「精液便所」と呼ばれる生徒の母親たち

この体験談は約 4 分で読めます。

33歳、私立学校の教員です。

うちの学校の男性教師は「生徒の母親」を「便所」って呼んでます。
もちろん、精液便所ですよ。
うちの学校の母親の間では、「推薦もらえるかどうかは、何人の教師と寝れるか」って信じられてて、校長、教頭は毎日のように新しい便所を使ってます。
あと、英語教師も人気が高くて、同じ年の同僚は、夜、ノックがして「先生、相談があるんですが」って便所が立ってて、ドアを開けるとコート姿の便所が前を開いたら裸だったから、そのまま使ってやったとか、休みの日には入れ替わり立ち代わり便所に来られてチンポが乾く間がなかったとか自慢してます。

今年の便所を拝みに昨日のPTAの懇親会に出たら、居るわ、居るわ。

「子供のためなら何でもします」って便所が、派手な服着てケバイ化粧で集まってました。

有志による夜の懇親会では、推薦ボーダーラインの生徒の便所が昼にも増して媚を売ってきました。
その中から、仲のいい同僚二人と、有名な色白と巨乳、それから新顔の新入生の母親で脚の綺麗な便所3人連れてスナックで2次会。
店は10時まで貸切を頼んでおいたんでヤリ放題でした。
同僚のうち一人は3年の担任なんで3年の親の色白便所がすごく気を使っていて、同僚がビールを一口飲むと、いきなり「先生溜まってらっしゃるんじゃありません。よろしかったら、お楽にさせていただきましょうか」ってイヤラシイ流し目しながら同僚の股間を撫ではじめた。
同僚が「じゃ、ちょっと頼もうかな」って言うと、そいつのチャックを下ろしてチンポを引っ張り出すと拭きもしないで即咥えはじめ「ああ、先生、おいしいですわ」って、ねっとりと肉棒に舌を這わせた。
この色白便所は、気合いが入っていて男性教員全員とヤッてる本当の公衆便所だ。

もう一人の同僚に巨乳便所が「先生も溜まってらっしゃいません」って声をかけると「ああ、俺も溜まってるけど、とりあえずカラオケでもやってよ」って意味ありげに言うと「はい、せんせい」って、その巨乳便所が立ち上がって、ママに曲を入れてもらいイントロが流れ出すと店の真ん中で踊り始めた。
へたくそに体をゆすってるとしか見えないが、マイクなんか持つ気はない。
そのうち、スーツのボタンに手を掛け一つずつ外しはじめた。
40過ぎでもいい身体してるのを選んできたからそそられる。
そのうち、巨乳がブラを取り白い巨乳があらわになった。
乳首は散々教員連中にしゃぶらせたからか適度に黒くていやらしい。
そのうち巨乳は、派手なパンツも脱ぎ捨て全裸になるとカラオケを命じた同僚のひざに跨がった。
同僚が黒い乳首を舐めると身体をよじりだした。
新入生の母親だったので覚悟はしていたらしいが、踏ん切りがつかないようで俺が水割りを飲んで同僚たちと便所の痴態を眺めていてもじっとしている。
そこへ3年前まで便所の一人だったママが「今は受験も大変なんでしょう」と、俺の新しい水割りを作りながら切り出すと「せ、先生。あ、あの、先生も、た、溜まってらっしゃるんでしょうか」と真っ赤になりながら淫らな言葉を吐いてきた。

「え、何がですか」と意地悪く聞き返した。

その頃、色白便所はソファーに転がされ同僚がチンポを便所穴に突き入れ始めた。

「あぁ、いい、先生、いい」

挿入された色白便所の喘ぎ声が聞こえ、新顔便所が俯いちゃうと、ママが便所の耳元で囁いた。

「先生、あのザ、ザーメンが、溜まってらっしゃるんじゃないかと・・・」

便所が顔を上げ覚悟を決めたようなので、

「ああ、精子ですか。ええ、溜まってますよ。助けてくれるんでか」と言うと、
「は、はい。どうすれば」と聞いてきた。

そのとき巨乳便所が跨がっていた同僚のベルトを手早く解き、チンポを取り出すと自分で握って位置を定め腰を落とし「あ、ああ大きい、先生の大きい」と同僚にしがみついた。

俺が「奥さん、いい年して、男の抜き方ぐらい知ってるでしょ」と、巨乳便所をあごでしゃくって言うと、今度こそ覚悟を決めたのか立ち上がり、目を閉じて上着から脱ごうとしたので「奥さん、俺も早く気持ちよくしてよ。パンツだけ脱いで跨がってくれればいいよ」とわざと冷たく言ってやると「は、はい、」とスカートの中に手を入れパンツだけ下ろした。
ガーターベルトでストッキングを吊ってたのだ。
俺は気に入ったが「早くしなよ。おれ帰っちゃうよ」と不機嫌そうに言ってやると「あ、待ってください」と慌てて俺の前に跪くと俺のズボンを下ろしチンポを取り出した。
俺のチンポを目の前にすると便所が、またうろたえたようなので「奥さん、どうするの精子抜いてくれるの」と、イラついたように言ってやると「あ、いますぐに」とスカートを捲り上げ大股開いて跨がってきた。
便所が腰をおろす前に「奥さん、濡れてるの。慌てると痛いんじゃないの」とマンコを指でいじるとぐっしょり濡れていた。

「なあんだ、こんなに濡らして。奥さんもやりたかったんだ」とからかうと、
「言わないで」と真っ赤に成りながら腰を下ろしてきた。

「あぁ、」

俺のチンポがマンコにめり込みだすと、便所が眉間にしわを寄せ、喘ぎだした。
腰を落とし、すっかりチンポを咥えこむと便所が腰を振り出した。
俺は正直溜まってたんで、便所の服を脱がせながら言った。

「奥さん、いきそうだ。とりあえず一発出すよ。いいね」と言うと、
「あ、駄目、それだけは許してください」と腰を振りながらも首を横に振った。

「そんな、つまんないこと言わないでよ。奥さんのマンコ、イイよ。いくよ」

俺は構わず便所の腰を抱えると一発目を便所穴の奥深くに打ち込んだ。

「だ、だめえ。ああ、」

便所は言葉とは裏腹に俺にしがみつき、マンコをキツク締めて応えてくれた。

そのあとパーティルームのあるホテルに場所を代えて3対3の6Pを楽しんだ。
色白と巨乳は慣れたものでサンドイッチや3穴挿入まで頑張ってた。
新入生の便所も、結局俺たち3人に処女ケツ掘られてガニ股で帰っていった。

こんな俺にも教師の倫理感があって生徒には手を出したことがない。
いつか、今の生徒のガキが入ってきたら、ちゃんと便所にするだろうけど。

それまで、この仕事やめられないね。