美人ホステスの手のひらで踊らされて

この体験談は約 3 分で読めます。

俺にとっても友達なんだけど、その子について説明すると、容姿は色気のある美人系で、そのことに自覚がないっていうか、鼻にかけてないんだ。
顔つきは常盤貴子っぽい感じかなぁ。
スタイルも良い。
胸もでかいし、脚もきれい。
モデルのスカウトも18歳くらいの時にあったらしい。
頭もきれるし、面倒見のいい性格だから男にも女にも人気あるんだけど、昼はOLで夜は高級クラブのホステスをしてる。

とりあえず『A子』ってしておくか。
年は27歳。

元々俺の友達がその店の客で、A子のこと結構気に入っててよく指名してたんだ。
A子は店の外で会ってもすっげーいい子で、本当にホステスやってんのかな?て思うくらい。
俺達の社会人サッカーチームを見に来たときも、美人だし、性格いいしであっという間に人気者。
最初は俺の友達の女かな?て思ってた。

でもある夜、遅くにA子から電話があって「今1人で飲んでるんだけど、良かったら来る?」とのこと。
友達に一応、「A子が『来る?』って言ってるんだけど、いいのか?」と聞いたんだ。
そしたら意地張っちゃって、「おぉ、行けよ。別に俺の女じゃないしな」だって。
車飛ばしてA子のところへ。

その日はA子も酔ってたし、俺もプライドとかあって手は出さなかったんだ。
そのことで余計にA子の中で俺のランクはUPしたらしい。
で、友達抜きで会ったりとかするようになって、俺としては(イケるっ!)って思ったよ。

何度目か2人で会ったとき、俺は精神的に参ってて、「今日は一緒にいてくれ」って頼んだんだ。
A子は少し考えて、OKともNOとも言わなかった。
きっと俺の友達のことを考えてたんだろう。
A子は俺と俺の友達の両方とも好きだと言ってたから・・・。

俺はその日はどうしてもA子と一緒にいたかった。
俺も友達のことは頭にあったけど、やや強引に車に乗せて口説いてた。
A子は仕事柄慣れてるのか、うまくかわすんだ。
今思うと、大人の女だったね。

で、諦めかけてた時、A子の方からキスしてきた!
エッチなキスだった。
唇が離れると、A子はくすくす笑っていた。

「何で?」って聞くと、「こんなこと男の人に言ったら悪いかもだけど、可愛かったから」だって!

「あいつとは?」って友達とのことを聞いたら、「さぁ?」ときたもんだ。

絶対あいつもA子に躍らされてると確信した。

キスされて黙ってるわけにはいかないんで、何も言わずにホテルに直行!
A子は黙ってついて来た。
抱きついてキス。
何度も舌を入れた。
俺の舌に応えるんだけど、なんかやらしいんだ。

そしてベッドへ・・・。
服を脱がせて胸にキス。
乳首を舌で転がしたり舐めたり、A子は感じているのか閉じた瞼が震えてた。
乳首にも刺激を与えて、パンツの上からクリトリスを焦らすように触った。
それだけで十分過ぎるほど濡れてきた。
パンツを脱がしてみるとクリトリスが膨れていた。
舌でねっとりとこねくりまわす。
可愛い声が漏れるたびに俺は熱中して刺激を加えた。
指を中に入れて、クリトリスを舌で転がし、空いた手で乳首を摘んだ。

「そんなにいじわるしないで」とA子が泣きそうな声で言うもんだから、指を残したままキスをして、何も言えないようにした。

喘ぎながら、「焦らさないで、お願い」と言ったので、ゆっくりA子のアソコを確かめるように入れた。
絡み付いてくるようで、すぐにもイキそうだった。
泣き声に似た喘ぎ声を聞きながら何とか我慢して突き上げては掻き回した。
しがみついてくるA子が可愛くて、キスしながらA子の中に出してしまった。

翌朝、何もなかったかのようにA子は振る舞っていた。
今晩も会えるかと聞くと、俺の友達と約束があるからだめだと言った。

「だって不公平でしょ」と。

やっぱりA子とあいつはできてるのかもしれないと思った。
でも、俺とも寝たA子。
もしかして俺達は2人とも、A子の手のひらで躍らされてるのかもしれない。

たとえそうだったとしても、俺も友達もA子から離れられないんだろうな。
今俺は、友達にA子とのことを話すべきかどうか迷っている。