義父の介護を経験して思ったこと

この体験談は約 2 分で読めます。

義父と私達夫婦の3人暮らしです。

と言っても夫は会社人間で、家に帰るのは夜遅く帰って朝また会社。
休みの日はプライベートに接待と、ゴルフ三昧の生活です。

義父は病気で半病人なので介護が必要です。
というか、介助がないと一人では出来ません。
義父は大柄(身長176cm)もあり、身体を起こしたり寝かせたりが肉体労働です。
毎日はお風呂に入りませんが、一日置きで服を脱がせて、お風呂に入れて、洗ってあげて、また寝着を着せて・・・と、これから暑くなると汗をかくので大変です。

それに義父にとっても、やはり介護(介助)は本当は同性にやってもらいたのだと思います。
私だって選ぶことが出来るのなら、やはり女性のほうがいいです。

そう思うとヘルパーさんも介助を必要としている人も大変だと思います。
でも介助を受ける人はなかなか自分で選ぶことは難しいことですものね。
やはり恥ずかしいですもの。

背中を拭布してあげるくらいならいいんですけど、下半身まで洗ってあげるのはこの歳になっても本人も恥ずかしいことだと思います。
夫の身体でさえ、洗ってあげることなどありません。
もちろん健康体ですが、まして男性のあそこを持って洗うなんて・・・。

でも、義父の手前、目を閉じて洗うなんてことは失礼だと思うし。
女性で介助をされている方は本当にご苦労さまだと改めて思います。