母を亡くした息子の友達におっぱいを吸わせていたら

この体験談は約 5 分で読めます。

私の名はひとみ。
現在38歳です。
40歳の夫と中学1年の息子がいます。

ここだけの話ですが、私は息子の友達の広志君の最初の女になりました。

広志君と息子は保育園から仲が良くて、いつも遊びに行ったり来たりしていました。
ただ可哀想なのが、広志君のお母さんは、広志君が保育園の時に交通事故で亡くなってしまいました。
だからなのか、いつも私に甘えてくるんです。
私も本当の息子のように可愛がっています。
お風呂にも息子と3人でよく入っていました。

しかし中1にもなると、体も大きくなります。
それから広志君はよく私のオッパイを見ていることがあります。
お母さんがいないせいかしらと思っていました。

夏休みのある日のことでした。
息子が部活の野球の遠征で、1週間居ないことがありました。
そんな時、広志君が訪ねて来たのです。

私「あら・・・。隆也なら遠征でいないよ」

隆也「うん!知ってる。今日はおばちゃんにお願いがあって・・・」

私「そうなの?とりあえず上がって」

私は広志君を居間のソファーに座らせました。

私「ちょっと待ってね」

私はジュースを出して、洗濯物を片付けようとすると、広志君は私の下着をじっと見ているではありませんか。
私は、(もう女性の下着に興味があるんだ)と、正直ビックリしました。
息子も興味あるのかなぁ・・・?
私はとりあえず洗濯物を片付けました。
そして広志君の横に座りました。

私「ごめんね。待たせてしまって。それで・・・なんなの?お願いって?」

広志「あのう。おばちゃんのオッパイを見せて欲しくって」

広志君はアッケラカンと答えました。

私「えっ!」

広志「僕、お母さんのオッパイを知らないから、どうしてもおばちゃんのオッパイを触ってみたくって。お風呂で見たことはあるけど、触ってみたいんだ」

広志君は興奮しているのか早口で喋りました。

私「確かに可哀想だよね。でも、おばちゃんでいいの?」

広志「うん!おばちゃんだからいいんだ」

他に見せてくれそうな女性もいないのでしょう。
私は何度も見られていたから、何てことはないと思い、OKしました。
私はTシャツを捲り上げ、ブラを外しました。

私「ほら。いいよ。触っても」

広志君は私に近寄ると、そっと乳房の下から持ち上げるようにしました。

広志「ヘー!重たいんだね。それになんか柔らか~い」

広志君は興奮して目をギラギラさせています。
するといきなり乳首を触り、コリコリっと摘まんだり、撫でたり・・・。

私「アフン」

いきなり触られて、つい声をあげてしまいました。
夫には、もう何ヶ月も触られていません。

広志「どうしたの?」

私「うん?何でもないよ」

すると広志君は、さっきよりも強く摘みました。

広志「おばちゃん。吸ってもいい?」

私「あっ!うっ!うんいいよ」

すると広志君は私に抱き付く形になって、オッパイに顔を近付けて乳首に吸い付きました。

私「うっ!」

すると広志君は乳首を舌で転がすようにしたんです。

私「あっ!うっ!」

広志「おばちゃん大丈夫?」

私「うっ、うん!大丈夫」

広志君はなおも続けました。
私はこんな子どもに、それも息子の友達に乳首を吸われただけで感じてきたのです。
下半身がモジモジしてきます。

私「アアッ。ウウン」

広志「大丈夫?どんな感じなの?」

(そんなこと言われても・・・)

私「・・・どうかなぁ?」

広志君は乳首を軽く噛んだり、吸ったり舐めたり。
まるで愛撫です。

私「アアッ。ウウン」

私の声が少し大きくなっていました。

広志「あのさ。おばちゃんってオチンチン付いてないけど、何で?」

私「男の子じゃないからよ」

広志「見せてよ」

私はビックリしました。
こんな男の子が、そんなこと言うなんて。
息子と同い年の男の子がです。

私「それは・・・」

広志君は、また乳首を吸いました。

私「ウウッ!アアッ。ウウン」

すると広志君は、なんとスカートの中に手を差し込んで来たんです。

私「何してるのっ!そっ!そこはっ・・・!アッ!アウン!」

広志君は下着の上からアソコをなぞりました。

私「ダメよ!ダメよ。そんな事しちゃ!」

広志「だって・・・おばちゃん、お父さんとしてたじゃん!」

私「えっ!ええっ!」

そうなんです。
私は広志君のお父さんと不倫関係でした。
まさか広志君に見られていたなんて・・・。

(ああ・・・どうしよう?)

広志「おばちゃん、お願い。僕にも見せてよ」

私は涙が出そうになりました。
まさか広志君に見られていたなんて。
私は仕方なく立ち上がって下着をとり、ソファーに座りました。

広志「おばちゃん、寝て。脚を開いて」

私は観念するしかありません。
私は両手で顔を隠して脚を開きました。

広志「凄いね。僕とは全然違うね」

私「アアアアッ!」

なんと広志君は私のアソコを舐めたのです。

私「ちょ!ちょ!ちょっと!広志君!何やってるの!」

広志「だってお父さんがやってたもん」

私は顔が熱くなりました。
そんな事まで見られていたなんて。

私「アアッ。ウウン、アウン!」

私はこんな小さな男の子に舐められて感じているんです。

私「アアッ!ダメって!おっ!お願い。やめてっ!!」

それでも広志君はやめてくれません。

広志「おばちゃん。なんか味が変わったよ」

私はこんな男の子舐められて、感じて、濡れていたのです。

広志「おばちゃん。僕のも舐めてよ」

私はもうどうでもよくなっていました。
それに、お父さんとのセックスを全部見られていたのなら、きっとそう言うと想像していました。
私は仕方なく広志君のズボンのファスナーを下げて、ブリーフも下げてました。
すると、なんとそこには夫も顔負けの・・・。
小さな体には似ても似つかないモノでした。
私は震える手で広志君のモノを握り締め、口に咥えました。

広志「アウン。気持ちいいよ。おばちゃん!アアッ。ウウン」

私は早く終わらせたくて激しく頭を上下させました。

広志「アアッ。ウウン。アアッ。なんか変!!オシッコが出そう!」

広志君は身体をガクガクとさせながら私の口の中に放出しました。

広志「アアッ!気持ちいいよ。はっ!こんなに・・・。初めてだよ、おばちゃん」

私は放心状態で、気がつくと広志君が放出したドロドロのモノを飲んでいました。
私も飲んだのは初めてでした。
放出した広志君のモノはまだ硬いままです。
私は広志君のモノが欲しくてたまりませんでした。
私は仰向けになりました。
そして広志君を自分の上に導きました。
そして広志君のモノを掴むと自分のアソコに・・・。

私「私が初めてでもいい?」

頷く広志君。

私「そのまま前に来て」

広志君は本能なのか腰を前に進めました。

私「アアッ。ウウンアウン。上手よ!」

広志君は腰を前後に動かします。
これも本能なのでしょう。

私「アアッ。ウウン。いいわよ。素敵よ」

私は小さな男の子にしがみついて自ら腰を振っていました。

私「上手よ。素敵よ。広志君もっと激しく・・・」

広志君は私の言葉で激しく腰を振りました。

私「凄い凄い。いいのいいの。アアッ。ウウンハアーーーッ」

私はこんな小さな男の子にイカせられてしまいました。
たぶん、こんないけない事に興奮したのだと思います。
しばらくすると広志君も私の中に放出しました。
こんな快感は夫では得られないものでした。

その日、夫は出張で居ませんでしたし、広志君のお父さんには家に泊めると連絡して、朝まで数えきれないほど広志君に中出しさせました。

それ以来、私も広志君もセックスに夢中なって、夏休み中セックスしまくりました。
心配なのは生理が来ないことです。
それでも広志君には関係ありませんでした。
まるで動物でした。
朝から夕方まで2人で抱き合い、セックスしている状態です。
背徳感がそうさせました。

あれから5年。
今でも抱いてもらっています。
今では完全に私が広志君の虜になっています。
今日も先程まで広志君に激しく突かれていました。
また妊娠しそうで怖いです。