ビデオの中で裸になった同級生

この体験談は約 5 分で読めます。

今から25年以上前の話。
小6の夏休みに公園で友達3人と遊んでいたら、女の人から声を掛けられた。
写真を撮らせてくれたら1人500円あげると言う。
俺たちは暇だったのでOKした。
時間は30分。

女の人は、カメラマンだという男の人と一緒だった。
ふざけたり、変顔したり、女の人からポーズを指示されたりして撮られた。
ポーズと言っても適当に遊んでいるのようなものだった。

そこは大きな公園で奥に雑木林が広がっていて、そちらに移動した。

「最後に1人ずつ撮るから」

そう言われて、仲間と少し離れた場所で俺の番になった。
女の人は優しくてリラックスできた。

「成長」とか「発育」と言われて、「裸になれる?」と聞かれたので、「いいよ」と答えた。

少し恥ずかしかったけれどパンツも脱いだ。
嫌だと言うとお金が貰えない気がしたってのもあった。

女の人から「オチンチンの皮、剥ける?」と聞かれたので、俺はふざけた感じで、「剥けるけど、すぐ戻っちゃうよ」と答えて、無毛の皮被りをクリンと剥いて、指を離すとクルクルと戻るのを見せた。
女の人は笑っていた。

写真だけでなくビデオでも撮られたようだが、あまりよく覚えていない。
約束の時間が来て、お金を貰い、その男女とバイバイした。
終わって帰り道に、友達の1人が「俺たちなんか撮って面白いのかなあ?」と言うと、別の友達が「『素材』って言ってたよ」と答えた。

「素材って何?」と聞き返したが、説明された本人もよくわからない様子だった。

「お小遣いもらったから、まあいいや」で笑って終わった。

俺はそのとき、パンツを脱いだことは言わなかった。
他の友達も話題にしなかった。

夏休みも終わりの頃、自転車で同じ公園を通りかかった。
その時は1人で、誰か遊べる友達はいないかなという感じだった。
当時は公園で遊んでいる子どもが多かった。
その時、雑木林の方へ、この前の女の人と女子が一緒に行こうとしているのが見えた。
その女子は同学年のA子だった。
2人はニコニコと話している。
俺は自転車を降りて2人の方へ足を向けた。

その時、後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、この前のカメラマンの男の人が笑顔で、「また会ったね。知ってる子?」と目で2人の方を指した。
その時はすでに2人は雑木林へ入ってしまってて見えなかった。
少し離れていたので2人も気づいていない様子。

「撮影が終わったら戻って来るから車の中で待ってようか?」

男の人にそう言われ、近くに停めてあったワゴン車の中に入った。
男の人はジュースを買って来てくれた。

当時の学校では3年生までクラス替えなしで、4年から毎年替わった。
A子は4年で同じクラスになり、5年も一緒で同じ班、6年の時に別のクラスになった。
男の人とは、そんな学校のことやA子のことなど他愛ない話をした。

30分くらいして女の人だけ戻ってきた。
どうやらA子は帰ったようだ。
(車に戻る前に男の人が連絡するといって公衆電話から電話をしていた。今思えばポケベルか)
ワゴン車の後部はフラットに敷かれていて、内側からカーテンも引かれ、外からは全く見えない。
男の人と女の人が車外で少し話をしていた。

車内に戻った女の人から、「もし時間があれば、この前のように撮らせてくれる?」と聞かれたので、「うん」と答えた。
A子のビデオを観せてくれると言う。
それを見ている俺を撮らせて欲しいと言う。

車内にあった小さなテレビに機器を繋いでビデオ再生が始まった。
音声はない。
今日撮ったのはまだ未編集で、これは以前のものだと言う。

A子は白い壁をバックにして笑顔で色々なポーズをしている。
背は小柄な俺よりも高く、手足が長くて痩せている。
しばらくして、ゆっくり服を脱ぎ始めた。

「えっ?」

俺は驚いた。
上半身の下着(たぶんスポブラ)をたくし上げると、プルンとおっぱいが現れた。
昨年まで同じクラスで、同じ班で机を並べていたA子のおっぱいを食い入るように見た。
おっぱいの先が赤く熟れたように盛り上がっていて、横からの映像では小さな三角形のように尖って見えた。

(同学年の女子のおっぱいって、こんな感じなのか?・・・もしかしてパンツも?)

胸がドキドキして興奮しているのが自分でもわかった。
予想通り、A子は全裸になった。
普通に立ったまま気を付けやラジオ体操のような格好をしている。
動くたびにおっぱいがプルプル揺れるのが面白かった。

カメラは舐め回すようにアップで撮影していた。
A子のアソコはぷっくり盛り上がっていて、その下にざっくりと切れ込んだようなワレメが見える。
ワレメが始まる上の所には、習字の細筆の先ような毛が生えていた。

(A子はもう生えているんだ・・・)

何気なく下を向いたら、俺はいつの間にか服を全部脱がされていた。
そんなことにも気がつかないくらい興奮していたようだ。
しかもチンチンが思いっきり上を向いて、お腹に付くくらいになっている。
チンコの皮が少し捲れて赤紫色の中身が出ていた。

Aが体育座りで膝を立てて座った。
さらに足を広げたのでワレメが開いた。
俺の口から、「あッ」と小さな声が出た。
俺には弟しかいなくて、女の子はただスジのように割れているだけかと思っていたが、ワレメの間から木の芽のような突起が出ている。
さらに正面からアップでワレメが映り、膝が最大限に開かれた。
突起の下から小さな唇を縦にしたようなシワシワの切れ目が広がっている。

(ワレメの中にも小さなワレメがあるんだ!)

でも、その奥に何があるのかは判らなかった。

(オシッコはどこから出るんだろう?)

素朴な疑問も浮かんだ。
A子が立ち上がり、手を振って映像は終わった。

「どう、面白かった?」

女の人に聞かれたが、返事も出来ないくらいだった。

男の人に、「目を瞑って、今のシーンを思い出してみて」と言われ、目を閉じた。
女の人の指が俺のチンコを優しく触っているのがわかった。
ゆっくり皮を剥いたり、被せたり、擦られたりした。
そのうち、(何か出る!)と感じて腰を引いた時に快感が走った。
チンチンの先から一瞬ピユッと飛んで、そのあとドクドクと流れ出した。

「初めて出た?気持ちよかったでしょ」

女の人に耳元で囁かれた。
しばらく放心状態だったが、そのあと何が起きたか説明されて、簡単な性教育までしてくれた。
長く感じたが、会ってから30分も経ってなかった。

夏休みが終わり、2人に会うことはなかった。
2学期が始まったが、俺はA子の顔をまともに見られなかった。
クラスが別で、係も活動も登校班も違うから、話す機会はなかった。
まあ、あってもあんな話ができるわけもない。
もし話せたら、なぜA子は笑顔で裸になり、撮られたのか聞きたかった。

今思えば性的虐待なんだろうけど、嫌なこと、痛いこと、恐いことなど何もなかった。
そして今でも鮮明な思い出として残っている。