駆け引きいらずの欲求不満OL

この体験談は約 5 分で読めます。

出会い系って、これがあるからやめられないよねっていうのがありますよね。
35歳のごく普通のリーマンの僕ですが、リアルな人間関係で出会いがないので、必然的に出会い系でセフレを探しています。
出会い系と言っても、実際に会うまで、会ってからホテルに誘うまでも、一応お互い警戒心を解いたり駆け引きがあるわけで、最初は下ネタを封印したり真面目なふりをしたりと色々するものです。

しかしノゾミとの関係は、そんな段取りなんて全部吹っ飛ばした感じでした。
ノゾミは28歳のアパレル系のOLで、見た目は黒髪のスレンダー系。
服装も初日は仕事帰りということもあって、ピンクのカーディガンにグレーの膝下丈のスカートでした。
いつも通り、初めは探り探りかなと思いつつ新宿のワインバーで食事をしていたのですが、もう最初からあけっぴろげでびっくりしました。

「◯◯さんってクンニは上手ですか?」

「私、フェラが好きなんですよ。男の人を支配してるって感じで」

「ホテルはどこに行きますか?新宿ならいいところ知ってますよ」

といった具合で、もうこの後やりまくる前提の会話。
多少は出会い系に慣れている僕ですら、隣のテーブルに会話が聞こえてしまうんじゃないかとハラハラしました。
注文したお摘みを大急ぎでワインで流し込んで、ノゾミおすすめのホテルになだれ込みました。
1時間も経っていなかったと思います。
移動中もノゾミの方から、僕のシャツの上から乳首を撫でて来たり、ノゾミの腰のくびれに手を回すように誘導してきたりといった具合でした。

ホテルの部屋に入ると、予想通りの展開が待っていました。
玄関ではノゾミの方からディープキスをしながら抱きついてきました。
すでにノゾミの吐息は荒くなっていて、絡める舌はすぐにねちょねちょと音を奏ではじめました。

イージーな展開でしたが、僕だって望むところです。
ノゾミのカーディガンに手を入れてブラウスの上からおっぱいを揉んでいると、ノゾミは自らブラウスの前のボタンを手際よく開けて、さらにブラのホックも外して、直接触れる状態にしてきました。
僕もノゾミのペースに合わせて、玄関の時点で完全にコリコリに硬くなった乳首を摘んで、いやらしくビクンビクンする反応を楽しみました。
Cカップくらいのおわん型の綺麗なおっぱいを片手の指で摘みつつ、舌で転がすように舐め回しながら、だんだんとノゾミを押していき、ベッドに腰かけさせました。
僕がノゾミのおっぱいをしゃぶっていると・・・。

「あたし、しばらく男の人とエッチしてなくて、早くしたくてしたくて・・・。フェラしていい?フェラするよ!」

僕の返事も聞かずに、ベルトを外してスーツのズボンを脱がしてきました。
僕のペニスはガチガチに硬くなって、自信満々の大きさに成長していました。
ノゾミは躊躇なく僕のペニスをパックンと咥え込み、フェラをはじめました。
ノゾミの口の中は熱い吐息で生温かくなっていて、ノゾミの細長い舌先が勃起して段差の付いた僕の亀頭にまとわりつくようになりました。
ファーストタッチで、ノゾミのフェラは相当な熟練度だと思いました。
油断してるとノゾミのフェラで簡単に発射してしまうと思いました。
それだと挿入時の楽しみが減るので、僕はノゾミのフェラになるべく意識を集中しないようにしながら、夢中でフェラしているノゾミの髪の毛を撫で回しました。
おっぱい丸出しのノゾミはフェラを続けながら上目遣いで、「どう?」と何度も聞いてきました。
僕は「うん、うん」と頷くのが精一杯でした。

しばらく四つん這いになって僕にフェラしているノゾミを見下ろした後、僕がノゾミにクンニをしてあげる番だと思いました。
まだ手付かずだったグレーの落ち着いた膝下丈のスカートの中に手を突っ込み、ノゾミのパンティのサラサラした感触を感じました。
そのままパンティのサイド部分から指先を滑り込ませると、予想通りと言えば予想通り、予想以上と言えば予想以上の濡れっぷりのびしょびしょのおまんこを察知しました。
フェラの動きは止まり、僕はノゾミを横向きに押し倒し、捲れ上がったスカートの中からパンティをひん剥くようにして脱がしました。
ノゾミが自分から脚を開くと、黒々とした陰毛に包まれたいやらしい褐色に色づいたおまんこが顔を出しました。
しばらくノゾミのおまんこを鑑賞して、じっとりと濡れた様子とスカート内に充満していた湿気を感じていると、ノゾミは我慢できずに自分から僕にクンニをおねだりしはじめました。

「早くおまんこ舐めて・・・」

初めは焦らすように、舌の先端が当たるか当たらないかくらいの焦れったさを与えながらチロチロとクンニしました。
ノゾミは激しく反応しました。

「イヤアアアア!やばい!」

僕はノゾミの要求を満足させるため、クンニに集中しました。
両側から陰唇を指で押し広げながら、舌の先端の当たる位置を意識して、丁寧に丁寧にクンニをしました。

「クリトリスを舐めて。私、クリトリスを思いっきり舐めてもらうのが好きなの」

ノゾミは自分の指でクリトリスの周りの包皮を捲り、股間を突き出してきました。
言われた通り、ノゾミのクリトリスを丁寧に舐めてあげました。
ノゾミの反応は、僕がそれまでに経験した反応とは段違いでした。

「あ、あ、あああああ、あああ、あ・・・」

白目を剥き、壊れたロボットのように身体をガタガタ震わせながら、ノゾミはクンニの快感に夢中になっていました。
クンニをしながら僕はノゾミが気絶するんじゃないかと思いました。
クンニをはじめて3分くらいでノゾミはイキはじめ、そのまま続けていると境目がないくらい連続でイキ続けました。
ノゾミはシーツや僕の髪の毛など、色んな場所に爪を立てて掴みながら、「ああ、ああ、ああ、あ!あ!」と何度もイキ続けました。

「早く挿れて・・・」

ノゾミは泣きじゃくり、メイクをぐしゃぐしゃにしながら懇願してきました。

コンドームを装着し、最初はバックでノゾミに挿入しました。
ノゾミは大きな枕を顔の前に抱え、お尻を天井に突き出すような体勢で僕の挿入を受け入れました。
僕のペニスも激しい前戯でガチガチに反り返っていました。
ノゾミのおまんこにバックで挿入すると、亀頭がおまんこの背中側をぐりぐりと擦る状態になりました。

「ああうう!あす!あう!!」

ノゾミは激しく泣きじゃくるような声を出しました。
激しくピストンすればするほど、ノゾミのおまんこは僕のペニスにまとわりついてくるように締め付けてきました。
正常位ではノゾミの奥の奥まで突き通すようにピストン運動を続けました。

「いい!いい!いい!きもちいい~~~!あ、あ、あ、あ!!!」

一番奥まで突かれながらノゾミは叫び、僕の背中に容赦なく爪を立ててきました。
そのまま正常位で突きまくって僕はピストンを止めました。
僕のペニスがドクドクと体内で脈打つのをノゾミも感じ取っていたようでした。
最後は2人密着した状態でフィニッシュしました。

最初のエッチがそんな風に最高だったので、お互いの身体の相性を気に入り、僕とノゾミはお互いのことをほとんど知らないまま、セフレとして見事にパートナーになりました。

タイトルとURLをコピーしました