バイト先で社員さんにフェラチオしてあげた

この体験談は約 9 分で読めます。

あんまり上手に書けないけど、カキコします。
私は21歳の学生でファミレスの深夜バイトをしているのですが・・・。
そこであったお話を。

深夜はお客さんも少ないので、社員さんと2人で閉め作業、後片付けをすることになっています。
ある日の深夜なんですが、それは起こりました。
ここではAさんとしておきます。

A「今日もお疲れ様、◯◯ちゃん、適当に何か作ってご飯でも食べよ~」

私「え、いいんですか?お腹空いてるんですよねぇ、じゃぁ遠慮なく~!」

Aさんがレジ閉めなどの作業をしている間に、レシピを見ながら2~3品作ってお水を持って休憩室に行きました。

A「今日も疲れたね~、ん?それだけでいいの?もっと作ってもよかったのに」

私「いえいえ、これだけあれば十分ですよ~、それにこんな時間だし、あんまし食べ過ぎても・・・ね」

A「女の子だねぇ、やっぱし◯◯ちゃんは」

私「あ~、その言い方!女の子だったらみんな気にしていますよ~だ」

A「ゴメンゴメン、他のバイトの子と違って◯◯ちゃんは細いのによく食べるなぁ~、って思っててさ、まぁ、いいか食べよ食べよ~」

A「そだ、ちょっと待ってて、あれ持ってこないと・・・」

私「あ、ソース忘れちゃいました。よく気が付きましたね、さすがAさん」

A「褒めたって時給は上げられないよ~。あ、先食べ始めてていいからね」

そう言ってAさんは休憩室を出て厨房の方に行きました。
私はお腹が空いていたのですが、性格上待つことに。
しばらくしてAさんが休憩室に戻ってきました。

A「あれ?食べてていいよ~って言ったのに。どしたの?」

私「いやぁ、なんとなく・・・。それにいただきますのご挨拶は一緒にしないと、です♪」

A「さすが保育士志望だね、あっ、ソース持って来たから使って」

私「あっ、ありがとうございます。そだ、厨房に何しに行ったんですか??」

そう言うと背中の後ろからAさんはゴソゴソとワインを取り出しました。

A「じゃーん!俺、明日は休みだし、たまには飲もっかなと思ってね」

私「いいんですかぁ~?バレたら大変ですよぉ」

2人分のグラスにワインを注ぐAさん。

A「これで共犯、内緒だからね~」

私「ん~・・・どうしよっかなぁ~、よし!じゃぁ私も乗っかりますよぉ」

A「商談成立~。じゃ、改めてかんぱ~い!」

私「フフフッ、なんかもう酔ってるみたいですね~。乾杯です」

こんな感じで、2人して小さな食事会が始まりました。
半分くらいボトルを空けて食事も終えました。

A「そだ、◯◯ちゃん、彼氏とかいたんだっけ?」

私「いないですよぉ、いたとしてもバイトと勉強でたぶんかまってあげられないですねぇ」

A「そっかぁ、◯◯ちゃんよくお客さんに声かけられたりしてるからモテると思うよ」

私「よく見てるんですね、そんなの。今日なんかメルアド渡されましたけど、処理に困ってます」

A「処理に困るって・・・捨てちゃえばいいじゃんそんなの。律儀だねぇ◯◯ちゃんは」

私「ん~簡単に捨てられればいいんですけどね、なんか申し訳なくって」

A「まぁ、下手にメール返してトラブっても怖いからね。今度またお店に来たらそっと返せばいいと思うよ」

私「そですね、そうしときます」

A「でも彼氏いないんじゃエッチとかもご無沙汰だ?」

私「・・・ん~、ですね・・・ってそれセクハラですよ!もぅ!!あんまりにもサラッと言うからぁ!!」

見事に誘導尋問に引っかかってしまう私、お酒が入っていたからかなぁ。

A「ぅわ~、顔真っ赤にして可愛い。それにそろそろオネムかな?目がトロンとしてきたよ~」

私「もぅ、からかわないでください!!」

A「食器とか片付けてくるね、◯◯ちゃんは机拭いたりとかお願いね。ばれないように!」

私「はいッ!りょうか~い」

後片付けをして、しばらくしてもAさんは帰ってこなかったので私は着替えることに。
休憩室の中に小さいカーテンが引いてあって、そこを着替え室に使っていました。
着替えをしてる途中に物音がしたのでなんだろうと思ったので・・・。

私「Aさん?いるんですか~」

なんの返事もなかったのでカーテンを開けると、そこには下着一枚のAさんが・・・。
慌ててカーテンを戻して・・・。

私「ご、ごめんなさいっ」

A「あ~、こっちこそごめんねぇ、どうせなら一緒に着替えちゃえって思ってね~」

この時点でかなりドキドキしていました。
テレビとかでは男の人の裸を見てもそうそうドキドキしないんですけど、ちょっとお酒が入ってて、しかも至近距離でほぼ裸の男の人と同じ部屋にいるって思ったら・・・。

A「・・・でも、えらいとこ見られちゃったなぁ~。こうなったらお返しに◯◯ちゃんの下着姿も見せてもらわないと、な~んてね。さっ、着替えて帰ろっかぁ」

ここで私も素直に着替えればよかったのですが、お酒が入って、正直かなりエッチな気分になっていました。

私「ん~、食事もご馳走になったし、Aさんと同じ格好くらいまでならいいですよぉ」

A「えっ?いいの?冗談のつもりで言ったんだけどね、まぁいいやいいや、んと、んじゃぁそこから出てきてくれるかな?」

そ~っとカーテンを開け、休憩室の方に出て行く私。

A「なぁんだぁ、下着姿で出てきてくれるんじゃないのかぁ・・・」

私「当たり前です、だいぶ恥ずかしいんですからね、こっちは」

A「ってことは今からそのワンピースを脱いでくれるってことか~」

私「あんまし期待しないように!キッチンの◯◯さんみたいにナイスバディじゃないですからぁ」

そう言ってゆっくりワンピを捲ろうとしたらAさんが近づいてきて・・・。

A「俺に捲らせて!!こういうの憧れてたんだよね~」

私「あんましいい趣味してるとは言えませんよぉ・・・、ん~でもいいですよぉ・・・どうぞ・・・」

私の目の前に来て、ゆっくりとスカートを捲り上げ始めるAさん。

A「うわぁ・・・いつも遠目からだったけど、やっぱり・・・」

私「何がやっぱりなんですか??」

A「足細いし、色白で・・・すっげ~色っぽいね。触っても・・・」

私「ダメです」

本当は、まぁいいかなと思っちゃっていましたけど、なんか・・・。

A「そだよね。失礼」

しゃがんだ姿勢から裾を持ったまま立ち上がるAさん。
ここで私はあることに気づいたんです。
いつも帰る時は、家に入ってすぐお風呂に行くためブラを外して帰宅する習慣になっていて・・・。
酔っていたのも手伝って、いつものようにブラを外したままだったことに、このタイミングで気が付きました。
急に顔が真っ赤になる私。

A「ん?やっぱ恥ずかしいんだぁ・・・でもそういう顔も普段見ないからすっげ~興奮するなぁ」

私「やっぱりここまでにしません?」

すでにお腹のあたりまで捲られてて、もうあと何センチかで胸が見えるとこでした。

A「いやいや、ムリムリ・・・ダメだよ約束だもん~」

そう言うとAさんは一気にワンピを首元まで捲り上げました。

A「あ・・・」

ポカーンとしながらも目の前には裸の私。
Aさんの目線が私の胸元に来ているのがはっきりと分かりました。
そのままワンピを脱がされ、結局、下着にニーソックスっていうなんとも恥ずかしい格好に・・・。

A「すげ・・・」

私「何がすごいんですかぁ・・・この小さい胸のことですか・・・?」

A「いや・・・◯◯ちゃん、すごくキレイだよ・・・」

そう言うと胸を隠してる私の手をゆっくり払って、全身を上から下までゆ~っくり見られちゃいました。
この時点で私はほぼ完全にエッチモードになってました。

私「っていうか、なんでAさん下着のままなんですかぁ?それに・・・」

ボクサータイプのパンツを穿いていたのですが、明らかに形の変わったあそこがくっきりと盛り上がってて・・・。

私「私の身体でも興奮するんですねぇ、ちょっと嬉しいかも」

A「いや、興奮どころじゃぁないよ◯◯ちゃん・・・もうさ、痛いくらいなんだよね。◯◯ちゃんの裸でここまで大きくなったんだよ、自分で弄ったりもしないでここまで勃起したのなんてちょ~久しぶりなんだけど・・・。今度は俺の番だね~」

私「ん?なんの順番ですか?」

A「◯◯ちゃんが裸になったんだもん、今度は俺も見てもらおうと思って」

私「もう、そんなときだけサービス精神旺盛なんだから~。お客さんにそういうサー・・・」

私が話しかけようとするのと同時くらいにAさんが私の手を引っ張って、自分の下着の位置に・・・。

A「ゆっくりね・・・大きくなった俺のちんこ見てよ・・・」

目の前には大きく膨らんだ下着と男性特有の匂い・・・。
もう私は抵抗することもなく、Aさんの前に膝をついてゆっくり下着を下ろし始めました。
ゆっくりだけど、私も好奇心から早く見たい気持ちがあって・・・。
それに・・・下着がAさんのアレに引っ掛かってしまいました。

私「なんか痛そう・・・」

A「ぅん、ちょっとね・・・早く外に出して楽にしてあげてよ・・・」

私「なんかそういう言い方、自分のものじゃない感じの言い方ですね」

A「ん~、そうだね、たまに自分じゃなくって別の人格があるんじゃないかって思う時があるくらいだから」

床まで下着を下ろして脱がせてあげた後、ゆっくりとAさんの方を見上げると、私が見たそれの中で一番大きいんじゃないかってくらいのモノがそこにはありました。

私「あっ・・・スゴぃ・・・で・・・す」

A「えっ?そんなに?」

私「こんなに大きいのもあるんですね、男の人の・・・って」

A「みんなそうだよ・・・。それにちょっとショック、◯◯ちゃん他のちんこと比べてるし・・・」

恥ずかしくなって私は下を向いていました。

私「そりゃぁ・・・私だって何人かのは見てきましたよぉ」

A「よく考えればそりゃそうだよね・・・でも俺のを見てかなりビックリしてたみたいだけど」

私「明るいところで見たってのもあるけど、こんなに大きいとは思わなかったですし」

そうこうしているうちにゆっくりと長椅子に座って私の手を引くAさん。
私の目の前には・・・、今にもはち切れんばかりにビクン、ビクンって脈打っているアレがありました。
そしてAさんは急に小声になって私の耳元で・・・。

A「・・・そのぉ・・・何人かのおちんちんを見てきた◯◯ちゃんにお願いなんだけど・・・。こういう状態のとき、男がどうして欲しいかって・・・分かるよね?」

もう後には引けないかなって思っていたので、しょうがないなぁ・・・って感じでAさんにニコッって微笑みかけて・・・。

私「あんまし上手じゃないですけど・・・いいですよ・・・気持ちよくなってくださいね・・・」

そう言ってゆっくりアレに手を添えていきました。
手でAさんのモノを上下にしごきながら改めてその大きさにびっくりしました。

私「・・・すごぃ・・・ビクンビクン動いてますよぉ。気持ち良いんですか?」

A「ぅん・・・気持ちいいよ◯◯ちゃん・・・それに◯◯ちゃんが俺のちんこしごいてるんだもん。しかも普段見れない様なエロい顔でね」

私「気持ちよくなってるんですねぇ・・・なら良かったです・・・っていうかAさんの顔もかなりいつもとは違いますよぉ」

長椅子の背もたれに深く腰を下ろして脚を拡げたAさん。
私は左手を太ももに、右手でAさんのモノを握っていました。
しばらくするとゆっくり起き上がって少し前屈みになってきました。
始めた頃より少し息が荒くなっているのがより分かるようになって、気持ちよくなってくれてるんだな~って。

私「Aさん、・・・その・・・気持ちよくなったら我慢しないでくださいね」

A「う・・・うん・・・ありがと、んじゃぁ・・・」

私「!!!」

Aさんが意味を取り違えたのか、欲望のままの行動なのかはわからないけど、両手が私の胸へと伸びてきたんです。

私「んッ・・・触っていいなんて言ってま・・・せんよぉ」

それでも胸から手を離さないAさん。

A「ほら・・・『我慢しないで』って言ってくれたしさぁ。それに・・・◯◯ちゃんの乳首も・・・こんなになってるし」

私「んッッ・・・そういう風に状況報告はしないでください・・・。・・・でも、触っててもいいですよ」

自分でもエッチな女だなぁって思っちゃいました。
でもそのときはAさんが気持ちよくなってくれるんならいいかって思っていました。
それにAさんの弄り方がすごく気持ちよくって、乳首に触れるか触れないか・・・って思うと急にギュッってされたりな感じで。
しばらくして私の手があまり動かなくなってきて・・・。

A「◯◯ちゃん、気持ちよくなっちゃったんじゃない?さっきから手が止まってるよ・・・」

私「ん・・・ご、ごめんなさいッ・・・そ、その・・・」

A「どしたの?言ってみてよぉ」

いたずらっぽく私に質問してきました。

私「もぅ・・・いじわるですね!気持ちよくなっちゃったに決まってるじゃぁない・・・ですかぁ」

下を向いて小声で言いました。

A「そっか・・・なんだか嬉しいなぁ。でも、もう手だけじゃ・・・収まらないんですけどぉ・・・」

そう言うとAさんはゆっくり自分のモノを私の顔に近づけてきました。
私も、もう自分から『舐めてもですか?』って言いそうになっていました。
でも、Aさんのリードが上手かったので何も言わずに頷いて、「はい・・・いいですよぉ」って。
両手でAさんのアレを持って真ん中くらいから舌で舐めはじめると、男の人がイク時のちんちんの動きが始まっていきました。

私「すご・・・いですねAさんの・・・さっきよりも大きくなってる」

A「んんっ・・・そう・・・なんだ。気持ちいいよ・・・ちんこが◯◯ちゃんの涎でいっぱいになってるし・・・」

フェラ好きな元彼に教えてもらったように、根元を手でしごきながら、わざと音が出るように咥えてあげました。
するとAさんの私の胸に対する攻撃も激しくなってきました。

私「んあッ・・・Aさ・・・ん、そんなにしないでください」

A「お互い気持ちよくなっていくんだよぉ・・・それに◯◯ちゃんのもっとエッチな顔も見たいしね」

しばらくするとAさんは自分でも腰を動かして、それに私の頭を軽く押さえるようにしていきました。

A「◯◯ちゃん・・・もう出そ・・・う」

私「ん・・・そうなんですかぁ・・・我慢しないでイッてくだ・・・さい・・・」

そろそろ出そうなのが分かって、近くにあるティッシュに手を伸ばしました。
でもAさんの手がそれを遮って取らせてくれません。

A「◯◯ちゃ・・・ん、口で受け止めて」

私「ん・・・んんっ~!!」

彼氏以外の人に、そういうことをしたことがなかったのでちょっと戸惑いましたが、フェラをしながら私は頷いていました。
するとAさんのアレが一番膨らんで、それとともにAさんの私の頭を押さえる力が強くなりました。

A「イ・・・イクッ・・・」

一気に口の中にいっぱい精子が飛んで来ました。
ビクッ、ビクッと4回ほど射精を繰り返して、Aさんの体から力が抜けるのが分かりました・・・。
久しぶりのフェラだったことと、口の中の精液が予想以上に多かったことに頭がボーっとして、Aさんのアレにかかる様に口の中の精液をこぼしていました。

私「あっ・・・ごめんなさい・・・出しちゃっ・・・た」

A「いいよいいよ別に、◯◯ちゃんの口から俺の精子が出るとこ・・・すげぇエロかったし。それに、これからお口でキレイにしてくれるんだろ?」

冗談っぽく言うAさん。
ボーっとしながらも私はまだ口の中に残ってる精子をティッシュに包んでから、言われた通りに舐めていきました。

A「こういう時に性格って出るねぇ・・・そんなに一生懸命に舐めなくてもいいよ。◯◯ちゃんって尽くすタイプなんだね、それにちょっとMっぽいとこもすげぇ興奮したし」

そのあとはAさんに促がされる様に長椅子に並んで、座って腕枕みたいな感じで抱き締められていました。

とまぁ、こんな感じで出来事は進んで行きました。
この後は・・・最後までしてしまったんですけど。