図書室で官能小説を読みながらオナニーしてた後輩

この体験談は約 6 分で読めます。

私が中学3年生だったときの夏休みの話。

当時の私は、長い夏休みに退屈して、学校に本を借りに行くにした。
田舎の学校だったけど近所の図書館より近いし、図書室の本は多かった気がする。
夏休み期間は図書委員が交代で登校して本の貸し出しをしていた。
私はお昼の時間を狙って行った。
この時間は借りる人が少なくて、気分が良いと思ったからだ。

そしたら図書室のドアに鍵が掛かっていた。
図書委員がいないのは想定しておらず、失敗したと思った。
奥のドアなら開いてるかと思ったが、やはり閉まっていた。
すると、さっきのドアから音がしたかと思うと、ドアが開いて女子生徒が顔を出した。
その女子生徒は大人しそうな感じで、「お弁当を食べてたのでドアを閉めていました、すみません」と謝ってきた。
図書委員らしい女子生徒は上履きの色から2年生だと分かった。

私は図書室に入って好きな作家のコーナーに歩き出した。
ふと横を見ると、貸し出しカウンターの机の上に食べかけのお弁当があった。
そのお弁当の袋の下にある小さな本に目が留まった。
一瞬で官能小説だと分かった。
本の表紙は下になっていたし、タイトルも見えなかったが、特徴のある装丁は友達のお兄さんの部屋で見ていたので覚えていた。

あの大人しそうな2年の女子がこっそりとエッチな小説を読んでいたと思うと、私は一気に興奮して頭がボーっとしてきた。
掲示板の張り紙から、彼女の次の当番が2日後だと分かった。
ついでに名前もMさんだと分かった。

その日は適当な推理小説を借りて帰った。
私は次の当番の日が楽しみで、想像するだけで毎日股間を硬くしていた。
Mさんの小柄な体と優しいそうな顔が頭から離れなかった。

次のMさんが当番の日、私は朝から図書室の隣にある準備室に隠れていた。
準備室と図書室はドアで繋がっていて、壁の一部が横長の窓になっている。
窓を遮っているカーテンの隙間から図書室内を見ることができた。
窓の位置は貸し出しカウンターのちょうど後ろだった。
カウンター向こう側で、小柄なMさんが本を棚に戻してる姿が見えた。

お昼になると、図書室は人がほとんどいなくなっていた。
最後の1人が出て行くと、Mさんは図書室の2箇所のドアに鍵を掛けた。
そして校庭側の一番奥の窓のカーテンを半分閉めた。
確か、その窓から旧校舎が見えたはず。
私はMさんの行動がとても慣れていると感じた。

だが、準備室に私が隠れているとは思わなかったようだ。
Mさんは私に背を向けてカウンターに座ると、机の上に可愛いお弁当を広げ始めた。
Mさんはお弁当を食べながら本を読み始めた。
本はカバーで覆われていて表紙が見えなかったが、一瞬エッチな挿絵が見えて、やはり官能小説だと分かった。

夏休みの学校はとても静かだった。
彼女のページを捲る音、箸の音、あとはグランドからの野球部の声が聞こえるだけ。
Mさんの薄いシャツの下にブラ紐が見える。
私は自分の心臓の音が聞こえそうだった。

しばらくするとMさんは箸を置いて胸に手を当てた。
布が擦れる音と同時に、「はぁ・・・」と小さなため息が聞こえた。

「はぁはぁはぁ・・・はぁあっ・・・ふぅ~・・・あぁ・・・」

可愛いMさんの声と野球部の練習の音が混ざって聞こえる。
時折、Mさんの肩がぶるっと震える。

私は先ほどからパンパンに張っていた自分の棒をズボンのチャックから出した。
棒の頭部分を軽く擦るだけでヌルヌルとした液が棒の先っちょから出てきた。
音が出ないように私は亀頭を小刻みに擦り続けた。

Mさんの呼吸が大きくなる。
何を思ったのかMさんは本を片手に持ち、胸を強く擦りながら校庭側の窓に歩き出した。
窓際にある背の低い本棚に官能小説を開いて乗せると、Mさんは両手をスカートの両脇に滑り込ませる。
スカートの脇が捲り上がり、Mさんの細い腿がちらりと見える。
両手はそのまま膝まで下がるとスカートの下から白いモノが見える。
その白いのはMさんの下着だった。

Mさんは直立したまま左手でスカートの前部分をたくし上げ、右手で自分の股間を擦り始めた。
窓際の窓はMさんの胸より上の位置にある。
校庭からMさんを見た人はMさんの顔くらいしか見えず、Mさんがぼんやりと外を見ているようにしか思わないだろう。
Mさんは誰かに見せ付けるように腰を前に出し、オナニーを始めたのだ。

私の所からはMさんの露出した腿と腰の部分しか見えなかったが、目がチカチカするほど興奮していた。
もう自分の棒を擦るをやめていた。
これ以上刺激したら射精してしまいそうだったからだ。

Mさんの手はゆっくり股間を擦り、口は半開きになっている。
聞き取りづらいが、「・・・あぁっ!」と、たまにMさんの声が聞こえる。
Mさんはさらに足を広げ、股間を擦る手が速くなる。
Mさんの肩がブルブルと震え、力が入ってるのが分かる。
きつく口を閉じてMさんの身体が大きく震えると、擦っていた手が止まった。
Mさんはしばらくボーっとしながらその場に立っていた。
どうやらMさんはイッたようだ。

そのとき、ドアからガタガタと音がした。
私は緊張した。
誰かが図書室に入ろうとしてるのだ。

「おーい、開けてくれー」

ドアの向こうから呑気な声がする。
Mさんは、「はい、ちょっと待ってください」と言いながら小説とパンツを本棚の裏側に隠し、服を整えながらドアに歩いていった。
部屋に入ってきたのはS先生だった。
S先生は囲碁部の顧問をしている、おじさん先生だ。

「食事中だったのか。悪いね、この前に頼んだ本はどこかな?」

Mさんはカウンター前の棚に先生を案内した。

「こういう本はなかなか個人で揃えるのは大変なんだよ」

お目当ての本をパラパラ捲りながら話すS先生の後ろで、Mさんはスカートの裾をお腹まで捲った。
先ほどは見えなかったMさんの股間部分がハッキリと見えた。
S先生は全く気づいてないらしく話し続けている。
MさんもS先生に相槌を打ちつつ股間を露出したままだ。
Mさんの股間は薄っすら陰毛が生えていて、自分のそことは違って、内腿の何もない隙間が不思議だった。

珍しい本を見つけたようで、S先生がしゃがむとその後ろでMさんもしゃがんだ。
するとMさんの股間部分がさっきよりもハッキリ見えた。
陰毛の下のお肉がぷっくりとしていて、中央が少しくぼんで綺麗な縦筋になっている。
私が初めて見る女性器だった。
痛いほど勃起した棒を、私は前にある本に擦りつけた。

Mさんがさらに膝を広げると、ぷっくりとしたMさんの性器が左右に広がり、中央の縦筋が少し開いた。
Mさんはいつでもスカートで隠せるように裾を掴んでいて、少し口を開いたまま、なんとも言えない表情でS先生を凝視していた。

私はそのMさんの表情を見ながら射精してしまった。
飛び出した精液は分厚い本にべっとりと付いた。
強い快感で頭がぼーっとする。

しばらくすると、ガラガラとドアが閉まる音と遠ざかっていく2人の足音が聞こえた。
どのくらいぼーっとしていたのだろうか。
S先生とMさんが同時に図書室から出て行ったようだ。
しかしMさんのお弁当は残ったままなので、たぶんすぐに戻ってくるはずだ。
私は今いる準備室から出て図書室に入った。
そして、先ほどMさんが隠していたパンツを本棚から取り出すと、思いっきり匂いを嗅いだ。
Mさんのパンツは微かにおしっこの匂いがした。

私はMさんのパンツで自分の勃起した棒を包み、激しく擦った。
パンツの柔らかい感触とMさんのパンツの匂いを噛み締めながら、あっという間に私は射精してしまい、Mさんのパンツに精子が付いてしまった。
2回目の射精なので量は少ないが、さすがにこのパンツを見たらバレると思い、私は焦った。
パンツについた精子を出来るだけ指ですくい取り、カーテンにパンツの濡れた部分を擦り付けて出来るだけ乾かし、元あった隠し場所にパンツを仕舞った。
そして、指ですくった精子を私はMさんの食べかけのお弁当に混ぜた。
今思えば、隠蔽工作とは矛盾した行為だが、きっとその時の私は正常でなかったのだろう。

私はまた準備室に隠れた。
しばらくすると図書室にMさんが戻ってきた。
Mさんの手にはコーラが握られている。
たぶん1階の自販機で買ってきたのか、S先生に貰ったのだろう。

今度は部屋に鍵を掛けないMさんは、さっさと本とパンツを回収した。
Mさんは特に気にする様子もなく、私の精液が薄っすらとついたパンツを穿いて食事を再開した。
私の精液が混じったグラタンがMさんの口の中に入っていく。
一番味が濃そうなグラタンを選んだおかげだろうか、Mさんはゆっくりと私の精子入りのグラタンを咀嚼したあと、飲み込んだようだ。
それを見ながら私は3回目の射精をして、先程とは違う本をまた精液で汚した。

それからも私は、Mさんの当番の日には必ず準備室に隠れた。
毎回Mさんの露出オナニーを観察し、充実した夏休みを過ごした。
そして夏休みが終わった後も、廊下でMさんを見ては興奮し、トイレでオナニーする日々が続いた。