい喘ぎ声を漏らしていました。
ピストンしながら片手で母の乳房を揉んだりしていると、射精が近づいてきました。

「中に出すよ!・・・イク・・・」

母は両手で私の背中を掴み、両足は私のお尻に絡ませて、私を奥深くに引き込みました。
私はついに絶頂を迎え、一気に母の体内に精液を放ちました。
母は大きな悦びを迎えているらしく、「あっあっあっ・・・あ~あ・・・」という喘ぎ声とともに顔を振って、舌を絡めるようにキスをしてきました。
母の下半身は別の生き物のように私のペニスを飲み込むように蠢いていました。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

私も母もしばらく激しい呼吸が収まりませんでした。
ペニスを抜くと、母のオマンコはパックリと開いて精液が流れ出ていました。

「母さん・・・気持ちよかった?」

力が抜けたようにグッタリしている母を抱き寄せ、唇を重ねました。
その夜はもう一度、色々と体位を変えて快楽を貪り合いました。

母の体は極上のワインのような深みがあって、回数を重ねれば重ねるほど嵌ってしまっています。
母の体が女として反応する限り、この禁断の性行為を止めることはできません。

タイトルとURLをコピーしました