ルームシェアしてる友達の彼女と

この体験談は約 3 分で読めます。

オレはルームシェアをしています。男ばかりで。

そのうちの一人の友達には、真希ちゃんという優しく綺麗な彼女がいます。
真希ちゃんは性格もよく、浮気など考えられないような真面目な子です。

しかし、約半年前から彼女は・・・。

男所帯にご飯を作りに来てくれる優しく可愛い真希ちゃんは、一度は付き合ってみたいと思うアイドル的存在でした。
そんな真希ちゃんがある日、オレが帰宅すると台所で泣いていました。

「どうしたの?」と聞くと彼氏と喧嘩して彼氏が怒って出て行ったらしく、気の弱い彼女は怖くて泣いていたそうです。

「でもK君(オレ)が居てくれるから気が和らいだ」と真希ちゃん。

可愛い子だな、なんでこの子を泣かすんだと、少し友達にムカつきすら感じました。

後日、家に帰ると真希ちゃんがご飯を作りながら「おかえり」と迎えてくれました。

「M(彼氏)は?」と聞くと、「今日は仕事で遅いらしい」とのこと。

この前の涙が気になったオレは喧嘩のその後を聞いてみた。
そしたら、相当抱えてたらしく愚痴が3時間も続いた。
そっかそっかと優しく聞くオレ。
それが全ての始まりだった。

その後、こうして二人で話すときが増えていった。
そのうち愚痴る場所はオレの部屋になった。
いつしかオレは真希を好きになっていた。

その後も、愚痴会は何度もあったが、ある日オレは意を決して気持ちを告げた。

「これ以上二人の時間が増えると、オレも辛くなるから」と話した。

「私も辛いけどさ」

オレも分かっていた。
彼女もオレを好いてくれてることを。
だからこそ、距離を置こうとした。

「いつからかK君と会いたくてここに来るようになった」と真希は言った。

複雑な気持ちになった。
その日は気まずくなって、それ以上は話さなかった。

次の日、オレは休日だったので昼頃まで寝ていた。
ふっと目を開けるとオレの隣に真希が寝ていた。

「えっ?」

その声で真希が眠たそうに目を開けて「おはよう」と言った。
状況が把握できなくて「ん?」とオレ。

「へへへ」と真希。

どうしてこうなったのかと聞くと、その日は真希も休みでMは仕事。
朝にMを見送って、ふっとオレの部屋を覗くとオレが寝ていて、寝顔を見たらたまらなく愛おしくなって、こっそりオレの部屋に入ったのだと言う。

「あんまり可愛いからフェラして起こしちゃおうって思ったのに、全然起きないから一緒に寝ちゃった」と真希。

またしてもオレは「えっ?」。

布団の中を覗くとオレの息子が露出していた。
触ってみると確かに唾液でべとべとになっていた。

「ホントに気がつかなかったんだね。でも、ホントにK君寝顔が可愛いね」と真希。

その瞬間、オレの中で何か糸のようなものが切れた。

オレは、真希に抱きつき、キスをした。
とびきり濃厚に。

「K君好きっ、K君は?」
「俺も好きだよ」

すると真希はふふふと笑い、「知ってる」と小悪魔な発言。

「ご褒美に私の前でオナニーして良いよ」
「なんで?」とオレ。

「み・せ・て」と真希。

恥ずかしいけど、真希が可愛くてしょうがない。

オレは従った。
真希の前で始めるオレ。

うっとりした目でそれを見ながら、ときどき愛おしそうに体のあちこちにキスをしたり舐める真希。

「K君可愛い」
「真希。もう出ちゃうっっ」

オレは喘いだ。

「待って!だめぇ」と俺の右手を止める真希。

「真希もっ!」と上目遣い。

なんてエロいの!

真希はオレの我慢汁をペロペロ舐めると、着ていた寝巻きを脱いだ。
綺麗な肌、CかDの程よい胸、薄く生えた陰毛、それをキラキラと輝かせる愛液。
この時にはもうオレは彼女にぞっこんになっていた。

そして、四つん這いになってお尻をこちらに向けて突き出して、真希はこう言った。

「真希のここに(指差しながらこちらに振り向き)、K君のおっきいおチンポじゅぼじゅぼしてくだしゃい」

その台詞だけで、オレはイキそうだった。

そのあとはプレイに没頭して、あまり覚えてないが、その日に5回やった。
真希のリクエストで全て中出しで。

その後、オレと真希は彼氏の目を盗んでは色んな場所でしている。
今まで全て中出しで。

どうすんだろ?オレ。