俺と2つしか違わない父の再婚相手に迫られて

この体験談は約 3 分で読めます。

母を亡くして七回忌も過ぎ、父が再婚した。
50歳になる父の再婚相手(真紀)はまだ24歳で、会社の部下だと言っていた。
俺は大学4年なので真紀とは2つしか違わない。

俺の部屋の隣が父の寝室で、毎晩のようにセックスしてるんだ。
初めは声を殺していたが、真紀の喘ぎ声は次第に大きくなってきて、思春期の俺は真紀の声を聴きながらオナニーしていた。

ある晩、トイレに行くと廊下で真紀と会った。

「健ちゃん、私のエッチな声でオナニーしてたでしょ~」

何も言えずモジモジしてると、「可愛い」と言ってキスをしてきた。
俺は真紀を女として見ていた。
真紀は俺の腕を取り、俺の部屋に入った。

「真紀さん、オヤジがいるのに・・・」

「大丈夫~。もうイビキかいて寝てるわよ。ねえ健ちゃん、私のパンティでオナニーしてるでしょ~。精子が付いてたわよ~」

ゴミ箱を漁られ、丸まったティッシュを真紀に嗅がれた。
真紀がニヤニヤしながら言う。

「若いのね、凄く青臭い精子~」

俺は何も言えずにいると・・・。

「ねえ健ちゃん、お父さんに内緒にしてあげるから私とエッチしてくれる?私、満足出来なくて~」

真紀は俺の同意も得ずに俺のパンツを脱がせ、チンコをしゃぶってきた。

「う~、気持ち良過ぎ~、真紀さんイク~」

「いいよ、出して~」

「うっ、出る!」

俺は真紀の口に暴発した。
真紀はゴクリと飲み込んでいた。

「まだ出来るよね?」

パジャマを脱ぎ、ベッドに横たわる真紀。
そして股を開き・・・。

「健ちゃん、私のオマンコ舐めて~、早く早く~」

真紀のオマンコは濡れていた。
真紀は自分の指でオマンコを広げて見せた。
オマンコはパックリ口を開け、俺のチンコを待っているように見えた。
俺は真紀のオマンコを舐めてやった。
クリを甘噛みすると身体をピクピクさせて甘い声を出し始めた。
マンコの中を指で掻き回してやると、腰をガクガクさせてイッてしまった。

「アアン~健ちゃん凄く気持ちいいわ~、ねえキスして~」

唇を合わせると真紀は舌を絡めてきた。
俺は真紀の大きくて柔らかい胸を鷲掴みにして舐め回した。
乳首を吸ってやると真紀は喘ぎ声を出し始めた。
さすがにオヤジに聞こえたらまずいと思ったのだろう、口に手を当て声を押し殺していた。

俺は童貞ではないが経験値は低い。
ありったけの知識で真紀を責めた。

「アアン~健ちゃん~、もう駄目、イッちゃう~、入れて~早く~」

「真紀さん入れるよ!」

想像以上にきついマンコだった。
根元まで入れると真紀は体を仰け反らせて感じ始めた。
真紀を抱き締めて激しく腰を振ってやると、真紀は俺の腰に脚を絡め、背中に腕を巻き付けてきた。

「唾液ちょうだい」

せがまれたので、キスしながら唾液を流し込んでやった。

「真紀さん~気持ちいいよ~、イキそうだ」

「アアン~、私もイッちゃう~、来て健ちゃん~、私の中に出して~、アアン駄目駄目~、イクイクイク~、健ちゃん~」

避妊してないけど我慢出来ず、オマンコの中に射精してしまった。

「健ちゃん~まだ抜かないで~、もう少し繋がっていたいの~」

真紀は俺の頭を撫でながらキスをしてきた。
ゆっくり抜くと真紀のオマンコから精子が溢れ出てきた。
真紀は俺の汚れたチンコを舐めて綺麗にしてくれた。

朝、父が出勤すると真紀は俺を起こしに来る。

「健ちゃん朝よ~、ご飯食べるでしょ~」

布団を捲られ、朝勃起を見られてしまった。

「俺は真紀が食べたい~」

「ちょっと~、健ちゃんたら・・・」

俺はフル勃起のペニスを舐めさせた。
真紀は美味しそうに舐めていた。
真紀のミニスカートとパンティを脱がし、マンコを舐め回した。

「なんだよ真紀、マンコビチョビチョじゃん」
「いやぁ、健ちゃんが触るからよ~」

「じゃあ触るの止めようか?」
「駄目~やめちゃいやぁ~、オマンコ舐めて~、アア・・・アン、アアン~」

「真紀入れるよ~、おおおお~真紀~」

俺はフル勃起の朝チンコを突っ込み、激しくピストンした。
真紀は喘ぎ声を出しながら俺を抱き締めてくる。
悶える真紀が凄くエロい。

「真紀、イク・・・」

「健ちゃん、来て・・・」

俺は朝一番の濃い精子をマンコの奥深くに流し込んだ。
残り汁を真紀の口に出すと、真紀は飲み込んでいた。

すでに会社の内定を貰っていて単位も問題ないので、大学には週に1回出席するだけだ。
この前、3人で夕飯を食べていると、父に言われた。

「健介、母さんと仲良くしてくれな」

俺が頷くと真紀が言った。

「私たち仲良しだよね~、健ちゃん~」

オヤジ、俺と真紀を引き合わせてくれてありがとう。