俺に好意を抱いてる部下の由美

この体験談は約 6 分で読めます。

その子が俺に好意を抱いてることは、一緒の職場にいる以上、俺が気づかないわけがなかった・・・。

仕事をしててもその子は覚えが悪く、また性格は割りとがさつで、よくしゃべる。

一度、「千円やるから10分黙ってろ」と言ったことがあるが、「そんなんしたら、死んでしまうわ・・・」って・・・。

(オイオイ、ナニイッテンダヨ。)

それでも自分の部下ともなれば、「アホ、ボケ、カス・・・」と叱り飛ばしながらも、その子は真摯に自分に向かってくれる俺に、好意を持って見てくれてたようだ。

そしてその子、由美が風邪を引いたらしく、2日休んだ。
周りは「鬼の霍乱か?」とは言ってたが、あんまり休まれては困るのでこっちから連絡し、俺が様子を見に行くことになった。

アパートの場所も知らず、とりあえず近くまで来てから電話を入れると、「もう殆ど大丈夫なんです。今から出迎えに行きます・・・」とのこと。

煙草を2本吸ってる間にヒョコヒョコと迎えに来てくれたが、その時の着てる物が、おっさんスウェットの上下そのものだ・・・。
まだ鼻水が垂れるようで、グズグズ言わせてた。

部屋に入ると、「こんな格好で、風邪がまだ治ってないと思ったでしょう・・・」と。

見舞いと称して持ってきたオレンジを渡し、具合を聞いていた。
まぁ、やはりよくしゃべる・・・。
更に鼻水が垂れてきてるのにそのまましゃべるものだから、こっちから、「鼻水垂れてきてるぞ。俺がすすってやろかぁ?」とキスでもしそうな口を作ると、「いいですぅ・・・」と、思いっきり(ビィー・・・ム・・・)とティッシュを使う・・・。

(こいつ俺のことをまったく異性として意識してないな・・・)

「この窓からは冬になると山の雪景色が綺麗なんですよ・・・」と言う。

そういやこいつはスキーが趣味とか言ってたな。
部屋を見渡せば、カービングの板とブーツ(6ヶ所止めのレーサータイプ)に、更にショートスキーまで置いてある。
夏はスキューバをするらしいが、なぜかカナヅチだという・・・。
で、その横には洗濯かごに入ったままの洗濯前の下着があった。
途端に俺は下半身が勃起するのを覚えた・・・。

(・・・ったく、節操のない。理性も人格もない下半身やなぁ・・・)

と苦笑しつつ、よく見れば、窓際には結構大きめのブラと、可愛らしいパンティが干してある。
完璧に勃起した・・・。

「でね、あそこがスキー場で・・・」と立ち上がって窓辺に立つが、もう俺は話を殆ど聞いておらず、「へえ~・・・」と、一緒に窓辺に向かった。

そして、そのまま後ろから由美を抱くように手を回した・・・。

「あ・・・」

由美の躰が堅くなるのが分かった。

(メチャ可愛い・・・)

「お前のブラって結構大きいんのな・・・」

洗濯物を見ながら言うとポッと俯く。
俺はそっと首筋に唇を這わし、耳元で囁く。

「可愛いな、そういうところが・・・」

由美は俯いたままだが、そのまま体を回し、口づける・・・。

「ん・・・」

素直に俺の口づけを受け、じっとしてる・・・。
俺は右手を胸に持って行き、ゆっくりと揉むようにするが、ブラが邪魔だ・・・。
そのままスウェットの上からブラだけをあげて、スウェット越しに胸のふくらみを感じ取り、乳首を探す・・・。

(イマイチ分からない・・・)

で、今度はスウェットの下から直に肌に触れ、そのまま胸を探す・・・が、不思議な感じがした・・・。

体つきとブラの大きさから、結構あるかなと思ってたが、それが堅い感じを受け、しかも小さいのだ・・・?
(後で分かったが、すごい鳩胸で、筋肉に近く、カップは大きいがパイズリは不可だよって言われた。)

仰向けにしても、胸の形はそのままなのだ。
乳首はマッチ棒の軸の頭のようで、ちっこくて、これまた可愛いピンク・・・。

口づけをしたままベッドに行き、二人でちょこんと座る・・・。
左手は背中を支え、右手はだんだん汗ばんできた肌を愛撫し続けている。

(こっちは所帯持ち、こんな状態で会話は要らない・・・)

俺は由美をゆっくりと横たえ、首筋、耳、顔の部分にキスの嵐・・・。

「はぁ~・・・」

悩ましい声を出し始めた頃、上を脱がしてブラも取る。
胸回りは日焼けしておらず真っ白で男心をゾクゾクさせる。
思わず小さい乳首に吸い付き、片方の手でもう一方の乳首を軽くつまみ、コリコリと弄ぶ・・・。
時々ピクッと躰が反り返る感じがするが、その度に彼女の手は俺の背中をきつく抱きしめてくる。

俺は下半身に手を伸ばし、スウェットの下を脱がそうとすると、腰を上げて協力してくれた。
もうパンティ一つしか身につけてない。
しかもこのパンティ・・・、テディベアのプリント柄だ・・・。

俺はクスッと笑い、「可愛いの履いてるな・・・」と言えば、「私だけ脱いで恥ずかしい・・・」と言う。

(そやな・・・)

慌てて俺もパンツ一丁になり、改めてお互いにギュッと抱きしめあう。
いいなあ、女の子の躰って・・・、柔らかくて暖かくて・・・。

また乳首を口に含むと、

「アッ・・・、私乳首とあそこと繋がってる感じがする・・・」
「乳首を攻められると、アソコに響いてニュルニュルになる・・・」

クロッチの部分に手を持って行けば、確かにクチュッとした感じがある・・・。
いよいよパンティを脱がしにかかると、しっかりと透明な糸が引くのが見えた。
彼女の手は、俺のパンツの上から珍棒をさすっている・・・。

彼女の毛を見て、ハハァと思い、ニヤリとしてしまった。
スキューバをやるからトリミングはしてるんだが、性格の雑さが災いして、ビキニラインがガサガサだ・・・。

(ハイレグは無理だな・・・)

要らぬ事を考えながら、俺は自分が下の69の体勢になりたくて、「跨がってくれ」と言うと、「恥ずかしい・・・」と言いつつ従ってくれる・・・。

彼女のアソコは、丁度鶏の鶏冠のように濃いピンクで、ゆらりと垂れ、微妙にゆるみ、滴が光っている。
もう俺のパンツは脱がされ、彼女は咥え始めてる。
俺は焦りつつもゆっくりと両手を伸ばし、小陰唇を広げる。
プニュプニュして柔らかい・・・胸と躰の張りの堅さとは段違いだ・・・。

舌を伸ばし、舐められる部分は全部舐め、由美の可愛いあえぎ声を楽しむ。
押しつけてくる尻を抱えて、穴の中に舌を入れると、「ア・・・、ウ・・・」と痙攣したように震えて力が抜け、俺の顔の上にドサッと濡れた陰唇が落ちてきた。

由美のアナル周りからあそこはセピア色で、そんなに使い込んではいない感じだ。
滴が垂れそうになるのを、舌を伸ばして受ける・・・。
(若干の酸味とハッカのような味だ)

真珠色のクリに舌を伸ばそうとするが、ちょっと届かない・・・。
もうこちらも臨戦態勢が整い、仰向けにしてM字に足を開かせる・・・。
綺麗な躰でメチャ色が白い。
それが陰毛との白黒の対比でとても卑猥に映る・・・。

(た、たまらん・・・。)

由美は恥ずかしさを隠すためか、右手を自分の顔の上に持って行き、見ないようにしてる・・・。
俺は珍棒を添えて、挿入の体勢を取るが、そのまま入れては勿体無い感じがした。
カリの頭の部分だけをクチュッと入れて、それをクリトリスに擦りつけ、潰すようにこねる・・・。

「ア・・・、ハッ・・・ハウ・・・ン~・・・」

クリに擦りつける度に腰がせり上がる・・・。
こんな反応が面白くて、何度か繰り返す・・・。
皮からピョコッと顔を覗かせたクリを、俺の鈴口で挟みつけるように潰していると「も、もう・・・」と潤んだ目で言ってくる・・・。

「とうとう不倫するんやで・・・」と言うと、無言でコクッと頷く。

小陰唇は充血し、迎える準備が整い、濡れて光っている・・・。
珍棒を添え、ググッと挿入する・・・。

「ア~・・・」

顎を仰け反らし、可愛い声で喘ぐ・・・。

(ウワ・・・、きつい・・・)

こっちも生は久しぶりなのと、スポーツをやってる躰は締め付けが半端じゃない・・・。
動かしても、竿の周りがザラザラとこすれてくる感じのきつさ・・・。
もう夢中になった・・・。

「気持ちイイ~・・・」
「俺もや、久しぶりなんや・・・」

思いっきり奥に突っ込むと、目をギュッと閉じ、声も出さない・・・。
腰を回して、“3浅1深”などと考えていたが、あまりの気持ちよさにとても持ちそうにない・・・。
すぐに抜いて、今度はバックからと言うと、素直に従ってくれる。
尻だけを高く掲げ、胸をベッドにつけるくらいの体勢を取ってくれた。
もう、アナルも何もかも丸見えだ・・・。
挿入すると、ズリズリッと竿の横がこすれる・・・。

(き、気持ちエ~・・・)

パンパンと音を立て、珍棒を叩き込む・・・。

「アン・・・、ウン・・・、ハン・・・」

由美の声が響いてる・・・。

(このままじゃすぐに行ってしまうな・・・。)

俺はいたずらを考え、そのまま突きながら、右手の小指を濡らし、そっとアナルに入れていった・・・。
由美はあえぎ続けており、尻に指を入れても分からないようだった。
が、指を全部入れて腰を動かしていると、自分のカリの動きが分かるのだ。
膣壁と腸壁の薄さを改めて知ったが、逆に俺の方が自分の指の刺激も加わって行きそうになってしまった・・・。

今度は仰向けにし、足をくっつけるように抱えて深く挿入する・・・。
まさしくズリュッズリュッという感じの擦れ方だ・・・。

限界が近づき、正常位に戻り、

「中で・・・?」
「外で、お願い・・・」

「OK、んじゃ、そろそろ行くよぉ・・・」
「ウン・・・」

力を込めてパンパン・・・と叩きつける・・・。

「アア・・・、いいー!」
「オオッ・・・イク!」

咄嗟に抜き、腹の上に発射・・・AV男優か、俺は・・・。

お互いにハアハア・・・と心地よい気だるさを感じ、しばらくして腹の上に散ったザーメンを拭き取ってやり、放心状態の由美のおでこに軽くキス・・・。
由美は目が覚めたように起きあがり、俺の珍棒をパクッと咥える。

「え・・・?この年じゃそうそう復活はせんぞ・・・」と言うと、上目使いにそのままジュポジュポと続けていたが、それが終わると、「これで綺麗になったね・・・」とニコッと笑う・・・。

何でも、元カレに「終わったら綺麗に口で後始末をしろ」と教え込まれたらしい。

笑ったのは、「エッチって、ゴムとか付けるんですかぁ?」と言われてしまったこと。
今まで付けてしたことがないらしい・・・。