巨漢デブに押し潰されてた同僚の母親

この体験談は約 3 分で読めます。

物凄く気持ち悪い話なんだけど、同僚と同僚のオフクロさんとの凄まじいセックスを見たことがある。

5年前、名古屋へ同僚4人と研修出張に行った。
そのうちの1人が名古屋に実家持ちで、挨拶も兼ねて民宿代わりにそいつの家へお邪魔した。
夜はそいつのオフクロさんを含めて宴会。
ちなみオフクロさんは50過ぎのぽっちゃりコッテリとした普通のオバサンでバツイチ。
間違っても美熟女なんかではない。

散々盛り上がって、俺を含む3人は早々にギブアップして和室で雑魚寝。
3人っていうのは、俺と実家の主の同僚ともう1人。

夜中、変な鳴き声というか不気味なうめき声がして目を覚ますと、メンバーの1人の巨漢デブが見当たらない。
宴会をやってたリビングの方からは、明らかにオフクロさんのうめき声と巨漢デブのハァハァな声。
心臓がパンクしそうになって耳を塞ぎたくなったが、とりあえず好奇心から覗きに行った。
そしたらチェアの上でオフクロさんがデブに体をひん曲げられてガンガンやられてた。
ちょうどデブの背中目線だったから、俺は息を呑んで見てた。
ストッキングをビリビリにされたオフクロさんがデブの猛攻な腰使いに死にかけてたw

朝、その2人とオフクロをやられた息子の顔がまともに見れなかったわw
やべえ、忘れかけてた過去だが、書いてるうちに思い出してきたw
トラウマだわw

オフクロさんはほぼ着衣のままの状態でやられてたが、巨漢デブ同僚はスッポンポンのフリチンw
そこに至るまでの状況が謎w

180センチ以上100キロぐらいはあるような巨漢デブに、ぽっちゃりコロコロした小さなオフクロさんがプレスされるが如く潰されてた光景はマジトラウマw
オフクロさんはデブに潰されるんじゃねえかと思うほど強烈にガンガンやられて、「ひんぎぃぁぁぁ!」みたいなキモ声出してデブにイカされちゃったみたいw

その後、オフクロさん完全にくたばったようで、デブに容赦なく突かれ続けられても全く無言w
イッてしまって死体のようになってしまったオフクロさんに、容赦なくピストン続けて潰しまくってる。
デブは、「ぬっ!ふぬぅっ!」とキモ声を発し、どうやら50過ぎの妊娠不可能な体内に中出しw
俺は急いで和室に戻って聞き耳を立ててたが、なんだかゴソゴソモニョモニョやっていた。
しばらくするとデブが部屋に戻ってきたが、興奮と笑いで俺は朝まで眠れなかったw

すまん、しつこいが、書いてるうちにどんどん過去の興味が湧き上がってきたw
確かその時、同僚の家での宴会模様を写真に撮ったの思い出してアルバムを探ってみた。
で、見返すと、オフクロさんはそんなに汚いクソババでもないやw
むしろ男好きしそうなコッテリムッチリ熟女だったわw
酔って顔が真っ赤で、だらしなくパンツ見えそうになってるし、チェアで組んだストッキングの足がなかなかムチムチしてるw
これはデブが間違い起こしたのも必然かもw

当時の謎を追ってみようと思う。
ギブした俺らは提供された和室に入ったのだが、デブはオフクロさんと2人でまだ盛り上がっていた。
目が覚めたら変な声が聞こえてきたわけだ。
そこでオフクロをやられた息子が目を覚まさなかったことが救いであり、事なきを得て、俺の胸だけに仕舞っておくことができたのだ。

オフクロさんは着衣でデブはフルチン。
顔のほうまで体重をかけられ、折り曲げられたストッキングはビリビリに破れてた。
多少オフクロさんは抵抗したのか、抵抗されて服を脱がすのも困難だからと焦ってストッキングだけ破ってとりあえず一気にハメたのか?
それにしても、なぜにデブだけフルチンだったのかという謎が残る。

背中越しに見た、必死に腰を振りまくるデブの背中は汗だくだった。
湿疹だらけの汚いデブだ。
そんな巨漢デブに小さなオフクロさんが無理やり体をひん曲げられ、体重を目一杯かけられて押し潰されている無残な光景。
オフクロさんの体はデブの体に完全に潰されてしまっていて、顔のほうまで折り曲げられた伝線しまくりのストッキング脚しか見えなかった。

それにしてもデブの圧縮プレイは凄まじいものだった。
ゼイゼイ息を切らしながら、体を折り曲げたオフクロさんにこれでもかと強烈に腰をぶつけるデブ。
それはまるでアンドレに潰された前田日明のようだった・・・。