空き家で不良学生に犯されていた主婦たち

この体験談は約 4 分で読めます。

愕然とする光景を目撃しました。

私は33歳になる独身サラリーマン。
女性運にも恵まれず未だにチェリーボーイ。
いつも駅前のベンチで本を読みながら、行き交う女性を物色しながら暇を潰している。
まぁ世に言う、気持ち悪い中年男性というやつです。

数年前の出来事を書きます。
平日の昼間、私は仕事も休みで駅前のベンチで本を読んでいました。
(まぁ女性を見ていたんだが)
すると、某高校(かなり有名な不良学校)の生徒が5人現れ、駅の出口にたむろっていたんです。
見るからにガラが悪く、絶対に関わりたくない感じでした。

彼らは人目を気にすることなく煙草を吸い、その辺に吸い殻を投げるという常識知らずの行為を繰り返していました。
もちろん行き交う人はみんな関わりを持ちたくないので、見て見ぬフリで素通りして行きました。
ちょっと若い女性が通ると、「姉ちゃん!遊ばない!!」と声を掛けていました。

彼らが来てから30分が経とうとした時です。
駅のホームから30代の綺麗な女性が歩いてくるのが見えました。
主婦といった感じで、私好みの女性でした。

女性は彼らに気づくと、遠ざけるように歩いて自転車置き場の方へ向かったのです。
男達の中で番長っぽい男が何か喋ると、彼らは立ち上がり女性の後を追いかけるように歩いて行きました。
なぜか無性に気になり、私も後を追いかけました。

駅から1キロほど走った所で、いきなり彼らが走り出し、女性の前に立ちはだかりました。
女性がビックリして自転車を停めると同時に男達に引きずられ、空き家の中へ入って行きました。
私は怖くなりましたが、女性が心配で、勇気を出して空き家に近づいて中を覗きました。

ちょうど女性は男達に両手両足を押さえられ、衣服を剥ぎ取られているところでした。
女性は泣きながら抵抗していましたが、力の差は歴然で、あっと言う間に全裸にされると、男達に体中を舐められていました。

それから椅子にM字に縛られ、携帯のカメラで撮影され、リーダーらしき男がチンポを出してマンコに入れられました。
何度も何度も出し入れされ、そして男の動きが止まった後、ゆっくりチンポを抜くとマンコからタラ~っと精液が垂れるのが見えました。

男達は代わる代わる女性を犯し、1時間が過ぎた頃、ようやく女性は解放されました。
男達は女性を縛っていた紐を解くと、「良かったよ!奥さん」と言ってその場から消えました。
女性は、しばらくその場で泣き崩れていました。
そして衣服を着ると身支度を整え、涙を拭きながら自転車で帰路に就いていました。

(凄いものを見てしまった!)

私は警察に言うべきか悩みましたが、関わりたくもなかったので黙っていることにしました。

それからまた数日経って、いつもの場所で本を読んでいると、例の奴らが現れました。
その日も彼らは女性を物色していました。
しばらくすると30代後半くらいの女性が現れ、案の定、彼らは女性の後を追いかけて行きました。
私は、またあの空き家に違いないと判断し、この間の空き家を目指しました。

ビンゴでした。
女性はもう全裸で、彼らの餌食になっていました。
前と同様、涙を流す女性に容赦なくチンポを入れ、中で放出していました。

彼女も綺麗な女性でした。
この前の女性より胸も大きく、私は思わずその場で抜いてしまいました。
彼女は約2時間も監禁され、彼らは全員、彼女の中に出していました。
やはり彼女のマンコからは大量の精液が垂れ、涙も枯れて、ただ男たちが終わるのを待っていました。
最後には写真を撮り、「バラされたくなかったら黙っていろ!」と言われていました。
彼女がコクリと頭を下げると、奴らは満足そうに帰って行きました。

その後、この空き家が、私の“抜き屋”になりました。
何人の女性が犯されたんでしょう?
彼らは決まって30代~40代の人妻をターゲットにしているようでした。
中には、一度犯された女性を空き家に連れ込んで、また犯すこともありました。
たぶん気に入った女性は携帯電話番号か何かを控えられて呼び出されているんでしょう。

私が2番目に見た女性は常連で、何度も呼ばれていました。
彼女も、慣れなのか諦めなのか、空き家に来る時の格好はエロく、ピタッと張り付くようなワンピースで、丈も短い物でした。
部屋に入るとすぐに衣服を自ら脱ぎ、男たちのチンポを咥えていました。
最後の方はお尻の穴にも入れられて、「ハァハァ、もっとお願いします」とまで言うようになっていました。

半年ほど通ったでしょうか。
急に空き家は壊され、彼らの姿も消えました。
卒業したんでしょうか?

街中で、犯された主婦たちに会ったことがあります。
何食わぬ顔で子供の手を引き、買い物をしているんです。
隣の旦那もニコニコ!
何も知らないって、幸せなんでしょうか?

私はまた駅前のベンチで本を読む生活に戻りました。