年下の女子大生と嵐のような初体験

この体験談は約 8 分で読めます。

大学に入っても童貞だった俺。
下宿も4畳1間のフロなし共同トイレで、このままじゃ大学生活もお先真っ暗。
そんな暮らしが2年以上続き、大学も専門科目がほとんどになったので、空き時間も出てきてバイトが多くなった頃。
もうやらずの20歳も通り過ぎて、正直諦めていたのだが。
バイト先に同じ国立大学の学部違いの1年のK美が入ってきた。
シフトが重なることも多かったので、なんとなく話もするように。
目がぱっちりして耳が特徴的で、黒いロングの髪をポニーテールにしてた。
スタイルはフツーぽいけど可愛い。
なので、もちろん目の前にいればドキドキするが、どうせ根暗な俺には関係ない話だと思っていた。
まあ初対面の夜からオカズにはさせてもらったけどね。

ところが、共通のオンラインゲームの話で盛り上がり、結構インドア派でオタクな性格だと知った。
まあ理系女子なんて割りとそんなもんかも知れない。
バイト以外でもゲームの中でもパートナーを組んだりしているうちに、だんだん意気投合してきた。
それでもまだ、所詮それまでの関係だと思ってて、バイト先で目に焼き付けたK美の姿や、ゲーム中のK美のキャラのコスチューム姿とかをオカズにしていた程度だった。

ところがそのうち、バイト中でもK美が擦り寄ってきたり、妙に誘うようなことを言ってくるようになった。
そしてとうとう、「Y朗(俺)の部屋で一緒に遊びたい」とか言い出して、「散らかってるからダメ」って断ったけど、なんだか強引について来た。

「わー、散らかってるねー」とか言って片付けてくれたりして。

それから一緒にゲームをしてたけど、だんだん距離が近くなって、俺の腕に自分の腕を絡めて擦り寄ってきて、そんなに大きくなさそうな胸でも二の腕にピタっと当たればムラムラするもんで。
とうとう童貞ながら我慢できなくなった。
だって、最近オカズにしている女の子が体温を感じられる距離にいるんだから当然だ。
とうとうガバっと掴んで強引にキスしてしまった。
K美は一瞬ひるんだが、すぐにもう一度目を閉じて、こちらにおねだりする仕草。
それじゃあと、分からないなりに肩を掴んで唇を合わせたが、慌てたので歯がぶつかってガチって鳴った。
K美がプッと笑って、「下手だね」と冗談めかして言った。
こっちは恥ずかしくて思わず、「慣れてないから」と言ってしまった。

少し黙っていると、「続き、していいよ」と言うとK美は目を閉じた。
俺はなぜか、「ごめんね」って言ってからK美を軽く押して仰向けにさせると、その上に体を被せて再びキスをした。
自然に胸に手を伸ばして服の上から触った。
ブラの感触の下に小さめだけど硬い膨らみを感じた。
ポニーテールの黒髪が頭の横にハラリと広がり、可愛いピンクの唇が俺の唇と合わさっていた。
K美にはまだ、俺の中心部がすでに硬直してきていることは悟られていなかった。

K美の服と上着の下に手を入れて上にずらすと、白いブラが露わになった。
もう我慢できないモードの俺はそのままブラも上にずり上げると、大きくないけど可愛い膨らみがプリンと現れ、その中心にピンク色の乳首があった。
子供の頃に見た母親の以外で見たのは初めてで、こっちの方がはるかに可愛かった。
思わずむしゃぶりついて舌先で転がしてみた。
意外と本能でできるもんだと思った。
K美が可愛い声で喘ぎ始めたけど拒絶はしなかった。

次に、膝下まであったスカートを捲り上げると、可愛い飾りのある白の下着が出てきた。
でもその下を早く見たくて、それに手を掛けるとK美がお尻を浮かせて協力してくれた。
思いきり膝まで引き下げると、そこには黒い茂みがあって、中がよく見えなかった。
両手を使って急いで茂みをかき分けると、1本のスジがあった。
AVで見たことのあるようなビラビラが捲れあがったような状態ではなかったので、少女の可愛いさを残してると感じて嬉しかった。

俺のはすでにパンツの中でフルになって、汁も出ていた。
とにかく早く入れたくて、急いで服を脱ぎ、ズボンを下ろし、下着も脱ぎ捨てて一気に裸になった。
ブルン!と飛び出した俺のをK美が見つめて、「すごいね」と言った。
他人の臨戦状態なんてAVでしか見たことがないから比較できないけど、K美の幾人かの経験の中では大きいのだろうと思った。

「私のもちゃんと脱がせて」

K美に言われて我に返り、K美の服とスカートと下着を脱がせて裸にさせた。
落ち着いて鑑賞している余裕もなくてきちんと覚えてないけど、背も低くて顔も小さいK美にはちょうどよいプロポーションだったと思う。
若い女の子の裸なんて見たことなかったら、ちょうどよく膨らみ、ちゃんとくびれもあり、お尻にも張りがあり、その肉体の中心の花園に今から自分の分身を突き立てて男になれるなんて最高だと思った。

万が一を思って買っておいたコンドームを引き出しから取り出し(予行演習済)、自分の分身に被せると、K美の上に体を重ねた。
K美は拒否することもなく、足を広げて手を伸ばして受け入れてくれた。
もう一度キスをしてから体を合わせ、狙いを定めて腰を下ろしてみた。

スルン!

上に抜けた。

(あれ?ここじゃない?もう少し下?よいしょ)

スルン!

(あれ、今度は下に行っちゃった・・・。おや、よいしょ・・・)

何度か失敗したら、K美が目を開けた。
焦っている俺の顔をじっと見つめてた。

「Y朗、初めて?」

できれば黙って童貞卒業したかったけど、無理だと悟った。

「ごめん、そうなんだ」

恥ずかしかったが告白した。

「なんだー、そうかー」

K美は笑って俺を横にどかすと、一度起き上がった。

「言ってくれたらいいのに。どうりでいつまでも距離感があると思ったー」

笑われて、ちょっとムッとした。

「しょうがないじゃん・・・」

「Y朗、そんなブサイクでもないし、頭はいいんだから、もっと自分に自信持ったらいいよ」

ちょっと嬉しかった。

「じゃ、もう1回」

K美が下になって、足を開いて俺を誘った。
ところが今の恥ずかしさから、俺の分身が通常に戻ってしまってて、せっかくつけたゴムが外れそうだった。

「緊張しなくていいよ。んー、それ外して。もうすぐ生理で今日は大丈夫のはずだから」

よく分からんが、「いい」と言うからにはいいのだろう。
とにかく嬉しかった。
K美の足の間に体を入れ、上になって唇を合わせ、お互いに舌を絡ませるのが少し上手くできるようになった。
しばらくお互いの唾液を交換し、K美の胸を片手で順番に揉み、体をずらして唇と舌で突起を転がしてるうちに、また硬くなった。

「入れていいよ」

K美が言ってくれたので、もう一度腰を落としてみた。
棒の先で探していると、K美が手を下に伸ばして俺のを握って、自分の入り口に合わせてくれた。
なんか先っちょに温かい、じめっとした感触があった。

「ここだよ」

そう言われて初めて、自分の勘違いに気がついた。
AVで分かっているつもりだったけど、意外と下だったのだと。
腰を落とすというか、K美の体の方に上げるというか、そんな感じで進めるていると、なんか温かいニュルっとしたものが俺の棒の周りにまとわりついて、ギュっと締めてきた。

(気持ちいい!)

自分の手とは全然違う感じだった。
早く奥まで入れたくて一気に進めると、あっという間に最後まで入った。
K美はそんな俺の様子を下から見ていて、奥まで入った瞬間に、「おめでとう」って言ってくれた。
そして俺の棒を包むK美の肉壁が、ギューと締まった。
その瞬間、俺の頭で電気が走って、棒がグイグイっと最大限に硬くなり、俺は力が入らなくなり、「あ!」と情けない声を上げると、K美に体重を預けてしがみつくような体勢になった。
俺の分身はK美の奥深くでビクッビクッビクッと何度も脈動し、体の奥から発射された液体が何度も何度も迸り続けた。
そのままどうすることもできず、しばらく分身の脈動が続いた。
全身から汗がカッと湧き出し、特に尻や股の間からは流れ出しそうだった。

気がつくと俺は、K美にしがみついたままぐったりしていた。
ふと我に返り、慌てて体を起こしてK美を自由にした。
横にあったティッシュで自分の分身を何度も拭いた。
普通の状態ではないけど、やや硬さが残ってる感じで、白や透明の2人分の液体でぐちゃぐちゃだった。
K美も自分の足の間にティッシュを当てて拭いていた。
急に恥ずかしくなって、「ごめん、すぐに出しちゃった」と言ったら、「大丈夫だよ、気持ちよかったよ」と言ってくれた。
さすがに動いてもいないのにそれはないだろうと思った。
俺が自信をなくさないように、褒めてくれてるのだろうと。
K美は2歳も年下なのに、完全に主導権が逆転していた。

お互いに裸で愛撫しあったりしていると、すぐに復活してきた。
そこでもう一度、K美が全身を見せてくれながら、女の子はどんな所が気持ちいいか、どうしたら気持ちいいかを、色々と伝授してくれた。
K美は足を開いて自分の指でアソコを広げると、詳しく説明してくれた。

「口でしてみて」

初めてアソコに口をつけてみた。
さっきの2人分の液体の匂いもあったけど、そんなに気にならなかった。
突起や穴や襞の内側とかを、唇や指で気持ちよくさせる方法を学んだ。

そしてK美に覆いかぶさって、もう一度挿入した。
今度はすぐにわかった。
そして何度も動かすこともできて、K美の中を堪能することができた。
K美は、「大きい!硬い!」と褒めてくれた。

ちょっと意地悪な気持ちが出てきて、「今まで何人としたの?」と聞くと、K美は少し考えて、「Y朗が3人目だよ。一番大きいよ!」と言ってくれた。

嬉しくなって、俺は一生懸命動いた。
K美の中に包まれる、窮屈な感触が気持ちよかった。
そうやって全部で2~3分ぐらいは動いたのかな。
限界が来て、ギュッと奥に押し込んで爆発を迎えた。
また何度も律動があり、最後にがっくりと果てた。

3回目はバックを試してみたくなったのでリクエストした。
K美はすぐに応じてくれて、ワンワンスタイルになってお尻をこっちに向けてきた。
お尻の穴が丸見えだったけど、それも可愛いと感じた。
K美の尻に自分の中心を合わせ、手で持って狙いを定めて挿入した。
バック好きな男が多い理由がすぐにわかった。
2人の組み合わさる部分が先程とは逆になって、ものすごく狭い感じと、K美の尻に自分の棒が突き刺さっていくビジュアルがものすごかった。

ドンドンドン!と奥に突き当たる感触もあった。
きっとK美の一番奥まで当たっているのだと思った。
さっきより強い感覚で、3回目なのに、あっという間の限界だった。
K美の奥に自分の棒をズン!と突き当てると、K美の背中に被さったまま最後を迎えた。
すでに沢山出しているはずなのに、まだまだK美の中に放出する感覚だった。
途中で2人とも力尽きて、うつ伏せの体勢で折り重なっていたが、そのまま俺はK美の中に発射していた。

4回目はK美が上になる番だった。
耳たぶや首や乳首や脇の下など、男の気持ちのいいところを教えてもらっているうちにまた俺が復活したので、K美が俺の上に跨がった。
片手で俺のを握って狙いを合わせると、上からストン!と一気に飲み込んだ。
あっという間にK美に包まれたかと思うと、K美が前後に腰を揺らして俺の棒をグチャグチャにした。
K美は体が小さいので、きっとあっちの方も狭くて小さいのだと思う。
K美の中のコリコリした所に自分の先端が飲み込まれているように感じた。
K美が「あん、あん」と声を上げながら腰を揺らし、俺の棒を自分の気持ちいい所に当ててくれた。
俺はK美の小さめのおっぱいがプルプルと揺れているのを眺めていた。
やがて一度止まると「あーん」と声を出し、俺を包むK美の周りのものがギューってなった。
どうやらイッたみたいだった。

しばらくして「フー」と声を上げたので、「イッたの?」って聞くと「うん」と言って、今度は尻を上下させて出し入れし始めた。

「大きい!硬い!長い!」と小さく言いながら出し入れしてくれるので俺も嬉しくなって、K美の尻を持って上下させたり揺らしたりして気持ちよくさせようと頑張った。
俺に限界が来たので「もう無理かも」と伝えると、K美が俺の上に覆い被さって前後に擦りつけながら、アソコをぎゅっと締めてきた。

「イッていいよ」

耳元で囁かれたら、我慢なんてできなかった。
下からK美にぎゅっとしがみつき、腰をグっと上げると、K美の股間に自分を押し付けて爆発した。

結局、俺の初体験は嵐のような夜になった。
明け方までK美と愛し合ったので、最後が何度目だったかなんて記憶がない。
お互いの体力が続く限り、サルのようにやった。
次の日、2人とも学校を休んだのは言うまでもない。
懐かしい初体験の思い出だ。

タイトルとURLをコピーしました