Mっ気の年下の男の子を食べちゃうのが好き

この体験談は約 3 分で読めます。

週末、B君と遊んできました。
B君は22歳。
この子は非常に緊張してて、会いたいし話もしたいと言いながら、実際そうするとしどろもどろになっちゃうの。
童貞じゃないんだけどね。

緊張するのは自分のMっ気を今まで他人に見せたことがないかららしい。
今日は最後までしなくてもいいんだから落ち着け~、と私は思う。

まずは私に慣れてもらおうと思ってベッドに押し倒した。
そして、そのあとは頭や頬を撫でたりキスしたり・・。
しかし抵抗はしないものの、きゅっと目を瞑ってされるがままになってる。
・・・なんだか年端も行かぬ処女を買ったヒヒ爺のような気分になってきた。

「もしかして、触られるの嫌い?」

たまにいるのよ。
触るのは好きだけど、触られるのは苦手って男。
でも蚊の鳴くような声で返ってきた答えは・・・。

「大好き・・・です」

良かった。
まだどうしたらいいかわかんないだけだな。

撫でながら耳や首筋を触るとびくっと反応するし、長々とディープキスをすると、「んっ・・・う・・・」と声があがる。
感度は良さそう。
しめしめ。

キスをしながら体を撫でていくと、下半身がそこそこ反応を示してる。
ジーンズの上から撫でる。

「あっ・・・!」

彼の体に力が入る。
可愛い。
ジーンズのチャックだけ下ろして手を突っ込み、軽く握る。

「あ・・・ああ・・・」

声が大きくなる、そして硬さが増してきた。
大丈夫ね。
緊張してどうにもならないかも、って言ってたけど。
ジーンズを引き抜き、Tシャツを捲り上げて、乳首舐めながら、手、というより指先でくすぐるように攻める。

「う、んん、あ、うっ・・・あっ・・・」

押し殺した喘ぎ声。
いい声だなあ。
うふふ。
我慢してるんだけど出てしまう、こういう声を聞きたいんだよね。

フェラをしてあげると体をよじって感じている。
シーツに顔埋めたり手で覆うような仕草をする。

「どうした?」

「・・・だって、恥ずかしくって・・・」

かーわいーいー。
萌え。
体臭の全然ない子で、味もほとんどしなくて舐めやすかった。

フェラでそのままイカせてあげようかと思ったんだけど、どうもその体勢では体を任せる感じにならず、イカない。
色々してみた結果、キスしながら手でされるのが一番いいようなので、片手で抱き寄せてしてあげた。
結局、その日はそれで2回イカせた。
挿入には到らず。

イッたら落ち着いたようで、「僕も舐めさせて下さい」と言うので、たっぷり舐めてもらいました。
経験はあるみたいで、クリトリスを吸ったり色々してくれて、私も思いきり声を上げちゃった。
気持ちよかった。

言うことがいちいち非常に可愛いので、この子とも楽しく遊べそう。
私は、(この子は何がいいのかな?)と探りながら少しずつ攻めるのが好き。
B君はジーンズのチャックをゆっくり下ろされた時が一番興奮したらしい。
その後はイクまで、頭が真っ白でパニック状態だった、だって。

あと、太ももって結構感じるみたい。
内側の筋肉にそって上に向かってそーっと撫でてやるとぞくぞくするんだって。
上まで行ったら足を開かせ恥ずかしい格好させて、でも肝心な所は放っておき、足の付け根を丹念に舐めたりして焦らしてやると楽しい。

私はそうやって責めて、相手が感じてるところを見てるだけでスゴく濡れる女です。