社員旅行の混浴温泉で新人OLとエッチな展開に

この体験談は約 3 分で読めます。

去年会社で温泉に行ったんだが、なぜか露天風呂の男女の仕切りがなかった?

(社員旅行で混浴か!?なんて大胆な!?)

実は、何度も上陸した台風で仕切りが壊れてしまったらしい。
当然女の子たちは露天風呂には来なかったが・・・。
宴会が終わり、2時ぐらいまで1人の新入女子社員と飲んでいた。
(男3人、女1人)

女「露天風呂、楽しみにしてたのに~」

俺「今なら人いないんじゃない?」

男1「外で見張っててあげるから、さっと入ってくれば?」

男2「すぐそばが海できれいだったよ」

女「え~、じゃあ入っちゃおうかな」

なんとか酔った勢いで露天風呂に連れ出すことに成功。

露天風呂前にて。

俺「大丈夫。誰もいなかったよ」

女「ちゃんと見張っててね」

俺「OK!」

女は露天風呂へ。

俺「よし!行ったぞ」

俺たちは隣のゲーセンの小窓から温泉が覗けることを知っていた。
以前はここにも目隠しがあったのだろうが、台風のせいなのか『開放禁止』の張り紙しかない。
俺たちはそっと窓を開けてみた。

男1「お!入ってるよ」

男2「声デカいよ!俺にも見せろよ」

しかし夜のため、(人がいるのか?)程度にしか見れない。

男1「なんだ、全然見れないじゃん」

男2「どうする?」

俺「俺たちも入るか?」

男1「それはまずいぞ。どうする?」

男2「俺に聞かれても。どうする?」

俺「誰か先に行けよ・・・」

・・・。

俺「行くか!」

男1&2「お前が行くなら、行くか!」

いざ温泉の中へ。
ドアの前まで行き・・・。

俺「Aちゃん、湯加減どう?」

女「いいよ~」

俺「酔ってない?」

女「大丈夫だよ~」

俺「入っていい?」

女「えっ!だめだよ~」

男1「そんなに怒ってないよな?」

男2「いいんじゃない?」

俺「じゃあ、入るよ~」

女「!?えっ!まじで!?ちょっと入ってこないでよ~」

俺「大丈夫、絶対見ないから」

女「絶対見ないって、なんか(ちんちん)出てるし」

俺「大丈夫、大丈夫」

何が大丈夫なんだか、それでも女は温泉に入って一気に酔いが回ったのか上機嫌だった。
最初は普通に、「温泉、気持ちいいね~」なんて会話していたのだが・・・。
5分ぐらいして目が慣れてくると、さすがにエロいシチュエーションにみんなの目が血走ってきた。
俺たちは火照った体を冷ますため、岩場に腰掛けて話し出したが、女は湯船に浸かったままだ。
小さなハンドタオルしかないため湯船から出れないのだろう。

(持久戦になれば勝てる!)

俺たちは思った。
案の定、女はのぼせてきたのか、口数が減りだしてきた。

女「ねえ、もうそろそろ出ないの?」

俺「まだいいよ」

女「もう出たいんだけど?」

俺「もうちょっといようよ」

女「もう限界」

俺「じゃあここ座りなよ」

俺は岩場を指差した。
女は、しょうがないな~という感じで観念して岩場に座った。

女「あ~気持ちいい~」

女はイケイケってわけでもないが、ごく普通に男性経験も恋愛も済ましてきている女の子だ。
ある程度はこういうシチュエーションになることは観念していたのだろう。
濡れたタオルがぴったりと体に張り付いていた。
女の『もう諦めた』という雰囲気は、俺たちにも伝わっていた。

俺たちは女の機嫌を損なわないように、「Aちゃんっておっぱい大きいね~」と、少しずつ優しく触っていった。
女も「んんっ~」と、微かに抵抗しつつ、次第に受け入れていった。

で、その後は代わる代わる3人でやっちゃいました。
女も、いざその気になるとしっかり楽しんでました。
なので、(これからもセフレとして付き合ってくれるのかな?)と思いきや、次の日からは何事もなかったかのように、今まで通りの付き合いです。

しばらくして会社で2人きりになった時に軽く体を触って様子を見てみましたが、軽くあしらわれました。
若い子の考えることはよく分かりません?