土下座したら憧れの美人音楽教師とエッチできた

この体験談は約 2 分で読めます。

中3の夏。
童貞の俺は、3年間憧れていた美人で30代前半くらいの、結婚して子供もいるらしい音楽の先生とエッチした。
芸能人で言うと稲垣早希似。

恥ずかしくてあまり話せない俺は、妄想してオナニーのオカズにすることくらいしかできなかった。
そんな俺がエッチするきっかけとなったのは、ある日の音楽の授業だった。
腹式呼吸の練習で、床に寝そべって足を上げたりする。
結構きつくて嫌だった。
そしたら、苦しくなった生徒の1人が吐いてしまった。
慌てて駆け寄った先生が俺の頭の上を走った時、スカートの隙間からパンツが見えた。
黒の下地にピンクの水玉模様だった。
あの一瞬は忘れられない。

1ヶ月後の放課後、先生に音楽準備室に呼び出された。
呼び出されるのは珍しいから、なんか怒られることでもしたかなと思いながら向かった。
と同時に、2人っきりになれると喜んでいた。
音楽準備室に入ったら扇風機がかかっていて涼しかった。
イスに座っていた先生がこっちを向いた。

「あっ、教科書忘れてたでしょ」

(なんだ、そんなことか)と思っていると・・・。

「ちょっと鍵を締めて、大事な話だから」

(え、まさか・・・)と思って期待したが、成績のことだった。

俺は音痴で音楽が苦手だった。
点が足りないらしく、明日から12人で補習があるらしい。
話は終わって、部屋を出てもいいと言われたが、密室で2人っきりだと思うと興奮してアソコが立ってきた。
俺はなぜか、「先生」と声をかけていた。

「何?」

「いや、あの・・・こないだ、パンツが見えちゃったんですけど」

「けど?」

「先生が好きで授業に集中できません。エッチさせてください」

そう言って、俺はその場で土下座をした。

「やめなさいよ。ちょっとだけパンツ見せてあげるから」

先生がスカートを上げた途端、俺は飛びついた。
乱暴に先生の服を脱がすとEカップが飛び出た。

「いやぁ」

「先生、入れていい?」

「だめ!それはもっと気持ちよくなってから」

(ええ!!OKなの!?)

先生は机からコンドームと電マとローションを出した。
その後パイズリ、フェラ、クンニ、そして挿入の仕方など、色んなことを教えてもらった。

「入れますね?」

「うん、あぁぁぁ気持ちいい」

最後は抜いて先生の口に出した。
それからは毎日、放課後にエッチした。

タイトルとURLをコピーしました