耳年増な中1の妹がしてくれたオナニーサポート

この体験談は約 3 分で読めます。

オナニーする際の俺のスタンスは、部屋の鍵を閉めて、テレビやラジオを点けて音を紛らす。
のはずが・・・。

この前の日曜日の早朝。
休みによる昼夜逆転、そして朝までぶっ通しでゲームをやっていた。
そろそろ寝ようかと思って布団に入り、テレビを観ていた。
昨日オナってないためか、某局の日曜なのにマンデーなタイトルの番組に出ていた某女子アナに、俺は欲情してしまった。
ということで本を出し、洋楽の曲をかけ、いざ出陣。

ここで妹について書いておく。
もうすぐ中2の13歳。
発育は良くて背は160センチくらいあり、体型は普通。
性についてはあんまり知らなそう、だったのに・・・。

そして事件は起こった。
疲れが溜まってたのか、俺は部屋の鍵を閉め忘れてしまった。
さらに不運は続いた。
早朝で静かということで、音楽を少々大きめにかけていたのが災いした。

開始して7分後くらいに、「おにぃ、その曲誰のなん・・・」という妹の声と共に、突然ドアが開いた。
2人とも動きが止まったが、俺が何か言う前に、「ごめんなさい」と妹が謝った。
そして部屋を出て行くのかと思いきや、「見てていい?」って言ってきやがった。
俺は俺でもうパニクッてたから、「あ、あぁ」としか言えなかった。

やっぱり年頃だけあって興味があったらしい。
何にも知らないと思ってたのに。
そして俺も、「ああ」とは言ったものの、どうすりゃいいか分かんなくなってポカーンとしてた。

が、いきなり快感が走った。
妹が俺のを握りやがった。
半立ちだったモノが、一気にMAXになり、怒ってるのかってくらいギンギンにしてしまった。

「うゎ、◯◯ちゃん(妹の友達らしい)が言ってたより凄い!」

体に走った快感とその発言を聞いて我に返った。

俺「な、なんで触ってんだよ?」

妹「なんでって、別に?家族なんだし」

俺「は?家族って、お前・・・」

どうやら妹は、触ることに抵抗がないようです。
年が11歳も離れてるせいで、父親的感覚なのかな?と思ったが、それは一気に覆されました。

「◯◯ちゃんから教えてもらったんだ。◯◯ちゃんもお兄ちゃんの触ってるし、普通だって言ってたよ」

などと言いながら、俺のギンギンになったモノを妹は摩擦し続けていた。
◯◯ちゃんに聞いたのだろう、唾を垂らして滑りをよくしていた。
今までのセックスではこんな興奮はしたことはない。
妹ではあるが、こんなに気持ち良いのならば使わない手はない。
そんな事を考えていた俺は、5分後くらいには精を吐き出してしまっていた。

「わ、わ、すごーい。これが精子かー。ホントに臭いんだね」

物凄い快感が体を突き抜けた。
が、しかし・・・。

(やっちまった・・・)

出した後は、その思いだけが残った。

オナニーをやり始めた頃ってさ、変な罪悪感があっただろ?
で、慣れてくるとそれがなくなる。
しかし今回のでまた罪悪感が戻ってきたわけよ。

漫画ならこのままどんどん深みにはまるんだろうが、実際はそんなこと出来ないぜ?
禁断の果実は最高に美味いのかもしれないが、食べた後の精神の崩壊は・・・。

「おにぃ、聞いてる?」
「え、あぁ、何?」

「あの曲って誰のなんて言う曲だったの?」
「あぁ、あれ、◯◯の◯◯って曲だよ」

「ふーん、そうなんだ。今度貸して。最近私、洋楽に興味あるんだ(笑)」

そう言うと妹は部屋を出て行った。
何ともあっさりしたものだ。
さっきまで俺が考えてたのは何だったんだ?
そう思いながら眠りに就いた。
時間にしたら10分足らずだったが、脳に焼き付いて離れない。

あれから4日経ったが妹は相変わらずだ。
俺も普通に接している。
この先、どうなるかは分からない。