恥ずかしい不倫写真で脅されて

この体験談は約 6 分で読めます。

『これ、あなたですよね?』
『家族にバレたら大変なことになりますね』
『内緒にしてあげてもいいんですよ?こちらの条件を呑んでくれれば』

差出人:不明。
添付:写真2枚。

たった一度の過ち・・・、あの時、全てが終わったと思いました。

今から3年前、私は1人息子の友達の父と不倫関係にありました。
PTA行事で知り合い、「打ち合わせをしませんか?」と誘われてホイホイついて行ったのが始まりでした。

5人ほどで居酒屋に入り、酒を飲みながらアイデアを出し合っていたんです。
いつしか話は、仕事や家族のことに。
普段のストレスを晴らすように語り出していました。
酒は進み、私もヘロヘロになった頃、1人の男性に、「送って行きますよ」と声を掛けられたんです。
1人では歩けそうもなく、彼の車で送ってもらうことにしました。

ちょっと眠ったようで、気づいた時にはベッドの上でした。
いきなり彼は私を抱き締めてきたんです。

「奥さん、好きです。前から気に入っていたんです」

「駄目よ、私には夫も子供もいるし!」

「でも、忘れられないよ!あなたが素敵過ぎるんだ」

お酒の勢いと、旦那との擦れ違いに、思わず彼を受け止めてしまったんです。
彼に抱かれ、久々に女を感じさせられました。

胸が大きい(Fカップです)ことが一番かも知れませんが、私の体は男性にはムラムラ来るらしく、街の中でも体をジロジロと見られることが多いんです。
自慢ではありませんが、子供が出来てからも数人の男性にナンパされたことがありました。
それに比べ夫は、子供が出来てからは私のことを母親としか見てくれず、もう女性ではなくなっていました。
夜の夫婦の営みも激減して、今では半年に1回程度だったんです。
そんな私を彼は求めてくれたんです。
(今思えば体が目当てだったんですが・・・)

2週間に1度くらい開かれる会合が終わると、彼は必ず私を誘ってくれました。
行き先は決まってラブホテル。
初めは優しかった彼も、会う回数が増えにつれてだんだん荒々しくなり、いつしか命令口調になっていました。
彼はドSだったんです。
私が気づいた時には公園で野外セックスを強要されていました。
このままでは家族にバレると思い、彼のもとを離れました。
その後も何度か彼からやり直して欲しいとのメールが来ましたが、キッパリ断ると彼も諦めてくれました。
PTAの役員の任期を終え、その後、彼と会うこともなくなったんです。
全て終わったとホッと一息ついていました。

家族は全く気付く様子もなく、平凡な毎日を送って3年が経ちました。
子供は中学2年(14歳)、夫42歳、私34歳。
夫の収入で十分だったので、私は専業主婦です。
家のローンも夫の両親がほとんど払ってくれたので借金はありません。
子供も成績優秀で何不自由のない生活・・・夜の営みを除けば。

それが、1通の封筒で全てが変わったんです。
ある日、差出人のない茶封筒が入っていました。
宛先は私でした。
リビングに戻り中身を確認すると1枚の手紙・・・。
驚きました。
一緒に入っていた写真は3年前の浮気現場。
しかも公園で全裸でバックから挿されている決定的な写真です。
もう1枚もホテルに入る所でした。

(誰にもバレていなかったはずなのに・・・なぜ?彼?)

写真は2人一緒に写っていますから、彼のはずがありません。
私は封筒を部屋のクローゼットに隠し、それから数日が経過しました。
メールの着信音。
見ると差出人の名前がない?

(誰?)

『手紙見ました?奥さん、ご家族に黙って凄いことしているんですね。淫乱、露出、ドM・・・、俺、好きですよ。今度は俺の娼婦になって下さいね。ご家族には黙っていますから俺の指示に従って下さいよ。じゃないと写真を旦那に送りますから。そうそう!ネットに流せば、多くのマニアが奥さんに集結しますよ。写真、送りますね』

添付ファイルには、車内キスシーンと公園で彼のチンポを全裸でしゃぶっている所の写真が。
顔から火が出そうになると同時に震えが止まりませんでした。
急いで返信を送ると・・・。

『待っていましたよ。奥さん、エッチな身体していますよね。SM向きな身体ですから、縛ってあげたくなるな~。アナルって知ってます?まだ使ったことはないですよね?俺が奥さんのアナルバージンを頂きますね』

すぐに返信しました。

『変ななこと言わないで。警察に言いますよ』

『いいですよ!困るのはあなたですけどね!ネットにばら撒きますから、写真も動画も』

(動画って!?嘘でしょ!)

震える手で彼に返信を送りました。

『何が目的?どうすればいいの?』

『目的は・・・あなたを俺だけの娼婦にすること。指示した時間と場所で、命令されたことをすればいいだけ。旦那と子供には影響ないように指示しますから』

翌日、夫と子供が出かけると、間もなくメールの着信。

『みんな、出かけた時間かな?まずは着替えてくれる?ワンピースがいかな?確か、薄緑のワンピースがあったよね?それを着て、中には何も着ないで◯◯駅まで来て』

『そんな格好で行けるわけないでしょ』

『じゃあ交渉不成立!写真を旦那に送りますね』

『待って!・・・分かったから送らないで』

彼に指示された格好で外に出ると股がスースーします。
周りの人に見られている感覚に襲われ、思わず顔が赤らんで・・・。
胸が大きいこともあり、完全に乳首が起ってることもバレてしまいそうでした。
カーディガンの着用を許されたのは救いだけど、時おり吹く風が裾を捲り、その度にハラハラする。
数人の男性とすれ違うたびに興奮する私がいました。
恥ずかしいはずなのに、股間が濡れるのが分かりました。
外でのセックスを経験してから、ちょっと露出の味を覚えてしまったのかも。

そんな事を考えながら、指定された駅の改札口に着いた。
5分が経過した頃、メールが鳴る。

『駅のホームの長椅子で大股開いてアソコを見せろ。この時間は人気も少ないし、向かい側はマンションだ!誰も見ていない』

抵抗しても無駄だと思われました。
渋々ホームへ向かうと、誰もいない長椅子を見つけ、恐る恐る股を開きました。
濡れたアソコが風で冷やされます。
思わず顔を隠したくなりますが、変に思われるから我慢したんです。
すると、またメールが鳴りました。

『東側の障害者トイレで10分間、オナニーをしろ。終わったら、便器裏に付いている物を装着して駅ビルに行け。見ていないと思って手を抜けば、写真をバラまく』

トイレに向かうと、彼の指示通り、指を穴の中に入れました。
我慢していたせいか凄く気持ちが良くて、10分を経過する頃にはイッてしまったんです。

便器の裏にはガムテープでローターが貼られていて、『アナルに入れろ!』と書かれていました。
前の汁でアナルを濡らし、押し込んでみるとズルズルと中に入っていき、線だけが残りました。
リモコン部を太腿に備え付け、ビニールテープで固定して服を戻すと、隣の駅ビルに入りました。
入り口付近をウロウロしていると、激しい刺激が下半身を襲ったんです。
いきなりアナルに入ったローターが勢いよく動き出したから・・・。
あまりの刺激にしゃがみ込んでしまいたくなりましたが、しゃがむと前から中が見えてしまいます。
平静を装うのが辛かったです。

(店内のどこかに彼がいる?)

でも、わかりませんでした。
探している間も、ローターのスイッチが入っては止まり、入っては止まりの連続。
だんだんゾクゾクしてきました。
自分が変態なんだと思い知らされました。
かれこれ30分もの間、彼のローター攻めにすっかり前の汁が溢れ、太股を伝っているのが分かりました。
メールが鳴ります。

『凄い乱れ様だったね。トイレでイクなんて!変態、淫乱。僕が誰か気づいたかな?ローターアナルに入れているの?今日はもうお終い。帰って洗って道具を保管しておくように』

メールには添付写真が付けられていて、ホームで開脚している股間のアップ写真と、トイレでオナニーしている姿が撮られていました。

(なぜ?どうやって?)

私はお尻に道具を入れたまま小走りで家に戻り、シャワーを浴びました。
線を引くと、穴が閉まって上手くローターが抜けません。
ちょっと力みながら引っ張り出したんです。
恥じらいとプライドをズタズタにされた気分でした。

こうして平日の昼間に彼からの指示が来て、公園・駅・映画館と色々な場所で露出まがいなことを繰り返されましたが、彼が姿を現すことはなかったんです。
彼から送られてくる卑猥な写真は増え続け、目を覆いたくなるようでした。
同時にアナルへの道具攻めは続き、いつしか朝には浣腸液で排出して綺麗にするようになっていました。
アナル用の道具も日に日に大きくなり、何だか広がったように思えます。

2ヶ月が過ぎました。
一体いつまで続くのか、不安な毎日・・・。
ついに彼が動き出したんです。

『そろそろ我慢の限界です。あなたを抱きたくて息子もギンギンです。今こそ、結合する時ですよね。僕からのプレゼントを受け取って』

そのメールが届いて間もなく宅急便が届きました。
宛先は私。
中を開けると、洋服と下着がいくつも入っていました。
どれも派手でエッチな物ばかり。

『君はこれから、これを着て僕と会うんだ。きっと似合うよ。1枚目の服に1枚目の下着姿で、公園の奥にある民家の入り口においで』

それはOL風の制服でした。
でも、スカートはやたら短くピチピチしていて、胸のボタンは弾け飛びそう。
下着もスケスケで、穿いている意味がないくらい・・・。

恥ずかしかったんですが、それを着て、彼の指示通り公園へ向かったんです。
奥に行くにつれて人気がなくなり、木々が多く茂っています。
やがて旧家の裏門が見えてきました。

(ここなの?)

そう思いながら扉を押すと開きました。
中は広く、きちんと整えられた日本庭園でした。
ゆっくり中に進んだ時です。
後ろから羽交い絞めされ、ズルズルと奥に連れて行かれました。
大きな屋敷の裏手にある別邸でしょうか。

「奥さん、ようやく会えたね」

聞き覚えのない男の声がして、私は震えました。