従姉の姉ちゃんが泊まりに来て・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

(誰だろ?こんな時間に・・・?)

電話の呼び出し音で目覚めた僕が時計を見ると、午前1時を回っていた。
携帯の画面を見ると、そこには『ゆき姉ちゃん』の表示。

ゆき姉ちゃんとは、母の妹の娘で、僕より2つ上の従姉である。
互いの実家が近い為、幼い頃は一緒に遊んだり、高校も同じ学校だったので、最初は一緒に通ったりしていた。
僕が就職の為に東京で一人暮らしを始めた際も、東京の寮にいた姉ちゃんが引越しの手伝いに来てくれた。

「もしもし~」

僕は眠いのもあり、ちょっと不機嫌で電話に出る。

「ひろく~ん♪」

かなりご機嫌な声。
酔ってるのが分かる。

「寝てた~?」

「当たり前だろ!今、何時と思ってんのよ?」

僕は尚も不機嫌に答える。

「ごめんね~。今、◯◯駅の前なんだけど~電車もなくなっちゃったし~お金もないし~泊めてくれな~い?」

「はぁ?」

「あたし酔ってるしさ~このままだったら悪い男にさらわれちゃうよ~それでもいいの~?」

「カードくらい持ってるっしょ?どっかホテルでも泊まったら?」

「ひろ君・・・冷たい・・・」

電話の向こうからすすり泣く声・・・。

「わ、分かったよ・・・今から迎えに行くからそこで待っててよ」

ウソ泣きだった・・・。

「ありがとー。ひろ君好き。じゃ、さらわれないように、いい子で待ってるからね~」

姉ちゃんはそう言うと電話を切った。

(迎えに行くって言ってもな・・・)

◯◯駅は、僕の家からだとバイクで行っても30分はかかる。
今は11月の末で、この時間は肌寒い。

(かったるいな~・・・)

そんな思いがふつふつと・・・。
でも酔ってるとは言え、ゆき姉ちゃんも寒いだろうな・・・。
仕方ない・・・迎えに行くか・・・。
今度、何か奢ってもらおう♪
僕はヘルメットとバイクのキーを持って家を出ようとした。

「あっ!」

急なことで忘れていたが、部屋が汚かった・・・。
とりあえず脱ぎ散らした服を洗濯機に入れ、回したまま家を出た。

30分後・・・。
◯◯駅に着くと、ゆき姉ちゃんはご機嫌だった。
男2人と大きな声で笑いあってる・・・。

(なんだよ~。連れがいるなら送ってもらえばいいのに・・・)

僕はかなりムッとして姉ちゃんに近付いた。

「おっ!ひろく~ん♪」

僕を見つけて歩み寄って来るゆき姉ちゃん。
しかし、その足元はフラフラ・・・。

「だ、大丈夫かよ?」

「大丈夫、大丈夫♪私、そんなに酔ってないから~」

息が酒臭い・・・。
とりあえず連れの男性に挨拶をしようと思ったが、2人の姿はない・・・。

「あれ?あの2人、姉ちゃんの連れじゃなかったの?」

「ん~?知らない人~」

呆れた・・・。
本当にさらわれるとこだよ・・・。

僕は姉ちゃんを抱えてバイクの側へ。
さっと跨がった僕に対し、ゆき姉ちゃんは何度もトライ・・・。
ここまで飲まなくてもね~。
僕は何度も姉ちゃんに「ちゃんと掴まってろよ!」と言うと、バイクを家に向って走らせた。
途中、ゆき姉ちゃんの寮まで送って行こうかと思ったが、寮は家とは反対側。
どんなに急いでも30分。
送り届け、そこから僕の家まで1時間。

(ないな・・・)

すぐさま僕は自分の考えを否定し、自宅に向った。
途中、姉ちゃんが手を離すんじゃないかと気が気じゃなかったけど、無事に自宅に到着。

「ここ、どこ~?」

能天気なことを言ったかと思えば、玄関先で寝る姉ちゃん・・・。

「ちょっと~、こんな所で寝るなよ~」

僕はそう言うと、姉ちゃんを抱えて部屋まで運ぶ。
ベッドで横にし、このまま寝るかと思いきや・・・。

「化粧、落とさなきゃ・・・」

半分寝惚けた声で姉ちゃんは言うと、むくっと起き上がった。

「シャワー浴びていい?」

「あぁ」

僕は箪笥からバスタオルを出し、姉ちゃんに渡そうとした。

「あっ」

姉ちゃん、僕がいるにも関わらず、その場で服を脱いでるし・・・。
ジーンズはすでに膝まで下ろされ、白いショーツがはっきり見える。
そして今まさにタートルネックを脱ごうと、裾に手をかけてる姉ちゃん。

「ちょっと、ちょっと~!」

僕は慌てて声を上げた。

「ここで脱がないで向こうで脱ぎなよ~」

僕は姉ちゃんの背中を押しやり、浴室の前まで連れて行き、部屋に戻ってドアを閉めた。

「なに照れてんの~?昔は一緒にお風呂に入ったでしょ~?一緒に入る~?」

ドアの向こうから聞こえる姉ちゃんの声を無視し、僕はテレビのスイッチを点けた。
ガシャン浴室のドアが閉まる音がして、シャワーの音が微かに聞こえ出した。
やっと一息つくことが出来た。

「お待たせ~♪」

シャワーの音が止み、ドアが開き、能天気な姉ちゃんの声がする。

「別に待ってないし・・・」

そう呟いて声の方を見た瞬間、僕は固まってしまった・・・。
姉ちゃん、タオルを首に巻き、髪を拭きながら出て来たのはいいが、身体が丸見え。
言葉を失い、ただただ姉ちゃんを凝視する僕を尻目に、「もう寝るね~」と姉ちゃんは言うと、そのままベッドに入った。
入ったと言うよりは、うつ伏せに倒れこんだって感じ・・・。
そして、その瞬間から寝息を立ててる・・・。

「ちょっと、姉ちゃん!風邪引くよ~!」

僕が声を掛けても起きる気配なし・・・。
真っ白いヒップを目の当たりにし、ムラムラした僕。

(いかん、いかん!姉ちゃんに何欲情してんだ!)

僕は自分にそう言い聞かすと姉ちゃんに布団を掛け、自分はタオルケットに包まり、ベッドの下で横になった。
しかし姉ちゃんの裸を見た為か、妙にドキドキして眠れない。
目はギンギンとするし、どうも落ち着かない。
それでもしばらくして、やっとウトウトしかけた頃、ガバッと頭の上で布団を跳ね上げる音。
時計は見てないけど、だいたい4時くらいか・・・。
見ると姉ちゃんがベッドに座り、キョロキョロと辺りを見回している。

「どうした?」

僕が聞くと姉ちゃんは・・・。

「え?ひろ君?ここ、どこ?」

「はぁ?ここは俺んち!姉ちゃん、終電なくなったからって俺を呼び出したんじゃん!」

僕は呆れて、そう答えた。

「ひろ君の家か・・・で、私、なんで裸なの?」

不安そうに聞く姉ちゃん。
僕は呆れ返って言葉が出ない。

「ひろ君・・・もしかして・・・」

「ん?」

「あたし・・・」

「何?」

「ひろ君と・・・その~」

ピンと来た。
深夜に迎えに行って床で寝るはめになった僕は、ちょっといじめてやろうと思った。

「姉ちゃん、激しかったよ~。食い付いて離さないんだもん」

「きゃっ」

姉ちゃんはそう言うと布団を被った。
ますます面白くなった僕は尚も続ける。

「こんなにやったのいつ以来かな~?初めてかも?」

「もう言わないで~」

布団の中から姉ちゃんが叫ぶ。

「ま、そういう事だから。寝て、忘れちまえ!」

僕はそう言うと、また横になった。
しばらく沈黙が続いたが、姉ちゃんが口を開いた。

「ひろく~ん・・・お母さんには言わないでね・・・」

「あぁ、分かったよ。じゃ叔父さんや直幸(従弟)には言っていいんだね」

「いやっ!ダメっ!誰にも言わないで~お願~い」

「はいはい。分かったよ。誰にも言わないから、もう寝な」

僕がそう言うと・・・。

「約束だよ・・・おやすみ・・・」

姉ちゃんはそう言い、ベッドで横になる気配がした。
僕はちょっと笑って、そのまま眠りに就いた。

妙な感覚で目が覚めた。
体の上に何か乗ってる。
寝惚け眼を開けると、目の前に白い物体。
よく見ると、それはお尻。
そして股間にはヌメヌメした感触が・・・。

「ね、姉ちゃん?」

僕が声をかけると、ヌメヌメした感覚が一気にスピードを増した。

「うっ・・・ね、姉ちゃん・・・何やってるの・・・?」

そう言いながらも僕は快感に負け、動くことが出来ない。

「ね、姉ちゃん・・・ウソだよ・・・ウソ・・・やったって言ったの・・・ウソだから!」

「エッ?」

姉ちゃんは驚いた顔と涎で濡れた口を僕に向けた。

「ウソって?」

「だから昨夜、姉ちゃんとはやってないって!」

僕がそう言うと姉ちゃんの顔は真っ赤になった。

「従姉だろ?やるわけないって!裸だったのは姉ちゃんがシャワー浴びて、そのまま寝たからだよ!」

僕がそう言うと、「信じられな~い」と言い、顔を手で覆った姉ちゃん。

「ねっ?だから、もう下りてよ・・・」

僕がそう言っても、ショックの為か、俯いたまま動こうとしない姉ちゃん。

(泣いちゃったかな?)

僕もショックに陥り、動くことが出来なくなった。

沈黙・・・。

裸の姉ちゃんは僕の上に座ったまま動こうとしない。
僕もまた、裸の姉ちゃんに座られては動くことが出来ない。
すると姉ちゃんは、顔を覆った手を下ろした。
で・・・ペロペロ継続!

「ちょ、ちょっと、姉ちゃん!」

僕が言ってもまるで無視。
そして思いのほか、しつこい舌技。
僕に絡みつき、体の力が抜けてしまう。

「ね、姉ちゃん・・・上手い・・・」

すっかり気持ち良くなった僕。

「うっうっ・・・」と、声まで出る始末。

そして程なく決壊・・・。
姉ちゃんの口に、僕はたっぷりと出してしまった。
それに合わせて動きを止めた姉ちゃん。
コクンと音を立て、僕が放出したモノを飲んでしまった。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました