余命1年の親友に可愛い嫁を嫁がせた・中編

この体験談は約 8 分で読めます。

日奈子と拓也の夫婦生活と、俺の奇妙な同居生活は、あっという間に1週間が過ぎた。
おかしなもので、たかだか1週間で生活のスタイルが出来上がったような感じだった。

「悠斗さん、朝ご飯出来てるわよ~」

俺が寝ている部屋のドアの、すぐ向いから日奈子の元気な声がする。
俺は、「今行く」と言いながらベッドから抜け出した。
ここ1週間、睡眠不足気味なので、少しぼーっとしている感じだ。
日奈子と拓也は、言ってみれば新婚だ。
毎晩繰り返される夫婦の夜の生活・・・。
俺は毎晩のように壁に耳を押し当てて盗み聞きしてしまう日々だった。

リビングに行くと、すでに拓也は起きていてコーヒーを飲んでいる。

「おはよう。寝癖凄いぞ」

拓也が俺の頭を見て笑いながら言う。
1週間前にこの生活が始まった時は、あんなに緊張して申し訳なさそうだった拓也も、今ではすっかりとこの家の主という感じになっていた。
俺は拓也に「おはよう」と言いながらコーヒーを飲み始めた。

「はい、いっぱい食べてね!」

日奈子が俺の前に朝食を運んできてくれる。

「あ、ありがとう。日奈ちゃんは食べたの?」

俺は結局、日奈子のことを交際していた時の呼び方で呼ぶようになった。
そして逆に、拓也が日奈子のことを呼び捨てで呼ぶようになった。

「まだだよー。今食べるところだよ」

そう言って自分のプレートと牛乳の入ったコップを持ってこちらにやってくる日奈子。
当然のように拓也の横に座って食事を始めた。

「今日はどこか行くの?」

俺が質問をすると・・・。

「うん。京都に行ってくるつもりだよ」

「えっ?京都?日帰りで?」

「ホテルが空いてたら泊まるつもりだけど、まだわかんない。夕ご飯、外でお願いね」

サラッとそんなことを言う日奈子。
俺は急にこんな事を言われて少しムッとしてしまった。

「悪いね。昨日寝る時に決まったもんだからさ。土産買ってくるよ」

少し申し訳なさそうな拓也。
でもそれは、日奈子と旅行に行くことを悪いと思っている感じではなく、急な予定になってしまったことを申し訳ないと思っている感じだった。
俺は一瞬色々な言葉が頭の中をよぎったが・・・。

「気をつけてな。あ、俺、八つ橋は嫌いだからさ」

と、笑顔で言った。

「悠斗さん、八つ橋嫌いなんだっけ?知らなかった」

日奈子は笑顔で言う。
日奈子の言葉遣いや仕草に、俺は本当に友人に戻ってしまったような気持ちになる。
もちろん戸籍上は俺が夫だ。
でも、今は同居人の立場だ・・・。
そして、俺は会社が休みなので、一瞬、一緒に行こうかと思ったが、余命わずかな拓也が、あと何回日奈子と旅行に行けるのだろうと思うと、見送ることしか出来なかった。

2人は小さなカバン一つで出かけていった。
2人が楽しそうに出かけていった後、俺は窓から外を見た。
すると2人はしっかりと手を繋いで歩いていた。
近所の目があるのに、まったく気にすることもない日奈子の姿を見て、俺は嫌な考えにとり憑かれていた。

日奈子は同情からではなく、本気で拓也との夫婦生活を送っているのではないか?
俺のことが好きなのと同じように・・・もしかしたら、俺のこと以上に拓也のことが好きだったのではないか?

そんな妄想で息が苦しくなるほどだった。

1人きりになった家・・・。
掃除をしたり不要なものを整理したりしていたが、それも終わると物凄く孤独を感じてしまった。
そして、1週間もしていなかったので妙に欲情してしまっていた。
俺はノートPCで動画でも見ながら自己処理をしようかと思ったが、ふと洗濯かごが目に入った。
俺は、その中を探った。
すると日奈子の穿いていたショーツがクシャクシャっと丸まって入っていた。
欲情していた俺は、それを広げてしまった。
こんな性癖はないはずだが、欲情していた俺は、日奈子の下着に激しく興奮してしまった。
そして股間の部分にシミが出来ているのを見て、我慢しきれずにオナニーを始めてしまった・・・。

今頃2人は京都でデートをしている。
手を繋いで歩きながら、キスなんかもしているのだろうか?
そんな想像をしながらオナニーをする俺。
たまらなく情けない気持ちになる。
そして俺は、日奈子のショーツの匂いを嗅ぎ始めてしまった。
シミの部分に栗の花のような独特の匂い・・・。
それは嗅ぎ慣れた精液の匂いだった。

日奈子は結婚式以来、毎晩達也とセックスをしている。
そして壁越しに聞こえてくる限り、避妊をしていないようだ。
でも、実際に見たわけではないので、もしかしたらギリギリで体外射精しているのではと期待している俺もいた。
でも、日奈子の下着のシミの匂いを嗅いでしまって、その期待も、脆くも崩れ去ってしまった。
この部分に精液の匂いがするということは、中に出されていることに間違いはないのだと思う・・・。

そして俺は、その匂いに包まれながら射精してしまった。
溜まっていたとはいえ、そんな射精の仕方をしてしまい、俺はひどく自己嫌悪に陥った。

洗濯かごの中のものを洗濯し、夕食でも買いに行こうと出かけようとした時、携帯が鳴った。
日奈子からだった。

「悠斗さん、ゴメンね。ホテルが空いてたから泊まっていきます。ご飯はしっかり食べてね」

手短に用件を伝えて電話を切る日奈子。
俺は孤独に押し潰されそうだった。

洗濯物を干すために寝室に入った。
ダブルベッドを見て、胸が掻きむしられるような気持ちになった。
日奈子といつも一緒に寝ていたベッド。
何度もここで愛しあってきた。
それが今は、拓也と日奈子の愛し合う場所になっている。

日奈子は、どういうつもりで抱かれているのだろうか?
快感を感じてるのだろうか?
オルガズムを感じているのだろうか?
俺が言いだして始めたことなのに、いざ始まってみると、(どうしてこんな事をしてしまったのだろう?)という後悔が大きい。

そして夜になり、1人で食事に出かけ、少しビールも飲んで帰宅した。
帰っても誰もいない部屋・・・。
記憶にある限り初めてのような気がする。
そして俺は、ふと気になってしまい、スマホを弄った。
そして友人検索で日奈子の現在位置を調べてしまった。
その機能は、普段は特に使うこともなく、そう言えばあるな程度の認識だったが、酔っているせいもあったのか検索してしまった。

すると日奈子は京都のラブホテルにいることがわかった。
別に普通のホテルにいても同じことのはずだが、ラブホテルというところが余計に俺にダメージを与えた。
普通のホテルに泊まっても、結局同じ行為をすると思う。
でも、どうしてだかわからないが衝撃が大きく感じる。

2人は今頃どんなことをしているのだろうか?
もしかして、ローションプレイをしてみたり、備え付けの自動販売機で大人のおもちゃを買ったりしているのではないか?
そんなことばかり考えてしまう。

俺は意味もなく寝室に入り、ベッドに座ってみた。
今頃2人は、ここでするよりも激しいセックスをしている・・・。
声が響くことも気にせず、ガンガン激しいセックスをしている・・・。
そう思うと泣きそうだった。

そして、ふと日奈子の化粧台に目が留まった。
引き出しが少し開いている。
几帳面な日奈子らしくないなと思いながら引き出しを押し込んで閉めた。
でも、すぐに気になって引き出しを開けてしまった。
すると、アクセサリーや化粧品が整頓されて置かれているのに混じって、見慣れないものが入っていた。
不思議に思って手に取ってみると、それはデジタルボイスレコーダーだった。

(なぜこんなものが?)

不思議に思いながらスイッチみたいなものを押すと電源が入ってしまい、液晶に起動画面が表示された。
俺は何の気なしに再生を始めた。
再生が始まるとガサガサと大きなノイズが響く。
そして、それがなくなると無音状態になった。
俺は、もう終わったのかな?と思ったが、よく聞くとホワイトノイズみたいな音がしているし、液晶画面のカウンターは進んでいる。
すると、ドアが開くような音がして・・・。

「ゴメンね。お待たせ」

拓也の声がした。

「早くこっち来てよぉ」

甘えた声の嫁の声。
そしてゴソゴソと布が擦れるような音がする。

「あれ?もう脱いじゃったの?」
「ダメ?だって、シミになっちゃいそうだったから」

「濡れちゃったの?見せてみて」
「えぇ~~。恥ずかしいよぉ」

「夫婦でしょ?恥ずかしくないよ」
「うん・・・。はい・・・」

「もっと広げないと見えないよ」
「イジワル・・・。これでいい?」

「ホントだ。濡れて溢れてきてるじゃん。そんなにしたかったの?」
「だってぇ・・・。欲しくなっちゃったんだもん」

「日奈子はエッチだね」
「拓也がエッチにしたんだよ。だって、あんなの知らなかったもん」

「あんなのって?」
「もう!イジワルだよぉ・・・。奥が気持ち良いってことです・・・」

「そっか・・・。そんなに違うものなの?」
「うん。私もビックリしたよ・・・。自転車とバイクくらい違うと思う」

「分かりづらい例えだね」

笑いながら言う拓也。
でも心底楽しそうだ。
とても、あと数ヶ月で死ぬ人間とは思えない。

俺はここまで聞いて、これが夜のセックスではないと気がついた。
拓也と日奈子のセックスは毎晩しっかりと盗み聞きしている。
でも、今聞いている録音は初めて聞くものだった。
考えてみれば当然かもしれないが、2人は俺がいない昼間にもセックスをしていたんだなと理解した。
あえて考えないようにしていたが、新婚の2人にとっては当然だなと思う。

「タオル外すよ~」

日奈子が楽しそうな声で言う。
夜のセックスでは日奈子は声を必死で我慢しているし、会話も少ない。
俺が横で寝ているので気を遣っていたのだなとわかった。
この録音はファイル名を見る限り、昨日のことのようだ。
俺がいないところでしているセックスはこんな感じなんだなと思うと、血の気が引くほどショックを感じる。

「いいよ、自分で外すって」

「いいから、いいから」

楽しそうに言う日奈子。

「やっぱり凄いんだね。明るいところで見ると、ちょっと怖いくらいだよ」

「そんなに違う?」

「もう!そういうのは聞いちゃダメだよ。今は拓也だけなんだから、比べるようなこと言わないの!元旦那のことを聞くようなものだよ!」

「ゴ、ゴメン。でも、やっぱり気になっちゃうよ。俺、一番になりたいって思うし・・・」

「一番だよ。本当に一番だよ。今だけ・・・とかじゃなくて、一生一番だと思う。絶対に忘れないし、忘れられないもん。あんなの知っちゃったら忘れられないに決まってるよ~」

日奈子は思いのこもったような口調だ。
俺は話の意味がイマイチわからないが、「一番」を連呼する日奈子に本気で泣きそうになっていた。
少しの間、日奈子を貸し出して夫婦の真似事をさせるだけ・・・。
死んでいく拓也に、“冥土の土産だよ”くらいの上から目線だった。
こんなはずではなかったという言葉を、まさか自分が言う羽目になるとは想像もしていなかった。

「ありがとう。本当に夢みたいだよ。もう死んでも良いくらいだよ」

「だから、拓也はそれ言っちゃダメだって。シャレになんないんだから」

笑いながら言う日奈子。
拓也も笑いながら「ゴメンゴメン」と言った。
そしてしばらく会話がなくなり、ほぼ無音になった。

「キス、すっごく上手になった・・・」

「あ、ありがとう。日奈子のおかげだよ」

「もっと・・・もっとして」

俺は聞いているのが辛くなってしまい、再生を止めようとした、でも・・・。

「あっ、そんなのいいよ!ダメだって、あぁ」

拓也の声が響き、俺は再生を止められなかった。

「私がしたいの。それに夫婦でしょ?これくらい当たり前だよ」

「うん。ありがとう。あぁ、凄いよ、気持ち良い・・・」

「痛くない?歯が当たっちゃぅ・・・」

「大丈夫。それも気持ち良いから」

「へへ、もっと気持ち良くなってね」

こんな会話の後、しばらく拓也の気持ちよさそうなうめき声だけが響く。
夜のセックスはずっと盗み聞きしていたが、一度もフェラチオはしたことがなかったはずだ。
すぐに拓也が入れて、比較的短時間で終わっていた・・・。
やっぱり俺に気を遣っていたんだなと思った。

「日奈子、ダメだよ、もう出そう」

苦しげに言う拓也。

「いいよ。全部お口に出して。飲んであげるから」

そんなことを言う日奈子。
中出しに続いて、飲精まで・・・。
俺は、日奈子が上書きされてしまっているような気持ちになり、絶望を感じてしまった。

「あぁ、イク、日奈子、イクっ!」

「んんっーーーっ!」

そしてハァハァと荒い息遣いの拓也。

「いっぱい出たね。昨日の夜もしたのに凄いね」

「日奈子とだったら何回でも出来るよ。飲んでくれたんだね・・・。ありがとう」

「美味しかったよ。ごちそうさま」

日奈子がおどけて言う。
俺が会社にいる間にこんな事をしていたなんて、とても信じられない。
でも、一途な日奈子の性格を考えると、日奈子らしいと言えるのかも知れない・・・。

「次は俺が・・・」

「あっ、ダメぇ、もう入れて大丈夫だから、あぁっ、ダメぇぇっ!濡れちゃってるから、あぁっ!」

「凄いよ。お尻まで濡れてる・・・」

「イヤぁ、恥ずかしいよ・・・」

「夫婦でしょ?恥ずかしくないって」

「うぅ・・・あっ、あぁっ、そ、そこダメぇ、ひぃあぁっ」

こんな会話の後、日奈子の喘ぎ声が響き続ける。
日奈子の喘ぎ声・・・。
こんな風に聞くのは、当然初めてだ。
俺は正直、興奮もしていた。
嫉妬や絶望も大きいが、日奈子の喘ぎ声は、それだけで驚くほど興奮してしまう。
セックスしている時は俺も興奮状態なので、聞いているようで聞いていない感じなのだと思う。
こうやって、じっくりと聞く日奈子の喘ぎ声は、どんな動画よりも遥かにエロい気がした。

「あ、あっ、あぁんっ、うぅ、あぁっ!ダメぇ気持ちいいっ!拓也ぁ、もう我慢出来ないよぉ!い、入れてっ!おちんちん欲しいぃっ!」

日奈子はそんなことを叫んだ。
日奈子がそんな言葉を吐くのは聞いたことがない。
清楚な美人という感じの日奈子は、その顔のイメージ通りの上品で大人しいタイプの女性だったはずだ。

「日奈子、愛してる。イクよ」

拓也の思いのこもった声がする。

「うん。愛してる。いっぱいして下さい」

日奈子もなんの躊躇もなく、「愛してる」と言っていた。

<続く>