俺のことを「お父さん」と呼んでくれた女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

女子大生と出会い系で出会った。
年の差は30歳くらい。
俺は自営業をしていて、独身だ。
出会い系で出会い、年齢を言っても嫌がらない。
逆にそれくらい年上の方がいいらしい。
ファザコンだと自分で言っていた。

写メをもらっていたが、実際に会うと可愛らしい子だった。
自分では可愛くないと言っていたが、可愛い。
結婚歴もなく娘もいない俺は、こんな子が娘だったらどんなにいいかと思った。

車に乗り、昼食へ行った。
女の子のことは、「かなちゃん」と呼ぼう。
かなちゃんは俺のことを、「お父さん」と呼んだ。
普段、父親のことはパパと呼ぶらしいのでお父さんになった。

きっと周りからは親子と思われているのだろう。
かなちゃんは、笑顔で美味しそうにご飯を食べる。
それを見ていると幸せな気分になった。

ご飯を食べて車でドライブしようということになり、ドライブをした。
車の中では笑いが絶えなかった。
しばらくして、かなちゃんが俺のチンコを触ってきた。

「かなちゃん、急にしたら危ないよ」

そう言ったが、かなちゃんはズボンのファスナーを開け、パンツの上から触ってきた。
俺のチンコは反応し、パンツの中で苦しそうにしていた。
パンツからチンコを出すと、かなちゃんは運転中にも関わらず俺のチンコを口に含み、フェラをしてきた。
気を確かに持っていないと今にも事故りそうだ。
見てはいないだろうが、周りの目も気になる。

俺は車がいない道を選び、田舎の方へと向かった。
山道に入り、どこか停めれるところを探す。
その間もかなちゃんはフェラをしている。

「かなちゃん、お父さんイッちゃいそうだから、ちょっと待って」

そう言うと、やっと口を離した。

「かなちゃん、ブラジャー外して」

かなちゃんはブラジャーを外した。
俺は服の間からかなちゃんの胸と乳首を揉む。
かなちゃんは「はぁはぁ」と言いながら俺のチンコを手コキしている。

「お父さん、あそこの広場、良さそうだよ」

指を差した先には誰も来なさそうな空き地があった。
車をそこに停めた。
かなちゃんを後部座席にやり、俺も後ろへと行った。
俺はかなちゃんを座らせ、胸を舐めた。

「お父さん、気持ちいい」

俺の頭を持ち、胸へと押し付ける。
俺は無我夢中で吸った。

「あん、あっ。気持ちいい」

俺ももう我慢できず、かなちゃんを上に乗せて入れた。
かなちゃんのマンコは温かく、柔らかいが締まりがいい。

「お父さんの気持ちがいい~」

かなちゃんは動いている。
車もギシギシと鳴っている。
外では子供の声も聞こえる。
まずいと思い一度止め、周りを見て誰もいないことを確認し、かなちゃんのお尻を持ち、さらに激しく動かさせた。

「あん、あん。気持ちよすぎて。あん。あん」

腰の動きが激しく速くなっていく。

「かなちゃん、イクよ」

「イッて、私もイク。お父さんのでイッちゃう」

2人同時にイッた。

後部座席にずっといると怪しいので、俺はすぐにティッシュで拭き、運転席へと行った。
しばらくしてかなちゃんが助手席へと来た。
それからかなちゃんと夕食へと行き、別れた。

それからしばらくして、かなちゃんからメールが来た。

『お父さん、あの時はありがとう。彼氏が出来たのでもう出会い系はやめます。幸せになってね』

『俺こそ、ありがとう』と返事をし、かなちゃんとは終わった。

今、かなちゃんが幸せになっていることを願っている。