ドMな姉をバイブでイカせるドSな私

この体験談は約 2 分で読めます。

私は21歳で25歳の姉がいます。
姉は1年くらい前から隣町で一人暮らしをしてます。
よく遊びに行くんですが、ある日、遊びに行った時のこと・・・。

何気なくベッドに腰掛け、姉がコーヒーを入れてくれるのを待っていると、ベッドのマットの下からピンク色のコードが見えてました。
(何かな?)って軽い興味でコードを引っ張ると、小さなバイブでした。
一瞬固まりました。
私と違って凄く真面目な姉で、一緒にお風呂入っても軽く身体を隠す様な恥ずかしがり屋でしたから。

驚いているとコーヒーを入れて姉が戻ってきました。
私がニヤけながら、「お姉ちゃんもこんなの使うんだ~」ってふざけてると、姉は顔を赤らめて動揺してます。
問い詰めてもはっきり言わないので、私、Sのスイッチが入ってしまったのです。

私「何に使ってるの~?」

ON・OFFを繰り返しながら姉の顔の前に近づけます。
卑猥な動き、やらしい音・・・。
私だって濡れてきます。

姉「嫌っ・・・」

姉が吐息混じりに抵抗します。
バイブを姉の顔に擦りつけながら、ちょっとキツめに「何に使ってるのっ?」と問いただすと、恥ずかしそうに白状しました。

姉「数ヶ月前まで付き合ってた彼の趣味が変わってて・・・、目隠しされたり、縛られたり。それが嫌で別れたんだけど・・・」

私「へ~、忘れられなくて使ってるんだ~。一人でも縛ってるの?」

姉「それは無理・・・」

私「じゃあ、私が縛ってあげよっか?」

タンスの中からパンストを勝手に出して、嫌がる姉の両手を後ろで縛りました。
でもたいした抵抗もしなかったので、「ホントはイジメられたいんじゃないの?欲求不満なんだね」なんて言葉責めすると・・・。

姉「だって~、新しい彼が出来ないし」

私「じゃあ願いを叶えてあげるね。バイブを咥えてっ!いっぱい唾つけて」

私は命令しました。
やらしいバイブが姉の唇を割って口の中に入っていきます。
一生懸命舌を使う、いつものイメージと違う姉に苛立ちを感じながら、喉の奥までバイブを押し込みます。
苦しみながら喘いでいる姉を見下しながら、姉はマゾなんだって確信しました。

私はドSな元カレに自分がされてた事を思い出しながら姉をイジメました。
ベッドの横に立たせてバイブを抜き挿しします。

腰をくねらせ喘ぐ姉を、「お姉ちゃんってホントはやらしいんだね」って辱めます。

お尻を平手打ちします。
隣の部屋にも聞こえそうな大きな声を出すので、脱がしたパンツを姉の口に押し込みます。
クリも一緒に弄ってあげると、姉は立っていることも出来なくなり、床に崩れ落ちるようにイッてしまいました。

それからは、お尻を叩いても、乳首をつねっても、簡単に姉はイクようになりました。
私より変態の姉をたまにイジメに行く私です。